スティックペイ(STICPAY)対応の海外FX一覧 – 使うメリット・デメリットも解説

スティックペイ(STICPAY) アイキャッチ画像

スティックペイ(STICPAY)というのは国際決済サービスの1つです。

オンライン上でウォレットを作って海外送金できます。

通常海外送金をするときには結構時間がかかるのですが、スティックペイ(STICPAY)を使用すれば時間短縮できるのが強みです。

さらにうまく利用すれば手数料を抑える事も可能です。

そんな海外決済サービス「スティックペイ(STICPAY)」に対応する海外FX業者と、使うメリット・デメリットをまとめました。

スティックペイ(STICPAY)対応の海外FX業者

以下の海外FXで入金手段として使えます。

  • XMトレーディング
  • GEMFOREX
  • TitanFX
  • AXIORY
  • FXGT
  • iFOREX
  • exness
  • Land-FX

日本で一番人気のXMトレーディング、次に人気のGemForex(ゲムフォレックス)で使えるため実際の数値はわかりませんが日本人ユーザーもかなりいるものと思われます。

スティックペイを使いたい人はこれら海外FX業者を利用しましょう。

おすすめの海外FXを簡単に紹介しておきます。

XMトレーディングの特徴

XMのロゴ画像 スティックペイ

  • 日本人の口座開設数No.1
  • 過去の実績から信頼性が高い
  • 入金不要ボーナスあり
  • 独自のポイント還元制度あり

日本で一番利用されている海外FXです。

FXトレード時の手数料(スプレッド)や一度に注文できる最大数(ロット)などは後発の海外FXに負けている部分もありますが、お金を預ける以上安全性の方が大事です。

多少劣ると言ってもたいした差ではありませんし、年間数百万以上稼ぐようなトレーダーでなければ気にならないでしょう。

信頼性・安全性を含めればXMがおすすめです。

またFX初心者にうれしい入金不要ボーナスも出していますし、100%入金ボーナス(最大5万円)も利用すれば少ない資金でもトレードしやすくなるでしょう。

ほかトレードするたびにもらえるポイント還元制度もあり安全性だけでなく資金面でも使いやすい海外FX業者です。

GemForexの特徴

GemForexのロゴ画像 スティックペイ

  • 初期にもらえるボーナスが多い
  • ジャックポットボーナス制度あり
  • 日本人向けサービスが充実

FX初心者がスタートしやすいよう初期のボーナスが多めになっている海外FX業者です。

XMが3000円なのに対しGemForexは1万円以上もらえるためとりあえずFXを体験してみたい人にはおすすめ。

また入金ボーナスも充実しています。

1日5ロット(ロットは注文単位)取引すればジャックポット抽選券がもらえるため、2~1000%の間で入金ボーナスがもらえるチャンスあり。

5ロット取引は初心者にとってハードル高めなのでおまけ的なものではありますが、ある程度FXに慣れてきた後でなら有効活用できるでしょう。

ちなみにGemForexは経営トップに日本人が多いため、サービス内容が日本人向けになっている傾向が見られます。

その辺の影響もあり日本人好みのサービスを受けられるでしょう。

 

ここまでスティックペイ対応の海外FX業者を紹介しました。

つづいてスティックペイの特徴や使い方、利用するメリットとデメリットについて解説していきます。

スティックペイ(STICPAY)とは?

STICPAY対応海外FX

スティックペイが使える海外サービス

スティックペイは海外FXだけでなくオンラインカジノやブックメーカーなどほかの海外サービスでも対応しているところが多いです。

海外FX以外のサービスも利用する人はよりメリットを感じられるでしょう。

スティックペイなら海外サービスへの送金が簡単

スティックペイのメリットはプリペイドカードを発行してもらえば、日本の銀行やコンビニATMなどで出金が可能なところです。

日本人でも海外への送金が簡単になるサービスなので1つ作っておくとライフスタイルが変化します。

スティックペイの信頼性は?

世界トップクラスに審査が厳しいと言われるイギリスの金融ライセンス「FCA」を取得しています。

これだけでも十分信頼できるでしょう。

なおスティックペイサービスは2017年からスタートしたもので運営会社の歴史は浅めです。

ですが会社はイングランドのプロサッカーリーグに参加しているチームとスポンサー契約を行っています。

世界各国のエキスポにも参加しているので信頼性は高いです。

また公式サイトやアプリなどは完全日本語対応になっているので、日本人を意識したサービスを展開しています。

ただ日本語にしているってだけではないので日本語も怪しいものではないです。

カスタマーサポートも用意されています。

カスタマーサポートは完全日本語対応なので不自然さがなく日本人でも使いやすいです。

対応も丁寧でレスポンスも早いのでわからないことやトラブルが起こっても安心できるでしょう。

ちなみにサポートは質問全般を問い合わせできるフォームと口座や入出金についてで分かれています。

私もスティックペイカードを作成するときに何度か問い合わせてみましたが、ごく普通に丁寧な日本語でスピーディーなやりとりだったので問題解決も早かったですね。

スティックペイの手数料はいくらくらい?

スティックペイで対応する決済手段別に一覧表にしました。

入金時の手数料(ドル=USD/米ドル)

入金手段手数料反映時間最低額
カード決済3.85%即時1000円
国内銀行送金2%1~2営業日5000円
海外銀行送金1%3~5営業日100ドル
仮想通貨1%20分以内5ドル
Unionpay4.5%即時100ドル

簡単便利なクレジットカード(デビットカード)はさすがに手数料が高めです。

すべてパーセンテージで計算されるため金額の大小に関係なく均等に加味される感じですね。

とはいえ銀行送金は振込手数料も含めればもう少し高くなります。

とはいえ金額が大きいときは銀行送金がおすすめですね。

なおスティックペイは仮想通貨(ビットコイン/イーサリアム/ライトコイン)でも入金できます。

すでに保有している人は手数料を安くできてお得です。

また海外FXでは仮想通貨入金に対応していないところもあります。

スティックペイを利用すれば仮想通貨で海外FX口座に入金できる点もメリットと言えるでしょう。

出金時の手数料(ドル=USD/米ドル)

出金方法出金手数料反映時間最低額
スティックペイカード1.3%30分程度
国内銀行送金800円
+出金額の2%
1-2営業日3000円
海外銀行送金出金額の5%
+別途手数料
3-4営業日100ドル
仮想通貨(BTC)1%1営業日ほどなし
仮想通貨(ETH)1%1営業日ほどなし
仮想通貨(ライトコイン)1%1営業日ほどなし

スティックペイ口座からあなたの口座やATM出金時の手数料は固定ではありません。

パーセンテージで計算されるため金額に関係なくとられます。

できるだけ手数料を安く下なら仮想通貨がおすすめ。

ですが仮想通貨取引所側での手数料もかかってくるためスティックペイカードが有利ですね。

なお海外FXでは直接銀行口座への出金しかできないところもあります。

その場合は利用している海外FX業者の手数料となります。

入出金の手数料はほかの海外決済サービスより高め

海外FXでよく使われているオンライン決済サービスは複数ありますが1番人気は「bitWallet(ビットウォレット)」です。

シェア的にbitWalletが1位でスティックペイは2位ですね。

そうなる理由の1つに手数料の高さがあります。

出金に関してはSTICPAYだと出金額の1.5%プラス800円かかります。

bitWalletなら約800円ですし、他のオンラインウォレットでも一律800円で対応してくれるところもあるんですよね。

大金を出すときほど指定金額の1.5%もの手数料がとられるスティックペイは不利になります。

ただし9000円以下の低額出金をするのならスティックペイはお得です。

9000円未満だと手数料を抑える事ができます。

これから本サービスを使いたいのなら使い方を知っておきましょう。

スティックペイの使い方・口座開設方法

スティックペイ口座の開設手順

  1. スティックペイ公式を開く
  2. 「会員登録」を押す
  3. 入力欄を埋め「次へ」を押す
  4. SMS認証を済ませる
  5. 二段階認証を設定する
  6. 本人確認書類を提出する

まず最初に口座開設をしなければいけません。

公式サイトに行き必要事項を記入すれば完了です。

これは3分程度で終わるので時間はかかりません。

次に本人確認を行う必要があるのですが、免許証やパスポートなどのデータが必要です。

スマホなどで本人確認証の写真を撮影して画像データを送りましょう。

早ければ数分から数時間で認証されます。

スティックペイ口座への入金手順

どの方法も似たようなものなのでここではクレジットカードを例に解説していきます。

クレジットカードの場合

  1. (カード利用時のみ)カードを登録する
  2. 入金→クレジットカードページを開く
  3. 入金先ウォレットを指定
  4. 金額を指定
  5. Nextボタンを押す
  6. カード番号などを入力し申請する

本人確認が済んだら次はクレジットカードやデビットカードの登録をします。

スティックペイにログインしてメニューにある「入金」→「クレジットカード」のページでカード画像をアップロードしましょう。

数時間から2営業日ほどで承認されるはずです。

基本的にスティックペイは事前登録したカードしか使えないルールがあるので注意が必要です。

登録したカードで入金ができたら使いたいサイトに送金をしましょう。

ちなみに登録するときには本人の名前や生年月日、メールアドレスを入力します。

他にも電話番号認証をしなければいけないので携帯電話は必須です。

スティックペイの出金手順

ここでは国内銀行送金利用時をサンプルとして解説していきます。

国内銀行送金で出金する流れ

  1. 銀行口座を登録する
  2. メニューから出金→国内銀行送金を押す
  3. さっき登録した銀行口座を指定
  4. ウォレットを指定
  5. 金額を指定し「次へ」を押す
  6. 二段階認証を済ませる
  7. 送信を押せば完了

スティックペイにログインしたらメニューの出金→国内銀行口座管理ページを開きます。

ここであなたの使う口座情報を入力し登録しましょう。

海外FXでは入金額のみで利益の出金をスティックペイ口座へできないところもあるので注意しましょう。

スティックペイを便利に使う方法

より賢くスティックペイを使う方法はいくつかあります。

例えば1つのアカウントがあれば複数の通貨を管理できます。

そこで日本円専用の口座や米ドル用のアカウントなどを作っておくと便利です。

また用途別に使い分けるなどをすると資金管理も行いやすいのでおすすめです。

スティックペイカードがあればコンビニATMで引き出し可能

スティックペイのカード

基本的にスティックペイカードは一人に付き1枚まで発行されます。

そのため新しいカードを手に入れたら、新規口座に紐付けされるので注意しておきましょう。

口座で利用する通貨ですが日本円よりも香港ドルがおすすめ。

香港ドルを活用すると手数料を抑えられます

出金をするときにスティックペイを頻繁に使う予定なら香港ドルにしておきましょう。

本サービスでは口座からカードへチャージをするときには手数料がかかります。

口座開設後に使用する通貨を選択するときに香港ドルにしておきます。

余計な為替手数料を回避できるので日本円よりもお得に利用できるのが強みです。

スティックペイは法人でも作成可能?

マーチャント(加盟店)登録すればOK

実はスティックペイは法人で利用するときマーチャントのみに限定されます。

そのため法人口座が開設できないので注意しておきましょう。

マーチャント登録とは加盟店登録のことです。

電子決済サービスとして導入できる仕様をしています。

ただ本サービスを利用するにあって弁護士に頼み法律意見書を提出する必要があるので気をつけましょう。

ちなみにマーチャント登録をする場合は株主と代表者のパスポートなどが必要です。

さらに会社の住所証明書なども提出します。

海外FXでスティックペイを利用するメリット・デメリットまとめ

海外FXで使うメリット

  • 稼ぎをATMで簡単に引き出せる
  • クレジットカードで入金できる
  • 海外FX口座への入金処理が早い
  • 仮想通貨でも入金できる
  • 一元管理できる

稼ぎをATMで簡単に引き出せる

スティックカードがあればコンビニATMで簡単に出金できます。

日本円はもちろん、仮想通貨で保管しているときでも円で出金できるのは結構便利です。

クレジットカードで入金できる

スティックペイではVISAとMasterCardブランドのカードが使えます。

手数料がほかの決済手段より割高ですが、すぐ反映されるためスムーズに海外FX口座へ入金できるのがありがたいですね。

とはいえほとんどの海外FXはVISAとMasterCardでのカード決済に対応しています。

この2ブランド非対応の海外FX業者を使うときならメリットと言えるでしょう。

海外FX口座への入金処理が早い

スティックペイから海外FX口座への入金はかなり早いです。

すぐFXトレードしたい人はおすすめです。

ただし事前にスティックペイ口座を開設し入金までしておかなければいけないため、すでに口座を保有している人向けですね。

仮想通貨でも入金できる

仮想通貨非対応の海外FXへ間接的に仮想通貨入金できます。

仮想通貨なら手数料も安いのでビットコイン、イーサリアム、ライトコイン保有者にはメリットと言えます。

一元管理できる

スティックペイは海外FXだけでなくいろいろな海外サービスが対応しています。

それらを使うときのお金の管理をまとめるときに活躍してくれるでしょう。

海外FXで使うデメリット

  • 事前に口座開設が必要
  • 事前に入金が必要
  • カード入金対応ブランドが少ない
  • 出金手数料がほかの決済サービスより高め
  • XMでは利益を出金できない

事前に口座開設が必要

海外FXへ直接カードや銀行送金したほうが早いです。

スティックペイを使うにはアカウント開設して本人確認を済ませ、カードや銀行送金で入金しておかなければいけません。

1日では終わらない可能性もあるので面倒に感じる人もいるでしょう。

すぐFXトレードしたい人は直接海外FX口座へ入金できる決済手段をおすすめします。

事前に入金が必要

上の項目と同じですが、事前にスティックペイ口座に入金しておかなければいけません。

その時の手数料もかかってしまうため海外FX口座への入金だけが目的ならスティックペイ以外の決済手段をおすすめします。

カード入金対応ブランドが少ない

スティックペイ口座への入金はVISAかMasterCardブランドだけが使えます。

日本でシェアの大きいJCBのほか、アメックスやダイナース、ディスカバーなどのカードブランドは使えません。

一例として海外FX「XM」ではJCBカードでの入金も可能ですしVISAとMasterCardも対応しています。

わざわざスティックペイを経由するメリットもないでしょう。

出金手数料がほかの決済サービスより高め

海外FXではbitWalletやBXONEといったほかの決済サービスにも対応しているところが多いです。

それらに比べると手数料が割高なのでATM出金できるスティックカードを持っている人でもなければこの手段を選ぶメリットは少ないでしょう。

XMでは利益を出金できない

海外FX「XM」のように入金した分だけしかスティックペイに出金できないところもあります。

利益分は銀行口座への出金のみなので使い勝手はイマイチですね。

スティックペイ(STICPAY)がおすすめな人

これまでの解説からスティックペイがおすすめの人は以下のとおりです↓

  • ATMで出金したい人
  • 複数の海外FX業者を一か所で資金管理したい人
  • 海外の銀行口座(香港ドル)を使っている人

現金を少しでも早く手元に持ってきたい人はスティックペイカードを使ったATM出金がおすすめです。

ネットバンク口座を持っているならキャッシュカード対応のATMを使えば同じくらい早くゲットできるでしょう。

なおスティックペイは香港のサービスなので香港ドル口座を持っている人なら有利な環境で利用できます。

とはいえほとんどの人は日本円口座だと思うのでネットバンク口座での利用がおすすめですね。

まとめ

海外とのお金のやりとりがスムーズにできる電子決済サービス「スティックペイ(STICPAY)」対応の海外FX業者や使い方について紹介しました。

私も1つ口座を作ってスティックペイカードを作成してみました。

海外FXからの出金だけでなくビットコインを現金化するときなどにも便利なのでおすすめですよ。