GemForexの口座開設 – 手順や選び方と注意点を解説!

GemForex口座開設方法と選び方 アイキャッチ画像

GemForex(ゲムフォレックス)で口座開設するときの手順を詳しく解説していきます。

これからGemForexでFXされる方はぜひ参考にしてください。

口座開設するだけでもらえるボーナスをもらってさっそくFXトレードしてみましょう!

GemForex口座開設の前準備

必要なもの・こと

  • メールアドレス
  • 身分証明書
  • 住所確認書類
  • 開設する口座タイプの決定
  • 使う取引ツールの決定

メールアドレス

Gmailなどフリーのメールサービスで問題ないので1つアカウントを作っておきましょう。

スマホメールでもいいのですが、トレードするときはパソコンでチャート分析したほうがやりやすいです。

パソコン用のものをおすすめします。

身分証明書

運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなどカラーの顔写真付きのものが使えます。

学生証は使えません。

住所確認書類

公共料金の明細、電話やネット回線代の明細、クレジットカード明細、住民票などが使えます。

明細は自分名義でなければいけないためない人は住民票を使いましょう。

開設する口座タイプの決定

詳細は後述しますが、GemForexで開設できる口座タイプは複数あります。

それぞれ特徴があり仕様が異なるため、自分に合うタイプを選びましょう。

使う取引ツールの決定

GemForexで対応している取引ツールはメタトレーダーです。

対応するメタトレーダーはMT4とMT5の2バージョン。

どちらでもいいのですが決めておきましょう。

FX初心者ならMT5をおすすめします。

初心者でない人は自分なりに使いやすい方を選びましょう。

GemForexの口座タイプはどれを選べばいい?

GemForex口座開設方法と選び方 アイキャッチ画像

口座開設手順を解説していく前に、GemForexで選べる口座タイプ選びでストップしてしまう人もいると思います。

そこでまずは「どのタイプを選べばいいのか?」について紹介していきます。

GemForexには次の3種類(+デモ口座)が用意されています。

GemForexで開設可能な口座タイプ

  • オールインワン
  • ガチゼロ
  • ロースプレッド
  • レバレッジ5000倍(1000口座限定⇒レギュラー入りしました)
  • ミラートレード(2021/10~追加されました)
  • デモ

「デモ」はデモトレードしかできないので稼ぎようがないってことで除外します。

また「レバレッジ5000倍」は限定募集だったため現状では空き枠がありません。
※2022年2月28日から制限なしになりました

5000倍と聞くとなんとなくスゴそうに感じてしまうかもしれませんがかなりクセの強く使いにくいです。

2021年10月に新設された「ミラートレード専用」もミラートレードしかできないため補助的な口座タイプです。

よってFX初心者の方はこの3つ以外の残りから選ぶことになるでしょう。

とはいえまずは各口座タイプの特徴を解説していきます。

オールインワン口座の特徴

  • ボーナスがもらえる
  • 最大レバレッジ1000倍
  • 最低入金額は100円(1ドル)~
  • FX自動売買ツールOK
  • ミラートレードOK(専用口座の登場で非対応になりました)

ボーナスがもらえること、これが最大のポイントです。

最大レバレッジは「ロースプレッド」と同じなので差はありませんが、日本国内のFX業者が最大25倍までなのに比べると大きな差が開いています。

レバレッジ1000倍とは1万円預け入れておくだけで1000万円の注文を可能にするもの。

国内FX業者の25倍設定なら1000万円の注文をするためには40万円ものお金が必要なので雲泥の差です。

より少ないお金で大きなトレードができ切ることから稼ぎやすくなっています。

また最低入金額が低いのもFXを始めるハードルが低くなり初心者にとってはうれしい人も多いのではないでしょうか。

ガチゼロ口座の特徴

完全招待制のため好きなように開設できません。

ガチゼロというだけありスプレッドは0pipsとなっています。

ロースプレッド口座の特徴

  • スプレッドが狭い
  • 最大レバレッジ1000倍
  • ボーナスがもらえない
  • 最低入金額が30万円(3000ドル)とかなり高い
  • FX自動売買ツールNG

スプレッドが狭い=手数料が安いことからスキャルピング手法(頻繁にトレードを繰り返す)を使う人向けで、完全にある程度スキルを持っているトレーダー専用ですね。

FX初心者にはおすすめできません。

また初心者の方が最初から30万円以上入金するのってけっこうハードル高く感じるんじゃないでしょうか。

まずは失ってもそれほどダメージがない5万や10万円くらいを入金しつつボーナスで増やして始めてみる、くらいが安心ですね。

もちろん資金はたくさんあったほうが負ける可能性を低くできるんですが、まだFXを続けられるかどうかも判断できていないと思います。

よって「オールインワン」のほうがいいですね。

ほか「オールインワン」では使えるFX自動売買ツールも禁止されています。

「ロースプレッド」は裁量トレード&スキャルピング手法を使う人に特化した口座です。

ミラートレード口座の特徴

世界のどこかでトレードしているトレーダーの取引をそっくりそのままなぞってくれるミラートレード。

このミラートレード専用になっています。

特徴は万人向けのオールインワンとほぼ同じですが、最低入金額が高め、裁量トレード不可、複数開設できないなどの制約もあります。

ボーナスが欲しい人・FX初心者はオールインワン口座一択!

GemForexオールインワン口座がおすすめの人

GemForexでは入金しなくてももらえるボーナスやジャックポット入金ボーナスなど他社より魅力的なボーナス制度があります。

GemForexの証拠金ボーナス

FX初心者の方ならこのボーナスだけでFXを始めることもできてしまうので経済的に厳しい人でも始められるのが魅力ですね。

現実的にこのボーナスだけで食べていけるほど稼げる可能性は低いんですが、それでも無料で実践経験を積めるのは大きいです。

なおこのボーナスはだいたい2週間ほど続き、その後3日間ほど「1万円ボーナス+100%入金ボーナス」のセットに切り替わります。

これまでの流れを見るとこの周期を繰り返しているようなので、どちらか好きな方を選ぶならタイミングを見計らって口座開設してください。

ジャックポット入金ボーナス

ジャックポット入金ボーナスは毎日抽選が行われ、2~1000%の範囲で当たるもの。

ほかの海外FX業者では見かけないおもしろいボーナス制度です。

入金額10万円分まで提供されるため運が良ければ最大100万円ものボーナスが手に入ります。

なお抽選会に参加するには1日5ロット以上のトレードが必要になります。

ある程度経験を積んだ人じゃないと厳しいのですが、過去の抽選率をみると100%以上の入金ボーナスが当選する確率は半分以上。

チャレンジする価値は十分にあります。

GemForexのボーナス詳細はこちらの記事でも解説しているのでご一読ください↓

本業が忙しく時間がとれない人は自動ツール系も使える

オールインワン口座ではFX自動売買ツールとミラートレードも可能となっています。

本業が忙しい人はこれら2つの無料サービスで稼ぐことも可能です。

FX自動売買ツールは人気ランキングなどを参考に選んで使ってみましょう。

自動売買ツールは自宅のパソコンで稼働させると24時間つけっぱなしになりますが、GemForexはそこも手厚いサービスあり。

24時間365日休みなく稼働し続けられるVPSサービスを無償提供しています。

残高50万以上にしておかないと月額がかかってしまうものの、資金を用意できる人にはおすすめのサービスです。

ミラートレードはプロトレーダーのトレードをそのまま真似てくれる自動ツールのこと。

勝率高いトレーダーを同じ動きをしてくれるのでFXがまったくわからない人でも稼げる可能性があります。

もちろん負ける可能性もあるわけですが、知識や経験がないFX初心者の方にはおすすめです。

プロがどんなときに注文してどうさばいているのか?を勉強できるのもミラートレードの魅力ですね。

スキャルピング手法でトレードしたい中・上級者はロースプレッド口座で!

スキャルピングはGemForexロースプレッド口座

ロースプレッド口座はスキャルピングをやりたい人向けです。

短期間での売買を繰り返すため、ある程度為替チャートを見てどう動くかシナリオを組み立てられないとただのギャンブルトレードになってしまいます。

またシナリオから外れたら損切り(マイナスで決済すること)の判断や実行力も必要になります。

人間は得するより損することを嫌がる性質があるので、FX初心者の方だと損切りができずずるずる含み損が増えていってしまうパターンになりやすいです。

きっと反転するはず・してくれるだろう、なんて希望や願望にすがってしまいがち。

最終的には資金全部を溶かしてしまうことになりかねません。

これについはスキャルピングトレード以外のも当てはまりますが、短期で決断できる判断力は必須なのである程度経験を積んでからチャレンジすることをおすすめします。

ここまででどのGemForex口座を開設するか決まったでしょうか。

ここからは具体的に口座開設する手順を紹介していきます。

間違えやすいポイントに触れつつ解説していくので参考にしつつ進めていってもらえばスムーズに完了できると思います。

GemForex(ゲムフォレックス)で口座開設する手順

口座開設完了までの5ステップ

  1. GemForexへアクセスし「リアル口座開設」ボタンを押す
  2. 口座開設フォームに入力し「口座開設」ボタンを押す
  3. ログイン情報記載のメールが届く
  4. ログインする
  5. 本人確認を済ませれば完了!

画像付きでもう少し詳しく解説していきます↓

ステップ1
GemForexへアクセスし「リアル口座開設」ボタンを押す

GemForex口座開設ステップ1

GemForexにアクセスすると上のようなページが開くので、「リアル口座開設」という目立つ赤いボタンを押しましょう。

公式サイトはこちら
GemForex公式ホームページ

トップページに移っているボクシング選手をあまりよく知らないんですが有名人の方の写真はモザイクをかけさせてもらいました。

どこかで見たことあるなーって顔なんですが思い浮かばない(汗)

誰か気になる人は公式ページでチェックしてみましょう。

ステップ2
口座開設フォームに入力し「口座開設」ボタンを押す

GemForex口座開設ステップ2

最初の入力項目はわずか3つだけ。

入力項目その1「登録種別」

登録種別は「個人口座」「個人事業主口座」「法人口座」の中から自分に合ったものを選びましょう。

入力項目その2「お名前」

お名前はローマ字入力です。

ただし最初に表示されている記入例の「GEM TARO」さんは日本語と並びが一緒で姓→名の順ですね。
(さすがにTAROが姓、GEMが名前ってことはないはず)

サンプルどおりの並びにしておきましょう。

法人の場合は、英語表記にするとこんな感じです↓

  • ○○○ Inc.(大き目な会社で使われることが多い)
  • ○○○ Co., Ltd.(株式会社)
  • ○○○ Ltd.(有限会社はこれが多い)
  • ○○○ Corp.(合弁/合資会社はこれが多い)

私も法人で口座開設したんですが、一人株式会社でも「Inc.」にしちゃってます。

短いので(笑)

GemForexだけでなく他の海外FX業者も「Inc.」で口座開設していますが、特に何も言われないので問題ありません。

なおドットやカンマなどわかりにくいと思うのでコピペしてもらうと確実です。

入力項目その3「メールアドレス」

最後にメールアドレスを入力しましょう。

以下のメールサービスはGemForexからの返信が届かなかったり迷惑メールに入ることが多いようなのでご注意を↓

  • @iCloud.com
  • @hotmail.com
  • @live.jp
  • @outlook.com
  • @knh.biglobe.ne.jpなどのbiglobe.ne.jp

業界シェアも大きいアップルのiCloud.comメールを使う人は多いと思いますが、「@gforex.asia」からのメールが届くように対処しておきましょう。

ちなみに私はGmailを使っていますが普通に受信できています。

もし迷惑メールフォルダに入っていたらGmailの場合ならメールを開いてメッセージ右上にある「迷惑メールではない」を押しておけばOKです。

それ以外のメールソフトは各自設定を済ませておきましょう。

最後に「私はロボットではありません」にチェックを入れると「口座開設」ボタンが押せるようになります。

ボタンを押すとメール送信しましたというメッセージが表示されます↓

GemForex口座開設ステップ2-1

ステップ3
ログイン情報記載のメールが届く

こんなメールが届いているはずです↓

GemForex口座開設ステップ3

パスワードが記載されているので、「マイページログインはこちらから」を押してさっそくログインしてみましょう。

さらに1通目から数分後にログイン情報やサーバー情報が記載された2通目も届きます↓

GemForex口座開設ステップ3-3

PCやスマホアプリの取引ツールでGemForex口座へログインするとき必要になります。

どこか別の保存用メールフォルダを作成して移しておくか、写真を撮る、もしくはメモしておくことをおすすめします。

削除してわからなくなってしまったらGemForexサポートへ問い合わせましょう。

ステップ4
ログインする

GemForex公式サイトに再度アクセスしてメール記載の情報でログインしましょう。

すると最初のページにこんなメッセージが表示されているので手続きを進めていきます↓

GemForex口座開設ステップ4

「こちら」を押すと本人確認書類の提出ページが開きます。

ステップ5
本人確認を済ませれば完了!

個人向け口座開設の場合

  1. 提出する身分証明書を選択
  2. 身分証明書(表)をアップロード
  3. 生年月日と身分証明書IDの入力
  4. 身分証明書(裏)をアップロード
  5. 身分証明書と自分の写ったセルフィー写真をアップロード
  6. 住所証明書(表)のアップロード
  7. 住所証明書(裏)のアップロード

以上を済ませて「上記内容にて送信する」ボタンを押すと審査してくれます。

無事送信できるとメッセージウィンドウとメールでお知らせしてくれるんですが、ブラウザによっては反応が遅かったりします。

私は連打してしまった結果、完了メールが8通も届いてしまいました(汗)

押すのは1回だけにしておきましょう。

法人口座開設の場合

  1. 提出する身分証明書に法人証明書を選択
  2. 登記簿謄本をアップロード

法人の場合、書類提出ページでできることはこれだけです。

が、私の場合はあとで個人の身分証明書も提出することになりました。

以上で審査が通過すれば口座が有効化されて開設完了となります。

オールインワン口座なら開設ボーナスが反映されているので確認してみましょう。

お疲れさまでした!

GemForex公式はこちら

GemForex口座を有効化するときの注意点

身分証明書で使えるもの

  • 運転免許証
  • パスポート(2020年2月4日より前に発行されたもの)
  • マイナンバーカード
  • 住所基本台帳カード
  • 船舶操縦免許証
  • 在留カード

提出時の注意点

  • 写真が掲載されているか
  • 有効期限は切れていないか
  • 口座開設時の入力内容(氏名)は同一か
  • セルフィー写真は身分証明書の文字が読めるか

これらに気を付けて書類をアップロードしましょう。

写真なしのものは本人かどうか確認できないため使えません。

また口座開設時の入力で名前を間違えていると審査に通らないのでサポートに問い合わせましょう。

セルフィー写真は古いスマホのインカメラで撮影する自撮りモードだと画質が悪いこともあります。

そういう場合はだれかに撮ってもらいましょう。

住所証明書で使えるもの

  • 公共料金の領収書・明細書
  • クレジットカード明細
  • 携帯の明細・請求書
  • 住?票
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード
  • マイナンバーの通知カード

提出時の注意点

  • 住所と氏名が確認できるか
  • 文字が読める画質かどうか
  • マイナンバーの番号部分は念のため隠しておきましょう

クレジットカード明細はWEB明細だと肝心の住所が載ってないものもあります。
(私の場合はエポスカードの明細が載っていませんでした)

住所がないと証明にならないのでご注意を。

またあくまで身分証明書の住所にちゃんと住んでいるのか?を確認するための書類なので、マイナンバーカードの番号まで教える必要はありません。

気になる人は隠しておきましょう。

本人確認の審査時間はどれくらいかかる?

審査完了までの時間は1時間~2営業日くらいの間ですね。

GemForex日本語サポートのいる10~17時の間で余裕をもって早い時間に送信すれば審査も早めにしてくれる可能性が高いです。

ただ混雑状況によるので目安程度に思っておいてください。

オールインワン口座に人はボーナスの反映をチェック!

無事本人確認が終わったらあなたの口座に入金不要ボーナスが反映されています。

さっそくFXトレードを始めてみましょう!

もしボーナスが入っていないときは次の原因を疑ってみてください↓

入金不要ボーナスが反映されていないときの原因は?

  • オールインワン口座以外を開設している
  • 本人確認が済んでいない
  • ボーナス付与の期限オーバー
オールインワン口座以外を開設している

このボーナスはオールインワンとミラートレード口座が対象です。

ガチゼロ・ロースプレッド・レバレッジ5000倍・デモ口座では付与されません。

本人確認が済んでいない

また本人確認が完了し口座が有効化されて初めて残高に反映されます。

もし入力内容と身分証明書の内容が異なっているなどトラブルがあった場合は審査が完了しないのでご注意を。

ボーナス付与の期限オーバー

最後は適用される期限について。

入金不要ボーナスは口座開設の申し込みをしてから30日以内に本人確認を済ませなければいけません。

あとでいいや、と後回しにして忘れてしまうと二度と貰えないのですぐに手続きを済ませてしまいましょう。

定期開催されている3日間のキャンペーンに注意!

GemForexの入金不要ボーナスは常時開催ではありません。

毎月2回、3日間だけ開催される「1万円+入金100%ボーナス」キャンペーンに切り替わります。

この間に口座開設すると入金不要ボーナスは1万円だけなので気を付けましょう。

こちらのボーナスの方がいいなら問題ありませんが、開設ボーナスが目的の人は期間が終わるまで少しの間待ちましょう。

以上でGemForexの口座開設で困りそうなポイントはほぼ解説してきました。

これ以外にもし不明な点があったらGemForexサポートに問い合わせてください。

最後にGemForex口座への入金方法も紹介しておきます。

開設ボーナスだけでもトレードできますが、大きく稼ぐことはまずできないでしょう。

やはりある程度の軍資金は必要になります。

なので生活に支障がない範囲で手持ちのお金を入金してから始めることをおすすめします。

GemForex口座への入金方法

GemForex口座開設 入金方法

GemForexで対応する入金手段一覧

GemForex公式サイトの案内では次の入金方法が紹介されています↓

  1. 銀行送金
  2. クレジット決済(Visa/Master/JCB/AMEX/DINERS/DISCOVER)
  3. PerfectMoney
  4. ビットコイン
  5. イーサリアム
  6. ZOTAPAY(Master/JCB/中国国内銀行)
  7. 【メンテナンス中】PayPal
  8. 【メンテナンス中】MegaTransfer
  9. 【メンテナンス中】PAYEER
  10. 【メンテナンス中】UnionPay, 中国国内銀行, Wechat
  11. 【メンテナンス中】bitwallet
  12. 【メンテナンス中】STICPAY
  13. 【メンテナンス中】fastpay(中国国内銀行)

ライバル他社に比べてかなり多いんですが、いまでも使えるのは6種類だけですね。

仮想通貨2種類やPerfectMoney、ZOTAPAYなどの口座を持っている人はそれを使ってもいいんですが、多くの人はクレジットカードや銀行送金での入金になると思います。

そこで銀行送金とクレジットカード入金の手順を解説していきます。

GemForex口座へ入金する手順

銀行送金の手順

  1. GemForexマイページ「ご入金」を押す
  2. 振込先のGemForex口座と金額を入力する
  3. 届いたメールにある振込先口座へ入金する

スマホやATMで振込する時に1つだけ注意点があります。

「依頼人」名の末尾にGemForexの口座番号を追記してください(備考欄でもOK)。

追記を忘れた場合はもう一度入金依頼すれば処理してくれます。

また銀行送金依頼の有効期限は10日間です。

それまでに手続きを済ませましょう。

クレジットカード入金の手順

  1. GemForexマイページ「ご入金」を押す
  2. 振込先のGemForex口座と金額を入力し「入金はコチラ」を押す
  3. クレジットカード情報を入力し「決済確認」を押す

こちらのほうが手っ取り早くFXを始められます。

最低入金額や手数料、反映時間など詳細はこちらの記事で解説しています↓

GemForex入金時に知っておきたいこと

  • 名義は同じでなければいけない
  • 入金時に発生した手数料の払い戻しは申請が必要
  • マネーロンダリングの疑いがある使い方はできない

名義は同じでなければいけない

GemForex口座の名義と銀行口座やクレジットカードの名義は同じでなければ入金できません。

別人の名義から入金されるとすぐに差し戻しされます。

入金時に発生した手数料の払い戻しは申請が必要

GemForexは入金時の手数料がかかりません。

ただし銀行送金などの振込手数料はGemForex側でわかりません。

マイページから

  • 発生した手数料の金額
  • 振込人の名前
  • 日付が分かる画像

の3点を「振込手数料返却申請」ページで送信しましょう。

なお2回入金したら合算せずそれぞれ別々に申請しなければ受け付けてもらえないので注意してください。

マネーロンダリングの疑いがある使い方はできない

入金した金額分を出金する場合、手段は同じものに限定されます。

マネーロンダリング(資金洗浄)を防ぐためですね。

クレジットカード入金した場合も入金額分はクレジットカードに払い戻しされる感じです。
(一定期間経過した場合は別)

GemForex口座で稼いだ利益分なら問題ありません。

GemForex公式はこちら

まとめ

GemForex(ゲムフォレックス)の口座開設完了までの手順を詳しく解説しました。

手続きそのものは簡単ですが、氏名がローマ字表記なのは海外FXならではですね。

また本人確認でつまづくパターンもあるので、有効期限が切れていないか、写真は鮮明に写っているかなど確認を忘れずに!