XMでiPadを使う方法とは?タブレット用の取引ツールを紹介

XMトレーディングでiPadを使う方法 アイキャッチ画像

XMトレーディングに限らず海外FXでは、取引ツールとしてメタトレーダー(MT4や5)が使われています。

そしてメタトレーダーのアプリをiPadにインストールすれば快適にチャートチェックやFXトレードが可能です。

そこでここではXMトレーディングで用意されているiPad用取引ツールの特徴や、それを使ってトレードする方法について紹介していきます。

iPadやタブレット端末で口座開設するならこちらから↓

\ここから登録で軍資金3000円プレゼント!/

XMの口座開設はこちら(無料)

XMのiPad向け取引アプリ「メタトレーダー」とは?

国内FXではiPad向けにアプリを提供しているのがあたり前となっていますが、専用アプリの場合はそれぞれ操作方法が異なりますし、チャートの表示方法にも違いがあるなど、使い勝手が悪いと感じるものも少なくありません。

でもXMのような海外FXではメタトレーダーという既存の無料ツールのアプリを使っています。

これなら専用アプリを開発する費用を節約できますし、利用者側も違う業者を利用しても一から操作を覚える必要がなく、将来使う業者を変えたとしても同じ感覚で利用できます。

私も海外FXのXMやis6com、HotForexなどでトレードしていますが、全部MT4なので戸惑うことはないですね。

このMT4やMT5と呼ばれるものは正しくはMetaTrader(メタトレーダー)の頭文字を取ったもので、番号はそのバージョンです。

最新は5ですが、現在でも4が多く使われています。

この理由はMetaTraderにはユーザーが作ったプログラムが利用できるためで、そのプログラムはMT5では使えないものがあるから。

その点でMT4に慣れたユーザーは現在でも4を使っています。

もちろんどちらを選んでもXMトレーディングを利用出来ます。

MetaTraderは、さまざまなOSに対応したバージョンが無料で配布されており、誰でも手軽に手に入れられます。

このような事から日本でもMetaTraderを有能なチャートソフトとして利用している人が多くおり、日本語化もされているため導入も簡単です。

XMではiPadを愛用するトレーダーも多いです

XM iPad愛用トレーダー

メタトレーダーを使うときにパソコンやスマートフォンやタブレットを利用することになりますが、この際にiPadを選ぶ人も多くいます。

理由としては安定した性能があることで、パソコンと違って手軽に持ち運びでき、Androidのスマートフォンやタブレットと比べても安心して利用できるためです。

またiPhoneだと画面が小さくチャート分析まではさすがにできないでしょう。
(もちろん慣れている人は使いこなせると思いますが)

チャート分析のするならある程度の画面サイズは必須です。

となるとiPadくらいが携帯性と視認性をバランスよく満たす端末としてピッタリなんですね。

XMでiPadを使う方法

iPadにXMのMT4/5をインストールしよう!

パソコンの場合はXM公式サイトへアクセスしXMで提供しているウィンドウズやマック用のMT4や5をダウンロードすることになります。

ですが、iPadならiPadようのメタトレーダーアプリが用意されているのでインストールしましょう。

またアップルストアで「MT4」「MT5」と検索すれば出てくるのでこちらのほうが手っ取り早くインストールできるはず。

iPadでMT4/5アプリからログインする方法

自分の口座番号とパスワードでログインすればOKです。

ログイン情報はXMで口座開設したときに届いたメールに記載されています。

XMで口座開設していない人はこちらの記事を参考に済ませておきましょう↓

参考記事
XM口座開設方法

パスワードがわからない場合はXM公式サイトから再設定してください。

詳しいログイン方法は、

  1. XMトレーディング口座のサーバー名を選ぶ
  2. 口座開設したときに発行されるログイン名とパスワードを入力

するだけ。

ちなみにXMではデモ口座も提供していて、お試し利用にも最適です。

FX初心者の方はデモ口座で使い方に慣れてから本格的にトレードするのもおすすめです。

XMオリジナルのiPadアプリもあります

上で紹介したのはメタトレーダー社によるフリーのアプリですが、XM独自のiPadアプリもリリースされています。

MetaTraderでは各FX業者がカスタマイズしたものも配布しており、XMでは「XM IPAD TRADER」というアプリが利用可能です。

「XM IPAD TRADER」を手に入れる場合も同様にXM公式サイトやアップルストアからできます。

こちらはXMが独自に配布しているものなので、アプリ内から口座開設が可能です。

またXM用にカスタマイズされているのでノーマルのMetaTraderを利用するよりも迅速にトレードをはじめることができます。

ただしXMのiPad用アプリはMT5だけなのでMT4を使いたい人はメタトレーダー社のフリーアプリを選ぶしかありません。

とはいえXMだけしか使っていないなら、専用のiPadアプリのほうが利便性は高いですね。

 

XMで口座を持っている方、これから開設しようとされている方でiPad端末を持っている方は多いと思います。

スマホでもできますがFXチャートを見るなら少しでも大画面の方が快適です。

そしてXMはiPad向けにも取引ツールを提供しているので問題なく使えますが、バージョンがMT4とMT5の2つあります。

そこでXMユーザー向けにiPadでトレードするならどっちがいいのか?を解説していきます。

XMで使えるiPadアプリはMT4/MT5どっちがいい?

FXトレードするにはXMトレーディングのマイページにログインしてもできません。

専用の取引ツールをインストールすることになります。

iPadで使えるFX取引ツール

取引ツールはいろいろありますが、XMトレーディングが公式に提供しているのは

  • MT4(メタトレーダー4)
  • MT5(メタトレーダー5)

の2つのみです。

さらにパソコンはウィンドウズとMac版、タブレットはiPadとアンドロイドタブレット版、スマホはiPhoneとアンドロイドスマホ版が提供されています。

iPad用のXM対応ツールは2つ

iPadでトレードするときはXM公式アプリ

  • XMTrading iPad MT4
  • XMTrading MT5 iPad Trader

のどちらかをインストールしましょう!

・・・

と言われてもFX初心者の方だと「じゃあどっちがいいの?」となるはず。

FX初心者におすすめはどっち?

MT5版のiPadアプリで始めましょう。

過去にMT4を使っていて馴染んでいるなどの理由がないなら、あえて古いバージョンを選ぶこともありません。

数字が新しい=機能も性能も上ですし、快適性も改善されています。

とはいえ、将来的にはMT4を使うことになるシチュエーションがやってくるかもしれません。

ここからはiPad対応MT4とMT5それぞれの特徴と違いを比べてどちらがいいのかも解説していきます。

まずは1つづつ機能や特徴をみていきましょう。

XMのiPad対応MT4アプリの機能や特徴

XMTrading iPad MT4アプリ

一般的なトレードに必要な機能はすべて揃っています。

FXの為替チャートの表示、インジケータやオブジェクトの追加、指値・逆指値の設定など。

パソコン版のMT4であればFX自動売買ツールがこちらしか対応していない、インジケータの種類が豊富といったメリットもあるんですが、アプリ版に大きな違いはありません。

MT4アプリを選ぶ理由はとくにないですね。

XMのiPad対応MT5アプリの機能

XMTrading MT5 iPad Traderアプリ

  • 対応するFX業者は少ない
  • インジケーターウィンドウのサイズ変更に対応
  • ストップリミット注文可能
  • オブジェクトを追加しやすい

対応するFX業者は少ない

新バージョンだけにMT5のほうが後発で対応するFX業者が少ない点はデメリット。

ですが、XMは問題ないので気にするポイントではありません。

インジケーターウィンドウのサイズ変更に対応

トレードに役立つ情報を表示してくれるインジケータを使う人も多いはず。

MT5ではインジケータ表示枠をサイズ変更できるようになっています。

メインのチャートを大きくとり、インジケータは必要最低限に表示するほうがいいので、サイズ変更機能はありがたいですね。

ストップリミット注文可能

ストップリミット注文とは、設定した価格になったときに設定価格で注文できる予約機能ですね。

ある程度自分でチャートのシナリオができているとき、ストップリミット注文を設定しておけばチャートを見続けなくてもよくなるありがたい機能です。

オブジェクトを追加しやすい

MT5アプリにはお気に入りオブジェクト表示機能があります。

よく使うオブジェクトが一覧表示されていて、ここからも追加できるようになっています。

MT4にはないため、オブジェクトをよく使うトレーダーにはこちらが便利ですね。

どっちの取引ツールを選ぶべき?

iPad版MT4アプリがおすすめな人

経験者なら、すでに持っている口座がMT4であればMT4アプリを選ぶことになります。

また、操作性に慣れていることからMT4を選ぶのもありでしょう。

iPad版MT5アプリがおすすめな人

FX初心者なら「XMTrading MT5 iPad Trader」をおすすめします。

MT4の機能はMT5に備わっていますし、すべての面でパワーアップしています。

性能の高いMT5の快適性をとったほうがいいですね。

ちなみにこれからXMで口座開設するならMT5を選んでください。

とはいえ、どちらのアプリも無料です。

XMなら8つまでなら複数口座も無料で開設できますし、資金移動も簡単です。

とりあえず2つインストールて試してみるのもありですね。

XM口座への入金はiPadアプリからできる?

XMへのiPad入金

できません。

ブラウザアプリで直接XM公式サイトのマイページから手続きを済ませてください。

なおiPhone版にはXM公式アプリがあります。

MT5専用ですが、こちらならiPad版より多くの手続き(トレードや入出金など)が可能となっています。

 

最後にXMにあまりなじみがない人向けにこの海外FX業者の特徴を簡単にまとめてみました。

XMトレーディングはこんな海外FX業者です

XMトレーディングとは?

XMトレーディングは、2009年にサービスを開始し、30言語以上に対応している国際的でかつ総合評価の高い海外FX業者です。

もちろん、日本人向けのサービスも提供しており、多くの人が利用しています。

海外FXではさまざまな業者が存在していますが、その中では歴史と実績があり、また規模の大きなところですから海外FXといえば真っ先におすすめされるような定番のFX業者です。

高いレバレッジと追従なしが魅力

XMトレーディングの特徴としては、レバレッジは最大1000倍まで設定が可能で、追証が発生しないゼロカットを採用しています。

ロスカット基準も低くサポートも安心

ロスカットは証拠金維持率20%を目処としているので余裕をもって取引できますし、また日本語サポートは24時間行っていますしXMトレーディングが求める入出金手数料は発生しません。

このあたりは海外FXを期待する日本人ユーザーが求めるものをクリアしているものですから、選ばれる理由となっています。

スプレッドも低め

スプレッドは国内FXとは異なって海外FXでは高く設定されるもの。

ですが、それでもドル円の通貨ペアでは1.7pipsを基本とし、ユーロ円も2.5pipsとスタンダード口座ではなっているので、高いスプレッドというわけではありません。

XM利用時の注意点

一方で気をつけたいところは、1LOTが10万通貨単位となることで、また両建てによっても禁止になる場合があります。

1LOTは日本では1万通貨が基本ですから、その点では10倍となるものです。

しかし、高レバレッジですし、証拠金維持率も20%がロスカットの基準となっているので、国内FXを利用するよりも少ない資金で、かつ借金が発生しないゼロカットを採用していますから安心して取引が出来ます。

\ここから登録で軍資金3000円プレゼント!/

XMの口座開設はこちら(無料)

まとめ

日本で人気の高い海外FX業者「XMトレーディング」をiPadで快適に使えるか?またその使い方について紹介しました。

専用アプリもありますし、MT4/MT5が基本なのでiPadなら余裕で使えます。

スマホより大画面で情報確認しやすいので、FXをやるならiPhoneよりiPadのほうがおすすめです。