XMの税金対策 – 計算方法や節税はどうすればいい?無申告でもばれない?

XMトレーディングの税金計算と節税対策 アイキャッチ画像

このページでは海外FX「XMトレーディング」でトレードして手にした利益の税金について解説していきます。

まずXMは海外のFX業者です。

確定申告するときに、日本国内の業者とは税金計算方法が違ってきます。

そこで、海外FXで得た利益の税金計算方法や注意点を中心にまとめました。

\ここから登録で軍資金3000円プレゼント!/

XMの口座開設はこちら(無料)

XMトレーディングで稼いだ利益の税金対策

FXで稼いだ利益に対する税金は日本国内企業と海外企業のどちらの口座を使ったのか?で税率が違ってきます。

どちらを選ぶか?も税金対策の1つですね。

ではまずそれぞれの税率について解説していきます。

日本国内のFX業者を使ったトレード収益の税金対策

国内企業のFX口座を使った場合の税率は一律20%ほどで分離課税です。

正確には20.315%(所得税15%+住民税5%+復興特別支援税0.315%)となっています。

もしサラリーマンやパートの主婦さんが副業的にやっている場合、もらった給料とは別にして税金計算し申告すればOK。

どれだけ稼いでも約20%なので年間100万円稼いだら20万円、超がんばって1億円稼いでも2000万円だけ。

だけ、といってもかなりの金額ですが、稼げる人にとっては「総合課税」に含まれる収入よりかなり優遇されていると言えるでしょう。

逆にあまり稼げていないトレーダーだとメリットはあまりありません。

よって節税対策するなら収益額によって国内か海外で使い分けていくことになるでしょう。

海外のFX業者を使ったトレード収益に対する税金対策

サラリーマンや主婦さんがXMのような海外FXで稼いだ時にできる税金対策は控除額の範囲内に収めるようコントロールするか法人化することですね。

個人事業主の開業届を提出すれば多少経費計上しやすくなり控除枠も増えます。

なんですが海外FXの収益は適用外という落とし穴が(汗)

となるとガッツリ税金対策するなら法人化くらいしかありません。

なお法人化するだけなら25万円くらいあれば一週間後にはあなたも社長になれます。

でも毎年必ず申告しなければいけませんし、赤字でも均等割(きんとうわり)という絶対発生する税金が7万円ほどあります。

作ってしまうと「やっぱやーめた!」と簡単にやめることもできないのであまり稼げていないときにやるのはおすすめしません。

節税対策するならFX収益がいくらくらいから使い分ければいい?

XMの収益に課税されるときの累進課税の税率は以下の通りです↓

XM税金の所得税率

この税率に住民税が10%加算されます。

かなりざっくりですが330万か700万円を超えるあたりで法人化するか国内業者に切り替えれば節税対策になるでしょう。

XMを使い続けるなら法人化ですね。

ただ法人口座が作れないため専用の銀行口座を代表取締役の名義で作ってやるしかありませんが、これも税務署の判断によってはNGになる可能性あり。

一度管轄の税務署で相談してから実行してください。

といってもこの表の所得金額は給料も含めたもの。

サラリーマンの方は年収600万円あるならあまり余裕がないため他の所得との兼ね合いで検討する必要があります。

 

税金対策の話はこれくらいにして、海外FX「XM」で稼いだ利益にかかる税金の計算方法について解説していきます。

XMでの収益はここまでに触れたとおり総合課税&累進課税なので獲得金額によって税率が高くなっていく方式。

またXMの収益単体での計算ではないため税金の計算方法を間違えないように気を付けてくださいね。

XMの税金計算方法

海外FXの税金計算

(海外FXの利益 + その他所得)× 所得税率 - 控除額

で計算します。

所得税率と控除額

所得税率と控除額表

※ここに住民税10%(市民税6%・県民税4%)も加算されます
※更新されている場合もあるため最新情報もご確認下さい
参照:国税庁ホームページ「No.2260?所得税の税率」

副業的にFXをしている場合、XMで得た利益は「雑所得・総合課税」の累進課税方式で計算されます。

累進課税とは上の表のように所得金額が大きくなるほど税率が高くなっていく方式です。

で、XMの利益単体ではなく、ほかの所得(給与収入や副業、ギャンブルで勝った稼ぎなど)と合算して計算するわけですね。

そのためXMの稼ぎだけで税金計算してもあまり意味はありません。
(他に収入がないなら問題ありませんが専業って人は少ないはず)

そして金額が大きくなるほど税率が上がり、最大45%徴収されることになります。

さらに住民税10%や復興支援税(0.2%ぐらいだったはず)も上乗せされるので、半分以上税金でなくなります(汗)

事業として取り組んでいるなら「事業所得」となり、経費などを差し引いてから税金計算するもの。

ですが、現実的に個人があげたFXの利益を事業所得として認められるか?は管轄する税務署しだいですね。

FXを1つの事業として見なしていない税務署だと厳しいでしょう。

ちなみに法人の場合はすべての利益を合算し事業所得として計算します。

稼ぎが大きくなってきたら法人にすることも検討してみましょう。

20万少々あれば設立できます。

 

ここからは個人トレーダーの場合で考え雑所得の税金計算方法について解説していきます。

まずは基本用語をサクッと解説しておきますね。

税金計算時に使う基本用語を解説

税金計算時に使う基本用語を解説

雑所得とは?

  • 給与所得
  • 事業所得
  • 退職所得
  • 一時所得
  • 利子所得
  • 譲渡所得
  • 年金所得
  • 不動産所得
  • 山林所得

以外の所得のことです。

総合課税とは?

上で紹介した9つの所得+雑所得をすべて合算した額で税金計算すること。

累進課税とは?

所得が増えるほど税率が上がっていく仕組みのこと。

国内FXの利益は分離課税

国内FXで得た利益なら「雑所得・分離課税」となり20.315%の税率で済みます。

これだけみるとXMより国内業者のほうが有利ですね。

XMの税金計算

  1. 取引ツールで履歴データをエクスポート
  2. 利益分を雑所得で計上
  3. ほかの所得と合算して計算

まずはXMの取引ツール(MT4/MT5)で「ターミナル」ウィンドウの「口座履歴」タブ内で右クリックしてデータをエクスポートしましょう。

エクスポートするときは前年1/1~12/31を指定してください。
(法人なら期首から期末(決算月)までの1年分)

そこに載っている年間利益をもとに税金計算しましょう。

申告方法・手順は別記事を参考にしてください。

稼いだ利益の半分は残しておきましょう

多く稼げば当然税金が発生します。

ですので、たくさん稼いだなら使い切ってしまわないように!

翌年発生する税金分を残しておかないとヒドイ目にあうかもしれません。

突然大金をゲットした人がすぐ破産しやすいことはデータとしてわかっています。

たとえば億以上の高額な年収をもらっていたNBAプレイヤーが引退したあと、その6割は生活保護を受けている、というデータがあります。
(8割だったかも)

結局使い切ってしまうんですね。

XMで運よく稼げてしまった場合も、高額なものを買いすぎて翌年の税金が払えないパターンが多いです。

そして税金は破産宣告しても帳消しにはなりません。

ここが一番悪魔的な部分です(汗)

消費者金融で借りたお金は破産宣告すればなくなりますが、税金はそんな甘いものではありません。

FXはギャンブルではありませんので、利益も契約的に使うようにしたいですね。

税務署は海外送金も把握しています

XMのような海外での稼ぎなら税務署にバレないのでは?なんて思っていませんか。

いまは海外サービスとの連携も進んでいて、ほとんど把握されていると思っておいたほうがいいです。

超が付くお金持ちの間ならまだバレない方法もあるのかもしれませんが、そんな話は一般庶民には降りてきませんし、いづれは対応されてしまうでしょう。

また金融機関は100万円を超える金額をやりとりがあった場合、税務署への報告が義務づけられています。

じゃあ年間100万円以下ならいいのでは?と思うかもしれませんが、税務署側に調査されれば金融機関側は個人情報だからと言って情報提供を渋ることはないでしょう。

下手なことは考えないように!

稼いだら納税するのは憲法に定められている義務なので、セコイことはしないほうがいいです。

XMで税金を申告するタイミング

サラリーマンや個人事業主など個人があげた利益なら、1月1日~12月31日までの利益を翌年3月15日頃までに確定申告します。
(法人でFXトレードをしているなら、決算月の翌々月末までに申告)

利益確定のタイミングは?

XMのような海外FXで得た利益は「ポジションを決済したタイミング」で確定となります。

サラリーマンはXMの税金申告しなくてもばれない?

サラリーマンのXM税金申告

給与所得があるサラリーマンならそれ以外の所得(他の利益)が20万円を超えた場合に確定申告が必要です。

また年収2000万円を超えると会社で源泉徴収してくれないため確定申告することになります。

ほか専業主婦のように他に所得がない方の場合は48万円を超える場合に税金の申告が必要となります。

申告しなくてもばれない可能性はある?

税務署も暇じゃありませんし、全員の申告を隈なくチェックして対応するのは難しいようです。

国税が突然やってくるようなシチュエーションは疑われる脱税額がかなり大きな人だけですね。

具体的な目安はわかりませんが、国税が入った人の話を聞く限り年収億は超えています。

よってサラリーマンや主婦さんがXMで数十万円稼いだのを申告せず脱税したところでばれない可能性は高いと思うかもしれません。

ですが、現在XMは稼いだ利益分はすべて銀行口座へ出金しなければいけなくなりました。

そして銀行口座の取引状況は税務署側にすべて把握されています。

さらに海外の銀行とも連携をとっているようです。

ばれないって考えることの甘さ・危険性がわかるのではないでしょうか。

何も言ってこないから大丈夫だと思っている人はわかった上で単に泳がされているだけだと考えておきましょう。

というかちゃんと申告してくださいね。

副業が会社にばれないための対策は?

サラリーマンで、会社に別収入があることをばれたくない人もいるのでは?

副業が推奨されることも多くなっていますが、それでも厳しい会社もまだまだあります。

上の項目で解説したように、サラリーマンならXMで得た利益やその他所得を含めトータル20万以下であれば確定申告しなくても問題ありません。

それならばれないでしょう。

でも20万円を超えてくると、住民税の徴収額などでばれる可能性があります。

会社にばれないための対策は?

確定申告の提出書類に「確定申告書第二表」があります。

この書類の「住民税・事業税に関する事項」内にある「給与・公的年金等に係る所得以外の所得に係る住民税の徴収方法の選択」欄で「自分で納付」を選べばOKです。

XMの税金Q&A

サラリーマンや主婦が簡単にできる税金対策は?

一番の税金対策は稼がないことです!FXはやめましょう!

・・・なんて回答では怒られそうなので真面目に答えると控除額の範囲内に利益を抑えることですね。

給料以外で稼いだ年間20万円までの所得は申告不要なので20万、もしくはそれに近い額を稼いだらトレードをやめましょう。

もしくは税務署に申告は必要になりますが、基礎控除枠の48万円までなら節税対策になるでしょう。

48万円なら12か月で割ると月4万円。

副業としては十分魅力的なんじゃないでしょうか。

申告は慣れてないとハードル高く感じると思いますが、手引き書の空欄を最初から1つ1つ埋めていくだけなので日本語が読めればできるはず。

個人事業主になったほうが税金対策になる?

ちなみにサラリーマンや主婦さんが個人事業主の開業届を税務署に提出して青色申告の申請も済ませれば55万円の控除が使えます。

青色申告とは細かな収支状況も提出する形式で簡易版は白色申告です。

申告に少し手間はかかるもののメリットが大きいですね。

これで基礎控除48万円に青色申告55万円を足せばかなり稼いでもOK。

なんですが、これがなんと海外FXだけの収入だと適用されません(汗)

ちゃっかりしてますね。

日本の金融庁は自分のところに登録せず日本人ユーザーから収益を上げている海外FX業者を嫌っているので税金面は厳しいようです(汗)

なお、だからといって海外FXに違法性はありませんよ。

国内で自ら勧誘すると違法になるだけ。

なのでもし勧誘している海外FX業者がいたら手は出さないようにしてください。

ちなみにXMは全然問題ありません。

おすすめの税金対策は?

法人化することですね。

法人なら事業所得なのでほかの所得の赤字分などと相殺できます。

またその年が赤字でもその額を9年間繰り越せるので次に黒字化したときに相殺すれば課税される所得が減るため税金対策になります。

個人事業主も3年は繰り越せますが、青色申告の55万円(65万円)控除が対象外なのでおすすめはしません。

XMでもらえるクレジット(ボーナス)に税金はかかる?

XMでもらえる口座開設ボーナスや入金ボーナスなどはクレジット表記で管理されています。

このクレジットは現金ではありません。

よって計上する必要もなく税金もかかりません。

XMポイント(XMP)に税金はかかる?

XMのポイント制度「ロイヤリティポイント」では取引量に応じてXMポイント(XMP)がもらえます。

このポイント自体に税金はかかりません。

またXMポイントはクレジットか現金に交換できるため、クレジットに交換したなら非課税です。

ただし現金に交換すると利益になります。

そのためFXトレードやスワップポイント(金利)で稼いだ利益と一緒に課税されます。

XMキャッシュバックサイトの報酬に対する税金はかかる?

XM口座開設をキャッシュバックサイト経由で済ませるとトレード量に応じてキャッシュバックを受け取れます。

受け取り方は直接あなたの銀行口座へ振り込むか、XM口座へ現金バックする2パターンです。

どちらも収入になるため所得として課税対象となります。

XM口座上の含み損益は申告するの?

法人なら計上して申告します。

サラリーマンや主婦さん、個人事業主は計上しなくてOKです。

学生でも申告は必要?

XMは満18歳以上でなければFXトレードできません。

よって18歳未満の学生はそもそもFXできないため申告も不要です。

18歳以上の学生(高校生や大学生など)ならトレード可能なので控除額分以上稼いだなら申告しなければいけません。

XM口座から出金しなければ申告不要?

ぶっちゃけXM口座に入れてある状態なら国税や税務署は調べようもありません。

海外企業のXMがたとえ日本の公的機関からの請求だろうと個人情報は渡しませんからね。

よってばれないとは思いますがグレーな感じ。

税務署員や真面目な税理士から見ればNGと判断することでしょう。

きちんと出金して申告していきましょう。

XMで億り人になったときの税金は?億トレーダーの節税対策

XM億り人たちの節税対策

1億円以上稼ぐような億り人トレーダーたちは副業や個人事業主としてトレードしている人は少ないでしょう。

利益1億以上のトレーダーが日本にいるなら法人化して事業規模でやっています。

もしくはFX収益に税金がかからない国(シンガポールなど)へ引っ越しています。

私もいくつかの塾に入っていましたが、そこの塾長たちの多くはシンガポールやマレーシアにいてZOOMなどで動画講義することが多かったですね。

税金対策としては理想形と言えるでしょう。

ちなみにもし日本国内で個人でFXをやっていると、XMで1億円以上稼いだ場合の最高税率は55%です。

年間1億円の利益なら5500万円も税金でとられてしまいますね。

これでは海外へ引っ越すしかないでしょう。

なお日本法人でやっているなら20~30%程度に抑えられます。

これでもFXのタックスヘイブン国に比べると高いですね(汗)

XMで億り人に成って税金ゼロの国に引っ越しましょう!

まとめ

XMで稼いだ利益の税金計算や節税対策について解説しました。

法人以外は雑所得の累進課税として税金が課税されると覚えておきましょう。

利益が大きくなるほど税率が高くなっていくため不満に感じる人も多いと思いますが、だからといって税率の安い国内FXがいいとも言いきれません。

リスクが低く少額でも稼ぎやすいのは海外FXのXMトレーディングです。

とはいえ個人でざっくり700~900万くらいまでの稼ぎならXMのほうがいいですね。