MT4とMT5の違いは?FX初心者にはどっちがおすすめ?

MT4とMT5はどっちがいい? アイキャッチ画像

MT4もMT5とはメタトレーダーの略称でバージョン4と5の違いがあり、どちらもロシアのメタクオーツ社が開発した高機能トレードツールです。

そして私がメインで利用している・過去利用していたFX自動売買ツールもすべてMT4対応のものとなっています。

数字が大きい=新しいバージョンのMT5があるにもかかわらず今も現役どころかメインとして使っていたりします。

私の知り合いのトレーダーもほぼMT4ばかりですね。

ではMT5は何が変わり違いはなんなのか?

なんで古いMT4ユーザーが多いのか?

それら点を踏まえつつそれぞれの特徴や違いを解説していきます。

\ここから登録で(今だけ)軍資金13000円プレゼント!/

XM口座開設はこちら(無料)

パソコン版のMT4とMT5の違いを比較

まず結論から言うと、これからFXを始める方はどちらでもいいです。

違いはいろいろありますがどっちも無料なので両方試せばいいだけです。

またどっちかしか使えないってこともありません。

「へ~そんな違いがあるのね」と軽い気持ちで読んでもらえれば幸いです。

MT4の特徴

MT4ロゴ

MT4は世界中に愛用者がいるFXツールのひとつで、さまざまな特徴があります。

優れたチャート機能が標準で装備され、プログラミングによって独自のインジケーターを使えます。

MT4 インジケーター

高度な分析ができ、EA(FX自動売買ツール)を入れれば自動売買も任せられます。

50種類以上のテクニカル指標を装備しているMT4は、外部のインジケーターを使わなくても十分な分析が可能。
※インジケーターはチャート分析を助けてくれるツール

水平線やトレンドラインなど基本的な描画機能があり、さらにテキストも入ります。

チャートのデザインも自由なので、トレーダーは自分だけのトレード環境を簡単に作れるのも便利です。

チャートの上からワンクリックで注文でき、分析中のチャート上で注文を処理できるのでタイミングを逃さずトレードできます。

別のツールを利用すれば自動売買ツールやインジケーターも自作可能

EAと呼ばれている自動売買プログラムは、プログラミング技術がある人なら自分で作成も可能。

メタエディターと呼ばれるツールを使えば、簡単にプログラムを組んで自作のEAが作れます。

ネット上には無料配布している方も多いですね。

開発言語はC言語ベースのMQL4で、MQL4の知識があればオリジナルのEA作成やインジケーター作成が可能です。

自動売買プログラムを利用すると、パソコンの前に張り付いて画面を見続ける必要がなくなります。

手動でトレードをしている場合、トレードサインが出たときに成功注文をいれるにはチャートに張り付いている必要があります。

手動でのトレードを続けている場合は、チャートを見ていないときに絶好のチャンスを逃すリスクがあります。

EAによる自動売買なら、チャートを監視しなくてもトレードサインが出れば自動で取引をしてくれます。

無駄な時間を省いて独自のトレードスタイルを構築できるので、自動売買プログラムを利用しているトレーダーは多いです。

プログラミング知識がない場合は、インターネット上に公開されている無料EAや有料EAの中から好みのEAを入手しましょう。

非常に多くのツールがあるので、初心者の場合は探すのに苦労すると思います。

基本的に高評価のツールを使っていれば問題ないですが、どんなツールでも資金がなくなる可能性はゼロではないので注意しましょう。

EAは自分のライフスタイルの中にFX投資を無理なく組み込める便利なツールですし、自動売買だとトレーダーの感情が入らないので投資行動の改善にもつながります。

自動売買ツールのバックテスト機能も搭載

自動売買を行う場合は、過去のデータをベースに収益をテストするバックテストをしておくと信頼性が高くなります。

MT4には優れたバックテスト機能があり、パラメーターの最適化も可能です。

自動売買の成績を上げるためには、パラメーターの最適化が重要な作業ですね。

つづいていまいち浸透してる気がしないMT5の特徴について。

MT5の特徴と違いについて

MT5ロゴ

2010年にリリースされたMT5は4の進化版です。

あまり機能にこだわらず使うFX初心者なら快適性の高いこちらをおすすめします。

第5バージョンと第4バージョンには、様々な違いがあります。

動作スピードが早い

MT5の方が動作スピードが優秀な点は大きな違いですね。

時間足の表示が多いのでチャート分析の面でも有利です。

対してMT4はメモリの消費量が少ない反面、動作スピードは若干遅くなります。

便利な機能がたくさん搭載されている

ナビゲーターウィンドウや気配値が便利で使いやすいです。

通貨ペアリストに加えてプライスボードや詳細も見られます。

詳細タブを開くと選択した通貨の安値や高値、直近の価格をチェックできるので便利です。

プライスボードタブを開けば、登録した通貨をワンクリックで注文できます。

EAやインジケーターを表示させるときに使うナビゲーターウィンドウも違い、MT5の方が使い勝手が良いです。

MT5利用者のシェアは多い?

リリース当初から数年はMT4から移行するトレーダーは少なめでした。

それからFX業者がMT4非対応になるなどまって多少シェアに影響したようですが、海外FX業者は現在でもバージョン4に対応していることが多いです。

それだけ使い続けている人がいるってことですね。

ではなぜMT5に移行しないのでしょうか。

私が知る範囲内での話ですが、いままでいろいろなサイトやサービス、知人トレーダーたちがMT5を推奨しているの例をあまり見かけません。

その理由には以下のものが考えられます。

MT4のほうがツール類が豊富

カスタムインジケーターやEAの種類は、MT4の方が圧倒的に多いです。

となると利便性の面でMT5は劣ってしまいます。

じゃあ互換性を持たせればいいって話ですが、たいていのツール類はMT5で使えなくなります。

サポートが終了しても特に問題なく使えている

開発会社によるサポートは終わっているMT4ですが、いまでも何のトラブルもなく使えています。

安定性が高いため私自身もわざわざ移行する必要性を感じません。

そういったトレーダーがまだまだ多いのでしょう。

海外FX関連サイトでMT5紹介事例が少ない

ネット上にはメタトレーダーの使い方を紹介するサイトが数多く存在していますがMT4を利用して紹介していることが多いです。

海外FX利用者はMT4がまだまだ多いからと言えるでしょう。

となるとわからないことがあってもMT5ではすんなり解決できないかもしれません。

パソコン版のおすすめはどっち?

ここまで解説してきた理由から、これから海外FXを始める人は便利なツール(インジケータ)がたくさんあり情報もネット上に豊富にあるMT4をおすすめします。

あとはどこの業者にするか?ですが、たいてい口座開設したFX業者が自分のところ用にカスタマイズしたMT4を無償提供しています。

なので専用ページからダウンロードしてインストールしましょう。

ただMT4自体はどこの業者のものでも大きく変わりません。

よく利用されているのを見かけるのはXMトレーディングのMT4かFXCMのものですね。

XMはこれからFXを始めるのにもおすすめなので口座開設してMT4をダウンロードしてみてください。

公式サイト
XM公式はこちら

口座を開設する際の料金や維持費は一切かからないので、気軽に開設できます。

海外のFX業者ですが、入金はクレジットカードが銀行振込対応なのでサクッと済ませられます。

スマホアプリ版MT4とMT5の違いを比較

MT4とMT5アプリ版の違い

どちらのスマホアプリ版もiPhoneやアンドロイドスマホ版がリリースされています。

iPadやアンドロイドタブレットも同様です。

2つの大まかな違いは対応するFX業者数や表示形態ですね。

ではMT4とMT5それぞれの特徴を簡単に解説していきます。

スマホアプリ版MT4の特徴

  • 対応する海外FX業者が多い

1998年に日本でFXがスタートしました。

そして2005年にメタトレーダーが誕生。

それ以来数多くのFX業者が対応してきたMT4ですが、国内業者は非対応になっているところも多いです。

ただし海外FXはMT4がまだまだメインになっている印象ですね。

スマホアプリ版MT5の特徴

  • アプリ内の表示方法が充実している

新バージョンだけあってアプリ内の機能が充実しています。

動作速度の向上、通貨ペアの情報、インジケーターウィンドウの表示サイズ、ポップアップメニューあり、オブジェクト利用時の履歴リスト、注文方法の種類が多いなどパワーアップしています。

初心者ならこちらを選んだほうが快適に使えますね。

どちらも操作方法に大きな違いはありませんが、最初からこちらに慣れておいた方がいいでしょう。

2つのスマホアプリの違いまとめ

  • 対応する海外FX業者
  • 通貨ペアの詳細表示
  • インジケーターウィンドウのサイズ調整機能
  • ポップアップメニューもある
  • オブジェクト利用時に履歴表示あり
  • 注文方法の数

2つのスマホアプリ版の違いはこんなところです。

海外FXを使うのであればどちらを選んでも問題ありません。

スマホアプリ版のおすすめはどっち?

これからFXをスタートする初心者ならMT5、昔からMT4を使ってきた人はそのままMT4でいいですね。

といってもスマホアプリ版でのチャート分析はかなり難易度高いです。

画面サイズも小さくラインも引きにくいですね。

中級者以上の方はこのページにアクセスすることはまずないと思いますが分析はパソコン版でやっているはず。

となると必然的に同じバージョンをインストールすることになります。

そうしないと口座にログインできませんからね。

というわけでおすすめは現在の環境に依存します。

MT4とMT5それぞれへの移行方法

パソコン版の移行方法

  1. 使っているFX業者公式サイトへアクセス
  2. 追加口座を開設するとき移行したいバージョンのMTを選ぶ
  3. 元口座の資金を追加口座へ移行
  4. 業者公式サイトから移行バージョンのMTをダウンロード
  5. パソコンへインストール
  6. 追加口座へログイン

やることは移行したいバージョンのMTで追加口座を開設することと移行バージョンのMTをインストールしてログインすることですね。

共存できるので以前のバージョンをアンインストールする必要はありません。

ちなみに同じバージョンでもインストール先を違うフォルダにすれば2つまでインストール可能です。
(3つ以上はやったことありませんが確か2つまでだったはず)

スマホアプリ版の移行方法

  1. 持っている口座のFX業者ホームページを開く
  2. 追加口座を開設(開設時に移行先VerのMTを選択)
  3. 元口座から追加口座へ資金を移行
  4. アプリストアから移行Verのアプリをインストール
  5. 追加した口座へログイン

スマホアプリ版もパソコン版と同じく移行バージョンのMTを選んで追加口座を開設し移行バージョンのアプリでログインするだけ。

違いはダウンロードする必要がない点。

その分スマホの方が簡単です。

なおFX業者によっては独自のアプリをリリースしていることもあります。

そのアプリがどちらのバージョン対応なのか?も注意しましょう。

たとえば海外FX「XMトレーディング」の専用アプリはMT5版しかありません。

となると追加口座もMT5で開設することになります。

MT4とMT5のQ&A

MT4とMT5のQ&A

  • MT4からMT5に変換は可能?
  • 互換性はある?
  • 共存は可能?
  • EA(FX自動売買ツール)の違いは?
  • FX初心者はどっちがおすすめ?

MT4からMT5に変換は可能?

インストールしてあるツールを違うバージョンへ変換することはできません。

スマホアプリも完全に違い、別物なので変換できません。

互換性はある?

それぞれで開発言語が違い互換性があるわけではないため新たにツール本体をインストールすることになります。

パソコンやスマホのOSバージョンアップみたいに簡単にできる印象を持っているかもしれませんが、そもそもMT4とMT5は開発に使われたプログラム言語が違います。

MT4はMQL4、MT5はMQL5というプログラム言語が使われているんですよね。

よって互換性はまったくありません。

またツール本体と同じくMT4で使えるインジケータもMQL4で開発されるためMT5では使えません。

逆も同様です。

メタトレーダーの開発元は早くMT5を普及させたいようですが、このプログラム言語環境の違いからMT4を使い続ける人(使うしかない人)も多くなかなか移行が進まないのが現状だったりします。

互換性があったらよかったんですけどね。

共存は可能?

何の問題もなく共存可能です。

上で触れたようにパソコン版は開発環境が違うため互いに干渉することもなく独立したプログラムとなっています。

両方をインストールしてしまっても何ら問題ありません。

それどころかFX業者がそれぞれ出しているMT4やMT5を全部共存させることもできます。

インストール先フォルダが違うからですね。

さらに同じ業者のMT4/MT5もインストール先のフォルダを分ければ2つまで共存できます。

別にやる意味はありませんけどね(汗)

ただ複数口座持っているときはそれぞれの口座でログインしておけばスムーズにトレードできます。

1つだけだと毎回ログインし直さなければいけないので注文したいタイミングでスムーズに切り替えられません。

なおスマホアプリ版もMT4とMT5やFX業者がリリースしている取引アプリなどを共存できます。

パソコンのように同じものを2つインストールすることはできませんが共存に関してはとくに問題ありません。

EA(FX自動売買ツール)の違いは?

EAとはFX自動売買ツールのこと。

そしてEAはインジケーターのことです。

インジケーターはMT4やMT5それぞれでチャート分析などに役立つ補助プログラムで、最初からメタトレーダー内に入っているものもたくさんあります。

さらにインターネット上にはトレーダーたちが独自開発したインジケーターも数多くリリースされています。

その中にはEAも多く無料のものから有料販売されているものまでその数は数えきれないほどです。

海外FXのGemForexのように無料EAを提供していて自由に使えるところもありますね。

私も10以上の有料EAをためしてきましたがいずれも溶けるかほとんど稼げずじまいでした(汗)

個人的にはおすすめしませんが結局EAも使い方しだいです。

自分でトレードする時間が取れない人は稼働する時期を見極めてつかうならありだと思いますよ。

FX初心者はどっちがおすすめ?

日本国内のFX業者はMT4に対応していないところもありますが、日本でメジャーな海外FX業者ならたいていどちらも対応しています。

その上で初心者ならMT5をおすすめします。

ユーザー独自開発のインジケータは少ないものの基本的なものが最初から備わっているので問題ありません。

より快適なスペックでトレードできるMT5をおすすめします。

まとめ

MT4とMT5の違いについてまとめました。

トレードはスピード感が重要で、トレードツールの動作スピードは総合的な損益にも影響を与えます。

となるとスピード面で優れるMT5がいい、となるんですが、人間が体感できるスピードとあると大差ないでしょう。

ってことで、メタトレーダーはMT4がおすすめです。