GemForexのスプレッドは広い?一覧でFX通貨ペアやゴールドなど全取引を比較

GemForexのスプレッド一覧 アイキャッチ画像

GemForex(ゲムフォレックス)のFXトレードで扱われている通貨ペア別のスプレッドを一覧でまとめました。

またCFD・株式指数・エネルギー取引のスプレッドも一覧にしています。

ほかGemForexのスプレッドは広いのか?広い時間帯や時期は?ノースプレッド口座はお得なのか?など気になるポイントを紹介しています。

【スプレッドとは?】

FX業者への手数料のようなものでレートの買値と売値の価格差のこと。業者によって差があり価格差が大きい=広いほどトレーダーには不利です。

\オールインワン口座開設でボーナスあり!/

GemForex公式はこちら

GemForexの口座開設方法&口座の選び方

GemForex(ゲムフォレックス)のスプレッド一覧

GemForexでトレードできる取引商品は以下の通りです↓

  • FX取引(通貨ペア)
  • 貴金属
  • 株式指数
  • エネルギー

ここではFX取引の通貨ペアを中心にそれぞれのスプレッドについて一覧で紹介していきます。

GemForexのFXスプレッド一覧

【FX】GemForex口座種類別のスプレッド一覧表

GemForex FX取引のスプレッド一覧

※GemForex公式ホームページ掲載の最小・平均スプレッド表を参考にしています
※GemForexは変動スプレッドのため参考値です
※単位はpips

通貨ペアオール
インワン
(最小)
ガチゼロロー
スプレッド
(平均)
レバレッジ
5000倍
(平均)
USD/JPY
(米ドル/日本円)
1.600.31.6
EUR/USD
(ユーロ/米ドル)
1.600.31.6
GBP/JPY
(ポンド/日本円)
2.7012.7
EUR/JPY
(ユーロ/日本円)
2.500.72.5
GBP/USD
(ポンド/米ドル)
2.200.82.2
AUD/JPY
(豪ドル/日本円)
2.800.92.8
GBP/AUD
(ポンド/豪ドル)
3.81.73.8
EUR/AUD
(ユーロ/豪ドル)
3.301.13.3
AUD/USD
(豪ドル/米ドル)
1.700.61.7
USD/CAD
(米ドル/カナダドル)
2.200.82.2
EUR/GBP
(ユーロ/ポンド)
2.100.72.1
GBP/NZD
(ポンド/NZドル)
6.92.86.9
NZD/JPY
(NZドル/日本円)
2.91.12.9
AUD/NZD
(豪ドル/NZドル)
31.33
CAD/JPY
(カナダドル/日本円)
3.101.23.1
CHF/JPY
(スイスフラン/日本円)
3.31.43.3
EUR/NZD
(ユーロ/NZドル)
4.62.24.6
EUR/CHF
(ユーロ/スイスフラン)
2.40.72.4
USD/CHF
(米ドル/スイスフラン)
3.300.43.3
EUR/CAD
(ユーロ/カナダドル)
3.11.53.1
AUD/CAD
(豪ドル/カナダドル)
3.11.63.1
NZD/USD
(NZドル/米ドル)
3013
GBP/CAD
(ポンド/カナダドル)
4.224.2
GBP/CHF
(ポンド/スイスフラン)
41.34
AUD/CHF
(豪ドル/スイスフラン)
2.712.7
NZD/CAD
(NZドル/カナダドル)
3.51.83.5
USD/ZAR
(米ドル/南アフリカランド)
169.316
NZD/CHF
(NZドル/スイスフラン)
3.21.63.2
USD/SGD
(米ドル/シンガポールドル)
3.43.23.4
USD/MXN
(米ドル/メキシコペソ)
183.865183.8
EUR/ZAR
(ユーロ/南アフリカランド)
235.8280235.8
USD/CNH
(米ドル/人民元)
18.41518.4
MXN/JPY
(メキシコペソ/日本円)
1.61.21.6
SGD/JPY
(シンガポールドル/日本円)
13.32.213.3
EUR/MXN
(ユーロ/メキシコペソ)
180.1130180.1
USD/PLN
(米ドル/ポーランドズロチ)
41.33241.3
USD/NOK
(米ドル/ノルウェークローネ)
83.49083.4
USD/SEK
(米ドル/スウェーデンクローナ)
41.52841.5
EUR/NOK
(ユーロ/ノルウェークローネ)
107.790107.7
USD/TRY
(米ドル/トルコリラ)
109.720.3109.7
EUR/SEK
(ユーロ/スウェーデンクローナ)
71.827071.8
CAD/CHF
(カナダドル/スイスフラン)
2.21.52.2
USD/HKD
(米ドル/香港ドル)
148.314
AUD/SGD
(豪ドル/シンガポールドル)
5.62.85.6
EUR/PLN
(ユーロ/ポーランドズロチ)
7746.177
EUR/SGD
(ユーロ/シンガポールドル)
5.335.3
GBP/SGD
(ポンド/シンガポールドル)
41.231.641.2
NZD/SGD
(NZドル/シンガポールドル)
9.18.19.1
SEK/JPY
(スウェーデンクローナ/日本円)
7.34.37.3
NOK/SEK
(ノルウェークローネ/
スウェーデンクローナ)
150122150
HKD/JPY
(香港ドル/日本円)
1.71.31.7
GBP/ZAR
(ポンド/南アフリカランド)
240170240
ZAR/JPY
(南アフリカランド/日本円)
2.21.12.2
NOK/JPY
(ノルウェークローネ/日本円)
9.77.69.7
CHF/SGD
(スイスフラン/シンガポールドル)
13.59.613.5

【通貨ペアによってスプレッドが違うのはなぜ?】

通貨ペアの取引量によって金融機関が決めているためドル円のように売買が盛んなものは安定して低めですがニッチな通貨ペアは取引量が不安定で価格も安定しないためスプレッドが広く設定されます。

GemForexにはほかにデモ口座もありますがデモなので手数料は発生しません。

初期は取引量が一番多いEURUSDと2番目に多いUSDJPYは最初に表示してあります。
(並べ替えも可能)

オールインワン口座のスプレッドは広い?

GemForexで一番利用者数が多い口座タイプです。

入金しなくてももらえるボーナスがおいしいんですよね。

なので私もこれ目的で口座開設しました。

スプレッドはほか2つの口座タイプに比べて広いものの、それ以上に魅力的な口座スペックを備えているためマイナスを補って余りあるくらい大きくプラスになると言えるでしょう。

また他社より若干狭めなのでおすすめです。

ガチゼロ口座のスプレッドは広い?

スプレッドが広いどころかガチでゼロpipsの口座タイプです。

「そんなんみんなこれ選ぶでしょ?」と思うかもしれませんね。

でも完全招待制なのでGemForexのお眼鏡にかなわない限り使えません。

状態条件は不明ですがGemForexにとってありがたいトレーダーでなければ招待されないでしょう。

となると不正行為は絶対にしないこと、そしてトレード頻度が多く手数料をたくさん収めてくれる人なら優遇されそうですね。

ロースプレッド口座のスプレッドは広い?

スキャルピングという超短時間に売買を繰り返すトレード手法がメインの人向けの口座タイプです。

ロースプレッドというだけあってオールインワン・レバレッジ5000倍口座よりかなり手数料は安め。

でもあくまで最小スプレッドがロースプレッド=0pips~と低いだけなのでほぼゼロにはなりません。

【pips(ピップ/ピプス)とは?】

Percentage in pointの略で為替レートの変化の単位。USDJPYなど日本円がらみの通貨ペアなら1pips=0.01円の変動幅、EURUSDなど米ドルがらみなら1pips=0.0001ドルの幅となります。ペア後ろ側にある通貨の単位が使われます。

ただしスプレッド一覧表だけみるとロースプレッド口座のほうがお得に感じるはず。

もしUSDJPYでトレードするならオールインワン口座のスプレッドは1.6pipsに対しノースプレッド口座は0.3pips。

結構差があるように思えますね。

でも実際の手数料は0.016円と0.003円なので毎日何十・何百回とトレードするようなヘビートレーダーでなければほとんど差はないようなものです。

そしてロースプレッド口座にはボーナスがない、FX自動売買ツールやミラートレードが使えないなどのデメリットもあります。

FX初心者ならオールインワン口座でボーナスをもらっておいたほうが有利です。

レバレッジ5000倍口座のスプレッドは広い?

口座名称どおりでレバレッジが5000倍に設定されている口座タイプ。

ほかの口座は基本的に1000倍設定なので5倍少ない資金でポジションを注文できるのが魅力です。

ただしこちらもボーナスはなく自動売買ツールは使えないなどロースプレッド口座と似たような仕様となっています。

なお2021年頃までは募集数が決まっていてすでに締め切られていましたが、現在は全員利用可能になりました。

体験してみたい人は追加口座で試してみるのもおすすめです。

ですがGemForex出始めてFXトレードする初心者の方はボーナスがもらえるオールインワン口座をおすすめします。

レバレッジは1000倍あれば充分すぎます。

とりあえずこの口座はボーナスがない時点でFX初心者にあまりおすすめしません。

ゴールド/シルバー/プラチナのGemForexスプレッド一覧

【貴金属】GemForex口座種類別のスプレッド一覧表

GemForex 貴金属取引のスプレッド一覧

通貨ペアオール
インワン
(最小)
ガチゼロロー
スプレッド
(平均)
レバレッジ
5000倍
(平均)
XAU/USD
(金/米ドル)
3.101.93.1
XAG/USD
(シルバー/米ドル)
3.12.23.1
XPT/USD
(プラチナ/米ドル)
3.8183.8

GemForexではゴールド・シルバー・プラチナの3種類の貴金属も取引可能です。

FX通貨ペアと比較するとスプレッドは広いんですが私のメイン口座「XMトレーディング」よりは狭いですね。

ゴールド取引のスプレッドは広い?おすすめ口座タイプは?

XMと比較すると若干狭くなっているためおすすめです。

XMはゴールドのスプレッドが3.5pipsくらいなのでどの口座タイプを選んでもお得です。

なおゴールドを中心にトレードする人はGemForexのガチゼロかロースプレッド口座を選べば取引手数料のコストをかなり抑えられます。

なおこの2タイプはボーナスがもらえないため自分の軍資金だけで問題ない人を対象にしています。

問題なければまずロースプレッド口座でスタートしましょう。

ボーナスが欲しい人はオールインワン口座が最適です。

軍資金があまり用意できないならレバレッジ5000倍口座もありですが、こちらもボーナスはありませんし上限10万円までに制限されています。

ちなみにスプレッドがゼロのガチゼロ口座は完全招待制となっているため誰もが使えるわけではありません。

不正なく健全にトレードを続けていればガチゼロへの切替案内メールが届くかもしれないので狙っていきたいですね。

シルバー取引のスプレッドは広い?おすすめ口座タイプは?

XMが平均3.5pipsとなっているためGemForexのほうが有利です。

ゴールドほどではありませんが十分スプレッドは狭いと言えるでしょう。

なおシルバーはガチゼロ口座非対応なのでロースプレッド口座がおすすめです。

ボーナス不要の人はここからスタートしましょう。

プラチナ取引のスプレッドは広い?おすすめ口座タイプは?

プラチナはゴールドやシルバーに比べると人気のある取引初期商品ではありませんが一応対応しています。

XMの最小スプレッドが4.25pipsなのに対しGemForexは平均3.8pipsと狭くなっています。

差は小さいもののお得であることには違いありません。

ただしロースプレッド口座だけはなぜか18pipsと極端にスプレッドが広くなっています。

プラチナをトレードするならオールインワン口座が最適です。

レバレッジ5000倍口座もスプレッド的にはオールインワンと同じ条件ですが、ボーナス無し、入金上限10万円までなど制限がキツくなっています。

それでも問題ない人なら超ハイレバレッジでトレードできる5000倍口座もおすすめです。

CFD取引のGemForexスプレッド一覧

GemForexのCFD取引は「株式指数」「エネルギー」の2種類あります。

仮想通貨やコモディティは扱っていません。

また公式サイトの最小・平均スプレッド幅は掲載されていません。

そのためザックリと調べた数値のみ載せておきます。

ではそれぞれのCFD取引のスプレッド一覧を見ていきましょう。

株式指数取引のGemForexスプレッド一覧

GemForex 株式指数取引のスプレッド一覧

GemForexで扱う株式指数取引

  • JPXJPY(日経225)・・・10pipsほど
  • CACEUR(FRA40)・・・23pipsほど
  • DAXEUR(GER30)・・・40pipsほど
  • FTXGBP(UK100)・・・30pipsほど
  • NASUSD(US100)・・・30pipsほど
  • DOWUSD(DJ30)・・・15pipsほど
  • S&PUSD(US500)・・・15pipsほど
  • ASXAUD(AUS200)・・・25pipsほど
  • ESXEUR(Euro50)・・・20pipsほど
  • HSXHKD(HK50)・・・2pipsほど

株式指数に関してはXMトレーディングよりGemForexのほうがスプレッドは広いですね。

ここを選ぶならFX取引かゴールドなど貴金属が有利です。

エネルギー取引のGemForexスプレッド一覧

GemForex エネルギー取引のスプレッド一覧

GemForexで扱うエネルギー取引

  • BRTGBP(ブレント原油)・・・4pipsほど
  • WTIUSD(WTI原油)・・・4pipsほど

トレードできるのはこの2種類のみです。

軽油や天然ガスは非対応です。

なおGemForex公式サイトにこの2取引のスプレッド情報は掲載されていません。

そのためざっくりと、ですが平均4pips程度のようです。

ちなみにXMトレーディングは公式サイトに最低値しか掲載されていませんでしたが1pips未満です。

エネルギー取引に関してはGemForexのスプレッドは広いと言えるでしょう。

 

以上、GemForexのCFD取引のスプレッド一覧でした。

通貨ペアとゴールドなど貴金属以外はスプレッドが広いことが多いです。

GemForexを選ぶならFXと貴金属がおすすめです。

GemForexでスプレッドが拡大・変動しやすい時間帯は?

  • 早朝
  • 週末
  • 週明け
  • 指標発表

などでスプレッドが変動しやすくなります。

ほかフラッシュクラッシュという自然大災害みたいな突発的に起こる相場の急変動も対象です。

これは事故みたいなものなのでフラッシュクラッシュが起こりそうな長期休暇明けなどにポジションを持たないようにするくらいしか対処法はありません。

早朝など取引量が少ない時間帯

スプレッドの幅はGemForexなどFX業者に為替レートを提供している金融機関が決めるもの。

取引量が安定しない時間帯=トレードする人が少ない時間帯は変動しやすくなります。

指標発表など取引量が急増する時間帯

逆に取引量が急増する時間帯もスプレッドが変動しやすくなります。

主な要因の1つとして地球経済の中心であるアメリカの重要な経済指標発表があります。

  • FOMC
  • 消費者物価指数
  • 失業率

などの指標発表がある時間はFXチャートも上下に激しく動き相場が不安定になります。

取引量が少なすぎて安定しないのと同じく多すぎても価格は安定しないためスプレッドは広くなりがちです。

両建て時のスプレッドに注意!

同じ通貨ペアで売りと買いを両方持つことを両建てと言います。

GemForexでは別口座での両建ては禁止されているのでやってはいけませんが、同じ口座内の両建てなら問題ありません。

そして同じロット数で売り買い両方の注文を持つと利益も損失も同じ割合で上下するだけなので残高に影響はなくなります。

ですがスプレッドは売りと買いで変動幅が違ってくるので安心できません。

両建てしたまま変動幅の大きな週末や指標発表などを迎えると、スプレッドの差によってロスカットされてしまう可能性もあるので気を付けましょう。

【ロスカットとは?】

資金が一定割合以下になると持っているポジションが強制決済される仕組みのこと。GemForexでは有効証拠金が20%以下になると強制的に全注文が決済されます。

取引時間や時期によるスプレッドの違い

スプレッドは早朝、週末、大きな経済指標発表、年末年始など時間や時期にとって大きく変動します。

また取引商品ごとにトレードできる時間も違ってきます。

早朝のスプレッドは?

日によるので何とも言えませんが、1日の内でもとくにスプレッドが広い時間帯です。

トレードは控えることをおすすめします。

また週明け月曜の早朝はとくに幅が広いので何もしないようにしましょう。

週末のスプレッドは?

FX市場において週末は土曜の早朝(アメリカ市場のクローズタイミング)となります。

クローズ直前はかなり幅が広がるので触らないようにしましょう。

年末年始のスプレッドは?

平時より極端に市場参加者が減るタイミングです。

その分相場が急変動しやすくなる=スプレッドも広くなります。

多くのトレーダーがお休みしているタイミングなので手を出さないことをおすすめします。

とくに年始はフラッシュクラッシュといった異常な変動が起こる可能性も高まるためポジションを精算してから年越しすることを推奨します。

GemForexのスプレッドQ&A

最大スプレッドは?

GemForexは変動制のため具体的に「○○pipsです」とは言えません。

スプレッドが極端に広い早朝の市場オープン直後の時間帯や後述するフラッシュクラッシュなどによって大きく開きます。

フラッシュクラッシュ時はどうなる?

2019年1月3日の年始早朝にフラッシュクラッシュが起きたときのスプレッド状況報告を参考にさせてもらいました↓

  • USJPY・・・172pips
  • USDCAD・・・0.02pips
  • USDCHF・・・0.15pips
  • EURJPY・・・0.19pips
  • EURUSD・・・0.06pips
  • EURGBP・・・0.17pips
  • EURAUD・・・0.18pips
  • AUDJPY・・・117pips
  • AUDUSD・・・0.16pips
  • AUDNZD・・・0.21pips
  • AUDCAD・・・0.2pips
  • AUDCHF・・・0.09pips
  • NZDJPY・・・133pips
  • NZDUSD・・・0.1pips

米ドル日本円・オーストラリアドル日本円・ニュージーランドドル日本円の3つの通貨ペアはかなりスプレッドが広いですね。

100pipsというとGemForexで1ロット注文していたなら10万円になります。

こんなときに注文していたら即大損することになってしまいますね。

注文するときはかならずスプレッド幅をチェックしてからにすることをおすすめします。

リアルタイムで確認する方法は?

取引ツールMT4/MT5で確認できます。

パソコン版ではメニュー「表示」内から「気配値」ウィンドウを表示させれば「!」マーク欄にスプレッドが出ています。

出ていない場合はウィンドウ内で右クリックして「スプレッド」にチェックを入れましょう。

アプリ版なら「気配値」ページで通貨ペア名の下にスプレッドが表示されています。

\オールインワン口座開設でボーナスあり!/

GemForex公式はこちら

GemForexの口座開設方法&口座の選び方

まとめ

GemForexのスプレッドを取引ごとに一覧表にまとめました。

GemForexのスプレッドは変動制なので常にこの一覧表どおりにはなりませんが平均値はこれくらいということで参考にしてください。

ほかの海外FX業者と比較して多少スプレッドは狭いともいわれるGemForexですが金額で換算すると気にするほど大きな差ではありません。

スキャルピングのように月に何百・何千回とトレードする手法でもない限り稼ぎの邪魔になるような金額にはならないので、その他のサービスが充実しているか?でFX業者や口座タイプを選ぶことをおすすめします。