GemForex口座凍結の解除方法 – 原因や対策まとめ

GemForex口座凍結の解除方法 アイキャッチ画像

日本でも人気の海外FX「GemForex(ゲムフォレックス)」では規約違反などをしてしまうと口座凍結されることがあります。

凍結されてしまうとここではトレードできなくなってしまいます。

入金を済ませ、ある程度慣れてきてこれからガッツリ稼ごうって時にそんな事態になったら投資意欲もなくなってしまうでしょう。

そこでGemForexで口座凍結されてしまう原因と対策、また解除方法はあるのか?についてまとめました。

GemForexの口座凍結される原因

どのような理由で口座凍結されたのか?によって対処方法が変わります。

その理由には大きく分けて次の2パターンあります。

  • 利用規約に違反した
  • 長期間口座を放置した

それぞれの対処方法を見ていきましょう。

口座凍結された理由その1
利用規約に違反した

GemForex規約違反による口座凍結

GemForexに限らずあらゆるサービスを契約するときには必ず利用規約があります。

ネット上での申し込みであれば確定ボタンを押す前に利用規約に同意するよね?と確認してくるのでチェックを入れているはず。

でもたぶんほとんどの人は読んでないでしょう(汗)

もちろん私も読みません(笑)

でも当然ながらやってもらっては困ることが書かれていますし、それやったら厳しく対処するよ?とも書かれています。

今回GemForex口座を凍結された理由の多くはこの規約違反が原因です。

利用規約違反してしまったときの対処方法は?

自分でできることはありません。

GemForexサポートに問い合わせることしかできないですね。

口座凍結された原因と解除方法を聞いてみてください。

GemForex利用規約12条にはこうあります↓

無条件で利用を停止または削除し、報酬も凍結することがあります。場合によっては法的処置により処理を行うものとします。

悪質なものはアカウント削除され報酬も凍結されてしまいます。

軽度なものなら利用停止レベルかもしれません。

またひょっとしたら何かの手違いだった可能性もあり得ます。

まずはサポートに聞いてみるしかありません。

GemForexサポートに送信するメール内容

件名

【口座番号】の口座凍結の原因と解除について

本文

GemForexサポート ご担当者さま

お世話になっております。
【氏名】と申します。

【口座番号】が凍結された理由を教えてください。
また凍結解除可能でしたら対処方法を教えてください。
ご対応宜しくお願い致します。

口座凍結された理由その2
長期間口座を放置した

この理由が一番多いと思われます。

GemForex口座は365日間なにもせず放置すると口座凍結されます。

GemForex側もユーザーの口座情報を保持しておくサーバー容量に限りがあるので、使われていないデータまで保管していてもムダでしかありません。

となると口座凍結されてしまいます。

ただこの1年間という期間はほかのFX業者に比べるとかなり余裕のある措置ですね。

日本人の口座開設数で一番多いと言われれるXMトレーディングなら90日間で凍結されます。

ちなみにGemForexも90日間放置すると凍結されないまでも休眠口座扱いとなり維持手数料が1500円引かれていくので要注意。

なおFXに興味がなくなるなど何か事情があって放置する場合はすべて出金しておけば手数料を取られません。

あなたのGemForex口座が凍結された理由として考えられること

GemForex口座凍結の原因

長期間トレードしなかったことによる凍結はハッキリわかる原因なのでいいとして、それ以外の理由がなぜダメなのか?

この点についてもう少し詳しく解説していきます。

「何も悪いことしてないのになんで口座凍結されなきゃいけないの?!(怒)」

という状態になっている人もいるかもしれませんが、一度冷静になって確認してみてください。

自分では知らずしらずのうちにやってしまっている可能性もあるので次から気を付けていきましょう。

GemForexの利用規約にある禁止事項

GemForex利用規約には24もの禁止事項が記載されています↓

GemForex凍結原因となる禁止事項

「反社会勢力やその関係者はダメ」みたいな理由もありますが、ほとんどの人には当てはまらないはず。

そこでここでは一般ユーザーでもやらかしがちな規約違反をピックアップして解説していきます。

口座凍結の原因としてよくある規約違反

  • 連絡なしで大きなロットでのトレード
  • 違う口座で両建てトレード
  • 窓開けや指標発表などを狙ったトレード
  • 名義が違う

主にこの4つあります。

それぞれの凍結原因について詳しく解説していきます。

連絡なしで大きなロットでのトレード

FXでの注文単位ロットの指定範囲は0.01~業者の決める上限まで。

そしてGemForexでは1つの注文で最大50ロットまで対応しています。

当然ロット数が大きいほど稼ぎの金額も大きくなります。

それならたっぷりお金を入金して大きなロットで売買すれば早く稼げるんですが、GemForexは利用規約で10ロット以上の注文は事前に連絡が必要と書かれているんですね。

とくにスキャルピングという短期間で売買を繰り返すトレード手法を使う場合、小さな値動きの幅で稼いでいくことになるためで注文ロットを大きくしないと稼ぎにくくなります。

この手法自体はとくに禁止されていませんが10ロット以上の注文をしてしまうと口座凍結の対象になってしまいます。

1度や2度のトレードで凍結されたなら知らずにやってしまっただけの可能性もあるため話を聞いてもらえるかもしれませんが、明らかに何度も違反していると一発アウトんあるでしょう。

ここは9ロット程度までに抑えておくようにしましょう。

といいたいところですが、念のためGemForexサポートに9ロットなら好きなように売買していいか自分でも確認しておくことをおすすめします。

返答をしっかり記録として残しておくのも自己防衛のためには大事なことです。

違う口座で両建てトレード

両建てとは同じ通貨ペアのロング(買い)とショート(売り)を同時に保有することを言います。

初心者の方だと無意味に感じるかもしれませんね。

でもピンチのときに証拠金維持率をコントロールできますし、使いどころによっては効果がある方法です。

で、GemForexは1つの口座内での両建てトレードはOKです。

ただし違う口座間での両建てはNGと規約に明記してあります。

たとえば5つまで開設可能なGemForexで違う口座での両建て、またはほかのFX業者の口座を使っての、さらに他人と協力しての両建てポジションを持つことは規約違反となります。

ではなぜ禁止されているんでしょうか?

それはGemForexを始め海外FXで当たり前のように導入されているゼロカット制度が関係しています。

ゼロカット制度とは?

口座残高がマイナスになると請求される借金をゼロ円にしてくれる制度

というわけでどれだけ大負けしても借金リスクがなくなるありがたい仕組みです。

両建てはこのゼロカットを悪用できるんですね。

ゼロカットの悪用方法とは?

私はやっていませんが知り合いが昔、両建てを使って稼いでいたといっていました。

ではどうやってやるのか?

やり方は、大きく相場が動く窓開けや指標発表のタイミングを狙って1つの口座で大きなロットで買い注文、別の口座で同じロット数で売り注文をします。

するとどちらかは溶けてなくなりますがゼロカットで損失は残高分だけで抑えられます。

そしてもう片方は為替が動き続けるだけ青天井で利益を伸ばせるわけですね。

あまり粘りすぎると相場が反転して失敗してしまうこともありえますが、片方が溶けてすぐ決済すればほぼ稼げるでしょう。

たとえばUSDJPY(ドル円)を選びGemForex最大の50ロットで両建てしていれば、0.1円=10pips(ピプス)分の値動きだけで50万円も稼げます。

ちょっと興味が湧いてしまった人もいることでしょう(笑)

でも同じ口座内での両建てだとこれができないためOKとなっているんですね。

ちなみに同じGemForex内の口座ならまだしも、違う業者の口座とで両建てしていたらわからないよね?と思うはず。

ただ、私も詳しくは知りませんがほとんどの業者は世界共通のトレードツール(MT4/MT5)を使っているのでわかってしまうようです。

その辺は業界で情報共有される仕組みがあるんでしょうね。

「どうせわからないでしょ?」と思っている人は考え方を更新しておくことをおすすめします。

名義が違う

まぁ当然と言えば当然の禁止事項でしょう。

ウソをついているわけですからね(汗)

ありがちなのは家族名義で口座開設して使うパターン。

これに関してはどうやってバレるのか見当もつきませんが、稼ぎの目立つ人が自分の使っている端末で別名義の口座で稼いだりすると疑われるのは間違いないでしょう。

せめて端末を変えるくらいは・・・ではなく、違う名義の口座でトレードしないでくださいね(汗)

窓開けや指標発表などを狙ったトレード

両建ての項目で紹介したように、ゼロカットを悪用したトレードがNGです。

またにやってしまう程度なら凍結まではされないでしょう。

もちろん頻度によりますし、そもそも禁止されていることなのでやらないようにしましょう。

 

GemForex口座が凍結されてしまう理由はここまで解説したとおりです。

これからGemForexを使う人は今後は凍結されないよう気を付けていきましょう。

ただすでに凍結されてしまった人は解除可能なんでしょうか。

そこで凍結解除方法について解説していきます。

GemForex口座の凍結(休眠)解除方法

GemForex口座凍結の解除方法

凍結解除の方法は?

放置による凍結の場合の解除法

365日放置して凍結されてしまったら場合も解除できません。

サポートに問い合わせるか新規にアカウント開設することになるでしょう。

規約違反による凍結の場合の解除法

利用規約の禁止行為をしたうえでの凍結は解除できません。

それくらい厳しい処置をとられてしまいます。

どうしてもGemForexを使いたいなら、名前を変える、引っ越して住所を変える、電話番号を変えるなど徹底的に別の人と判断される状態にしてからもう一度申し込むことになるでしょう。

でもいまは日本語対応している海外FXはほかにいくらでもあります。

GemForex以外の業者でアカウント開設すればいいだけです。

GemForexの目玉でもある高額な口座開設ボーナスこそありませんが、スペック面では同じような条件の業者もありますからね。

それらを使えばFXを再スタートすることは簡単です。

個人的におすすめはXMトレーディングです。

休眠解除の方法は?

  1. GemForexの「お問い合わせ」ページを開く
  2. 休眠解除依頼について入力する
  3. 休眠状態が解除される

凍結とは違い、90日間放置したあとの休眠状態なら解除可能です。

こちらもGemForexサポートに問い合わせましょう。

規約違反のような重いものではないのですんなり再開できるはず。

では手順を1つ1つ解説していきます。

【1】GemForexの「お問い合わせ」ページを開く

まずはGemForex公式ページを開きます。

問い合わせるだけならログイン不要です。

ページを開いたら最下部までスクロールさせると小さい字で「お問い合わせ」ページへのリンクがあるので押してください。

すると質問入力ページが開きます↓

GemForexお問い合わせページ

入力内容は以下のとおりです↓

  • お問い合わせ内容(選択式)
  • 会員種別
  • 氏名
  • 氏名(カタカナ)
  • メールアドレス
  • メールアドレス(確認用)
  • 口座ID(番号)
  • 利用端末
  • 質問内容

とくに困る部分はないはず。

選択式のお問い合わせ内容はこの中から選びます↓

GemForexお問い合わせ内容 質問種類

「口座開設について」「ログイン・パスワードについて」「その他」あたりならどれでも問題ないでしょう。

【2】休眠解除依頼について入力する

問い合わせ内容欄に休眠解除に関する依頼を入力しましょう。

「休眠解除をお願いします」など簡単なメッセージで問題ありません。

ビジネスメールのように「GemForexサポートご担当者さま お世話になっております。(略)」みたいなややこしく書く必要もありません。

相手を不快にさせないようにさえしていればOKですね。

【3】休眠状態が解除される

GemForex側が確認すれば解除してもらえるでしょう。

残高が残っていればそのままトレード再開で、なければ入金しましょう。

凍結・休眠解除後の注意点

保有していたボーナスは消滅します。

GemForexは初回ボーナス、ジャックポットボーナスなど魅力的な制度が多く結構な金額のボーナスを持っている人もいることでしょう。

ですが、ボーナスはなくなっているので使えません。

欲しい人はメールで案内が届くキャンペーンを利用するか、ジャックポットボーナスを狙いましょう。

GemForex口座凍結Q&A

口座凍結される期間は?

これといって凍結期間はなく一度凍結されれば復帰はできません。

もう一度新規でアカウント開設することになるでしょう。

場合によっては二度とGemForexを利用できないので違う海外FXを使いましょう。

稼ぎすぎると口座凍結される?

稼ぎすぎるの基準は人それぞれですが、まずそんなことはありません。

10億とか稼ぐようだとさすがにGemForex側の会社運営がピンチになるかもしれないので監視されると思いますが、正当に使っていて口座凍結されることはないでしょう。

でもネット上では稼ぎすぎると凍結される、なんて話をよく見かけますね。

なぜなのか?

それは稼いでいる人は必ずGemForex側で目を付けられますし、トレード手法は監視されています。

そしてそういう人に限って規約違反になるような手法を使っていることが多いからです。

そのため「(悪い手法で)稼ぎすぎると口座凍結される」が正しい認識と言えるでしょう。

凍結された後でも出金はできる?

出金可能です。

ただしトレードで稼いだ利益分は出金できません。

あなたが入金した金額の残金分だけは凍結後も出金可能です。

たとえ犯罪行為をしたとしても他人の資産ですからね。

勝手にGemForexが没収することはできません。

ほかGemForex側で起こったミス、何かの手違いならGemForex側の判断しだいとなります。

コンピューターの誤作動で凍結扱いになってしまわないとも限りませんからね。

とはいえ100%とは言い切れませんし、まずはサポートに問い合わせてみるしかないですね。

まとめ

GemForexの口座凍結についてまとめました。

口座開設するときに利用規約を読む人なんてほとんどいないはず。

それだけに普通に使って稼いでいるつもりでも知らないうちに規約違反をしてしまっていることもあります。

まずはどんな禁止事項があるのか確認することが大事です。

また、すでに口座凍結されている人はGemForexサポートに聞いてみるしかありません。

凍結解除してもらえる可能性もあるので期待しすぎない程度に問い合わせてみてください。