GemForexで仮想通貨取引は可能?ビットコインは使える?

GemForexと仮想通貨 アイキャッチ画像

2017年に価格急騰して一気に認知度が上がった仮想通貨。

中心的な存在はビットコインですが、ほかのも数多くの仮想通貨が誕生しています。

そんな仮想通貨たちを海外FX業者「GemForex(ゲムフォレックス)」で入金や取引に使えるのか?について解説していきます。

\オールインワン口座開設でボーナスあり!/
\ここから登録で1万円もらえます/

GemForex公式はこちら

GemForexの口座開設方法&口座の選び方

GemForexで仮想通貨(ビットコイン)取引はできる?

結論から言うと、GemForexでも一応使えます。

ただし取引(トレード)はできません。

入金手段の1つとして使えるだけです。

GemForexは仮想通貨取引できません

GemForexでは仮想通貨の取引はできません。

ビットコインはもちろん、イーサリアムなどのアルトコイン取引にも対応していません。

GemForexで取引できるのは

  • FX(主要国の通貨ペア/ゴールド/シルバー)
  • CFD(株式指数、商品先物、エネルギー関連)

のみです。

GemForexでFX可能な通貨ペアについて

  • USD(アメリカドル)
  • JPY(日本円)
  • EUR(ヨーロッパのユーロ)
  • GBP(イギリスポンド)
  • CHF(スイスフラン)
  • CAD(カナダドル)
  • AUD(オーストラリアドル)
  • NZD(ニュージーランドドル)
  • ZAR(南アフリカランド)
  • CNH(中国人民元)
  • SGD(シンガポールドル)
  • TRY(トルコリラ)
  • MXN(メキシコペソ)

といった世界経済の主流な法定通貨の組み合わせで取引可能です。

またこれら法定通貨のほかゴールド(XAU)とシルバー(XAG)もUSDとのペアで取引できます。

GemForexのCFD(株式指数)について

GemForexのCFD株式指数

  • 日経225
    ・・・東京証券取引所の日経平均株価(日経225)という株式指数
  • CAC40(FRA40)
    ・・・ユーロネクストパリに上場している代表的な40銘柄で構成された株式指数
  • DAX(GER30)
    ・・・ ドイツのフランクフルト証券取引所の上場銘柄で優良30銘柄で構成された株式指数
  • FTSE 100 (UK100)
    ・・・イギリスのロンドン証券取引所の時価総額トップ100銘柄で構成されている株式指数
  • NASDAQ (US100)
    ・・・ニューヨークのNASDAQ証券取引所の優良107銘柄で構成されている株式指数
  • US30 (DJ30)
    ・・・ダウ・ジョーンズが選んだ銘柄の平均株式指数
  • US500 (S&P500)
    ・・・アメリカのスタンダード&プアーズ社が選んだ500銘柄の株式指数
  • ASX200 (AUS200)
    ・・・ オーストラリア市場の時価総額上位200位で構成された株式指数
  • Euro50 (EUSTX50)
    ・・・ユーロ圏内11カ国の株式市場から選ばれた50銘柄の株式指数
  • Hang Seng50 (HK50)
    ・・・香港証券取引所で時価総額が高い50企業が選出された株式指数

GemForexのCFD(エネルギー指数)について

GemForexのCFDエネルギー指数

  • BRENT
    ・・・イギリスのブレント油田から採掘される軽質油
  • WTI Light Sweet (WTIUSD)
    ・・・アメリカで採掘されている複数の原油をブレンドした軽質のスウィートオイル取引

なお他のFX業者では仮想通貨を取引できるところもあります。

ですがサービス停止するところもでてますね。

FXの為替トレードのように安定性がなく扱いが難しいようです。

将来仮想通貨がもっと一般的になり価格の変動が安定すればGemForexでも扱ってくれるかもしれませんね。

 

以上、GemForexでは仮想通貨の入金は可能ですがトレードには対応していません。

ただほかの海外FX業者では扱っているところもいくつかあります。

仮想通貨(ビットコイン)で取引できる海外FX業者

  • XMトレーディング(←New!)
  • iForex
  • FXGT
  • HotForex
  • BigBoss
  • TradeView
    など

以上のような海外FX業者で仮想通貨を取引できます。

ただしレバレッジは10~20倍くらいで通常のFXトレードのようなハイレバレッジに対応していない業者が多いです。

この中でFXGTだけはレバレッジ1000倍です。

またTradeViewも500倍となっています。

これら業者なら少ない資金で大きな規模の仮想通貨取引が可能なので高いレバレッジを求める人にはいいですね。

なお当サイトでおすすめはレバレッジ250倍でトレードできるXM(エックスエム)です。

仮想通貨トレードするならこちらがおすすめ
海外FX「XM」の仮想通貨・ビットコイン取引方法を解説

仮想通貨FXのメリット

  • 高いレバレッジがかけられる
  • いつでも取引できる
  • ボラリティが高い

高いレバレッジがかけられる

通常仮想通貨の売買するのは仮想通貨取引所です。

日本ならビットフライヤーやザイフ、コインチェックなどですね。

ただし基本的に市場価格そのままで売買するためレバレッジを賭けたトレードはなく1倍です。

ビットコインを100万円分買うには100万円必要となります。

対して海外にある取引所ならレバレッジ制度を取り入れているところも見かけます。

ただしその倍率はそれほど高くできません。

ですが海外FX業者なら高いレバレッジをかけて売買可能です。

レバレッジ10倍なら100万円分のビットコインを10万円の証拠金で購入可能ですし、レバレッジ100倍ならわずか10000円です。

将来の値上がりを狙うキャピタルゲイン目的で寝かせておくつもりなら低いレバレッジにしておいた方が安全ですが、トレード収益を狙うなら仮想通貨でもハイレバレッジ対応の海外FX業者がおすすめです。

いつでも取引できる

世界の主要国の法定通貨を取引するFXでは平日のみしか市場が開いていません。

でも仮想通貨FXなら365日24時間取引できます。

あまりトレード時間が取れない人は週末に集中的に副業として取り組むことも可能です。

またFXでは時間帯によってトレードを避けたほうがいい危険時間もあります。

仮想通貨も多少は影響を受けますがFXほどではないでしょう。

このようにFXより時間を選ばずトレードできる環境なので忙しいサラリーマン投資家などにとってはありがたいですね。

ボラリティが高い

ビットコインをはじめ仮想通貨は値動きがほかの投資より激しい傾向です。

1日で10%変動することもあります。

為替を扱うFXでもフラッシュクラッシュと言う特殊な事例でそれくらい動くこともありますが、数年に一度ある程度の話。

仮に1ドル100円だとしたら、そこから上下3~5円分(300~500pips)動いたらかなりすごいレベル。

でも短期間でそこまで動くことは戦争が起こるクラスのファンダメンタル要素がなければないでしょう。
(最近はちょっときな臭くなってきてますが)

多少ギャンブルチックになりますが、高いボラリティを活かして稼ぐことも十分できるでしょう。

治メリットがあればデメリットもあります。

デメリットについても知っておきましょう。

仮想通貨FXのデメリット

  • 市場が不安定
  • アルトコインはあまり扱っていない

市場が不安定

メリットの欄でボラリティが高く稼ぎやすい点について触れました。

ですが逆にデメリットとも言えます。

株式市場やFXで扱う為替市場なら決算発表や経済指標発表などわかりやすいイベントで変動することは予測できますが、仮想通貨市場はまだまだそういったわかりやすい事象は少な目。

また大口投資家である証券会社など以前よりは投資案件として手を出すようになっているものの株などに比べるとまだまだです。

よって価格が動きやすく思わぬ損失をくらってしまう可能性もあります。

高いレバレッジでトレードできるからとギャンブルのような売買をすると一気に溶けることもあるので慎重にトレードしたいですね。

アルトコインはあまり扱っていない

仮想通貨の親玉的な存在はビットコイン(BTC)です。

ビットコインを除くコインであるアルトコイン勢もいまでは1000種類以上確認できますが、そのほとんどはトレードできません。

取引高ランキングでも上位に入るイーサリアム(ETH)やライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)といったメジャーなものに限られます。

ICO系のまだ市場に出ていないようなコインは対象外ですしあくまでその海外FX業者が扱っている仮想通貨のみとなります。

GemForexの仮想通貨での入金方法

GemForexで入金に使える仮想通貨

GemForex口座への入金OKの仮想通貨

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
    ↓※新しく追加されました!
  • テザー(USDT)
  • BAT(BAT)
  • OMG(OMG Network)
  • DAI(Dai Stablecoin)
  • USDC(USD Coin)
  • WBTC(Wrapped BTC)

これらのコインは入金に使えます。

数ある仮想通貨のなかでも取引量で上位2種のビットコインとイーサリアムに対応する海外業者はけっこうあります。

が、GemForexではそれ以外のコインも対応しました。

割とニッチなものも使えるのは強みですね。

それらコインの保有者にとって業者選びに1つのポイントになるでしょう。

仮想通貨の入金ルール(GemForex公式記載のもの)

ビットコインイーサリアム
最低入金額0.01BTC0.1ETH
入金限度額無制限無制限
手数料無料無料
反映時間即時即時

この手数料はGemForex側のもの。

送金元の仮想通貨取引所によっては手数料が発生することもあるので注意してください。

また反映時間は「即時」とありますが、ビットコインの送金処理は10分に一度実施されます。

タイミングが悪いとまるまる10分かかりますし、世界中のビットコイン送金処理が大量にあると最初の10分に一度の処理で処理されないこともあります。

余裕をもって1時間くらいを見ておきましょう。

イーサリアムはかなり速く平均5分くらいと言われています。

どちらも持っているならイーサリアムの方がスムーズに入金できますね。

仮想通貨でGemForex口座へ入金する方法

GemForexへの仮想通貨入金方法

  1. GemForexへアクセス&ログイン
  2. 「ご入金」を選ぶ
  3. 「ビットコイン決済」「イーサリアム決済」を選ぶ
  4. 「専用アドレス作成」を押す
  5. 口座を選ぶ
  6. ウォレットアドレスへ送金手続きする

その他仮想通貨の場合も基本的に同じ手順です。

step1
GemForexへアクセス&ログイン

こちらからアクセスできます。

step2
「ご入金」を選ぶ

メニューから「ご入金」を選びましょう。

メニューはパソコンでは左側にズラッと並んでいます。

スマホ版ではずっと下にスクロールすると出てきます。

step3
「ビットコイン決済」「イーサリアム決済」を選ぶ

GemForex口座への入金手段が銀行送金→クレジット決済・・・と一覧で表示されています。

クレジット決済の下にビットコイン決済、その下にイーサリアム決済があるのでそこまでスクロールさせましょう。

step4
「専用アドレス作成」を押す

文字小さ目ですが「専用アドレス作成」リンクがあるので押しましょう。

step5
口座を選ぶ

入金先の口座番号を選びます。

1つしかない場合はデフォルトのままでOKです。

追加口座を作った人は間違えないように選びましょう。

なお、あとで資金移動も可能です。

が、GemForexでは口座間で資金移動するとボーナスが消滅してしまうので要注意です。

step6
ウォレットアドレスへ送金手続きする

表示されているウォレットアドレスへ自分の仮想通貨ウォレットから送金処理しましょう。

GemForex入金に仮想通貨は使うべき?

現時点でビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を持っていない人は、日本円でそのまま入金しましょう。

わざわざ取引所で口座開設してコインを購入し、それからGemForexに入金するのはかなり面倒です。

すでに持っている人は手数料も安く反映も早いメリットがあります。

なおGemForexの入金先口座の通貨に換金されるのでビットコインやイーサリアムのまま保有するわけではありません。

為替手数料も発生する点は注意しましょう。

 

ここまで解説してきたように、GemForexでは取引まではできません。

が、ほかの海外FX業者では対応しているところも増えてきました。

そこでビットコインなどの仮想通貨FXに対応する海外業者をピックアップしました。

仮想通貨FXに対応する海外業者と注意点

上でも少し触れましたがGemForex以外なら仮想通貨トレードに対応しているところもあります。

・XMTrading(エックスエムトレーディング)
・FXGT(エフエックスジーティー)
・BigBoss (ビックボス)
・TitanFX (タイタンエフエックス)
・iFOREX (アイフォレックス)
・Tradeview (トレードビュー)

他にもありますが、ユーザー数の多い有名どころを選んだほうが出金拒否や詐欺など面倒なトラブルに巻き込まれないのでおすすめです。

おすすめはXMトレーディング

日本人ユーザー数1位の海外FX業者です。

使いやすさ、日本人向けサービスの良さでは文句なし。

一時期トレードできない状態だったんですが、仮想通貨トレードを再開しました。

ビットコインとイーサリアムに対してUSD、EUR、GBPといった通貨ペアでトレードできるようになっています。

GemForexのようにいくつかの口座タイプが用意されていますが、仮想通貨取引するならスタンダード口座を選んでおけば問題ありません。

なお他の口座タイプが良くなったら追加して資金移動させるだけです。

海外FX業者で仮想通貨トレードするときのポイントまとめ

海外業者でする仮想通貨取引のメリット

・ハイレバレッジで取引できる
・ゼロカットありで安心してトレード可能
・メタトレーダーでFXと同じように取引できる

海外FXのメリットでもあるハイレバレッジとゼロカット制度。

この2つがあるだけで選ぶ価値はあります。

またFX取引ツールとしてほとんどのトレーダーが使っているメタトレーダー(MT4/MT5)で取引できるのも便利です。

仮想通貨取引所での売買に比べるとお手軽さが全然違います。

海外業者でする仮想通貨取引のデメリット

・ファンダメンタル要素の影響がわかりにくい
・まだまだ対応する海外FX業者が少ない
・詐欺や出金拒否の可能性もある

ビットコインなどの値動きに何が影響したのか?が為替よりわかりにくいのは欠点です。

また増えてきたと言ってもGemForexのように入金にしか対応していないなどまだまだ選択肢は少な目。

そして対応しているからと言ってよく知られていない海外FX業者を使うと詐欺や出金拒否にあう可能性もあります。

よってこのページで紹介したXMなどメジャーな業者を選びましょう。

まとめ

GemForexでの仮想通貨の対応状況をまとめました。

GemForexでは仮想通貨を取引することはできません。

ですが、入金手段としてなら使えます。

ビットコインとイーサリアム、その他アルトコインの一部に対応しているので持っている人は利用しましょう。

まだ持っていない人は購入してからになりますが、取引所での口座開設の手間や手数料などを考えるとクレジットカードや銀行送金でGemForexに入金したほうがスムーズです。