XM口座開設方法と注意点

XMの口座開設方法 アイキャッチ画像

日本人トレーダーが一番利用している海外のFX業者「XMトレーディング」。

それだけに日本語対応もバッチリでFX経験者が口座開設でつまづくことはないと思います。

ですが、FX初心者だとよくわからない用語も多くて戸惑うはず。

私もここで初めて口座開設するとき、

  • いくつかある口座の種類はどれにすればいいのか?
  • 入力内容は間違ってないのか?

など迷いや不安を感じたことがありました。

そこで、これからXMでFX口座を開設する人向けに口座種類はどれを選ぶべきか、また個人情報入力時のポイントを解説していきます。

読んでもらえればつまづくことはないはず。

気持ちよくスタートしてFXデビューしてください。

\ここから登録で軍資金3000円プレゼント!/

XMの口座開設はこちら(無料)

XMトレーディングで選べるFX口座の種類

XMでは数種類の口座タイプが用意されています。

まずはどれを選ぶのか?から決めていきましょう。

開設方法や個人情報入力についてはページ後半でサクッと解説しています。

XMでどのタイプを選ぶか決まっている人はそちらから読み進めてください。

こちら⇒XM口座開設方法と流れの項目へ

XMに限りませんが、FX業者にはたいてい

  • デモ版
  • リアル版

が用意されています。

XMデモ口座の特徴

まずはFXトレードを体験してから判断したい人はデモ口座をサクッと開設してしまいましょう。

お金は一切かかりません。

軽い気持ちで作ってしまってOKです。

デモ版の開設もリアル版と同じで次のような個人情報入力が必要です↓

  • 名前(ローマ字で)
  • 住んでいる国と都道府県
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 取引プラットフォーム(MT4にしておきましょう)
  • 口座タイプ(スタンダードにしておきましょう)
  • 基本通貨(なんでもOK)
  • レバレッジ(なんでもOK)
  • 投資額(なんでもOK)

最後に開設ボタンを押せば完了です。

なお有効期限なく利用できますが90日間トレードがないと閉鎖されてしまうので注意してください。

ただ閉鎖されたらまた開設すればいいだけなのであまり気にしなくてもいいです。

なおデモ版ではマイクロ/スタンダード口座の2種類用意されています。

どちらでもいいのですが迷うならスタンダードをおすすめします。

XMリアル口座の特徴

実際に自分の身銭を切ってFXトレードするならこちら。

当然ですが勝てば儲かり負ければ損します。

とはいえ遊びやギャンブルとしてFXをやるつもりって人はいないはず。

初心者だとしても少ない金額でいいので初めからリアル版でトレードすることをおすすめします。

経験値の貯まり方、というか密度が違ってきますので。

といってもXMでは最初に3000円分の取引ボーナスをくれるので、まずはそれでFXを体験してみましょう。

XMの口座種類3つの特徴

XM リアル口座の種類

・スタンダード(1lot=10万通貨)
・マイクロ(1lot=1000通貨)
・XMTrading Zero(1lot=10万通貨)

となっています。

それぞれのスペックはこんな感じです↓

XMトレーディングの口座タイプ

きっと初心者の方だと訳が分からないと思います(汗)

最悪やっぱFXやめようかな?と思ってしまうかもしれませんね。

とりあえず細かな違いはたくさんありますが、FX初心者が気にしたい部分はごくわずかです。

そこだけ簡単に解説していきます。

選ぶべきタイプがわかると思うので安心してください。

XM口座の選び方

XMスタンダード口座の特徴

・開設ボーナスもらえる
・入金ボーナスがもらえる
・ロイヤリティポイント制度対応
・1ロットあたり10万通貨単位
・最大レバレッジ1000倍対応
・1ポジションで最大50ロット
・200ポジションまで注文可能
・スプレッドは普通

初心者からベテランまでほとんどのトレーダーはスタンダードタイプで開設しています。

初心者の方は迷わずスタンダードを選びましょう。

FX初心者にとってありがたい開設ボーナス3000円や入金する金額に応じてもらえるボーナスはトレードの助けになるはず。

またXM独自のポイントサービス「ロイヤリティポイント」もトレードすれば自動で貯まっていき現金などトレード資金に交換することができます。

後で紹介するZeroタイプ向けのスキャルピング(超短期売買)手法以外ならXMでベストな環境を提供してくれるのがスタンダード口座です。

スタンダードタイプは1ロットあたり10万通貨という大きな金額でトレード可能。

といっても「なにそれ?」って感じですよね(汗)

これはトレードするとき1つの注文で0.01~50ロットまでの単位を指定できるんですが、たとえばドル円の為替通貨ペアを1ロットでトレードしたとき、1円動くと10万円の儲けを期待できます。

これが1通貨なら動いた分だけとなる1円の儲けしかないわけです。

10万倍の金額でトレードできるわけですね。

これは大きな魅力と言えます。

でもこれだけの額で負けたら損失も大きくなるのでは?と不安に感じる人もいるはず。

ですがXMは「追証なし(おいしょう)」なので残高がマイナスになっても借金は発生しません。
(クレカや借りたお金で入金した人の借金は別ですよ)

この制度をゼロカットと言います。

なのでたとえ画面上で残高がマイナス100万円となっていてもゼロ円にしてくれます。

反対に国内FX業者は「追証あり」なので最悪業者から電話がかかってきてお金を催促されるんですよね。

この仕組みがあるおかげでXMは大きな金額での注文も安心してできるんです。

XMマイクロ口座の特徴

・開設ボーナスあり
・入金ボーナスあり
・ロイヤリティポイント対応
1ロットあたり1000通貨単位
・最大レバレッジ1000倍対応
1ポジションで最大100ロット
・200ポジションまで注文可能
・スプレッドは普通

XMで新規アカウント登録したらもらえるボーナス、入金額に応じてもらえるボーナス、XM独自のポイント制度によるボーナスは標準対応。

また最大レバレッジやスプレッドなどもスタンダードタイプと一緒です。

違いは赤文字にしてある項目で、1ロットあたり1000通貨単位と注文できる金額の規模がマイクロサイズになっています。

米ドル円(USDJPY)の通貨ペアで1ロット注文したら、1円の変動で1000円の利益となります。

この規模ならトレードに失敗しても大損することはありませんが当然あまり稼げません。

1000円と言う金額だけ見ると十分儲かりそうですがスタンダードは10万通貨単位なので同じ値動きで10万円稼げるわけです。

マイクロと100倍の差があるんですよね。

となるとリスクが大きくなるんじゃないの?と思うかもしれませんが、トレードによる借金がなくなる仕組み(ゼロカット)を導入しているXMでは大したリスクになりません。

マイクロでトレードすればたしかに安心感はあるものの、XMでFXをやるなら借金を負う心配がないスタンダード口座一択ですね。

ほか1ポジションで最大100ロットまで注文できます。

スタンダードが50ロットなので倍いけるわけですが、もともと1000通貨単位と小規模なだけに大きなアドバンテージにもなりません。

やはりスタンダードがおすすめです。

XMTrading Zero口座の特徴

スキャルピング(超短期売買)特化型
スプレッドが狭い(手数料安い)
最大レバレッジ500倍と低め
・1ロット=10万通貨単位
・1ポジション50ロットまで
・200ポジションまで注文可能
取引額に応じた手数料あり

先に紹介したマイクロ/スタンダードタイプとの違いは赤文字部分。

超短期でトレードするスキャルピング手法専用のスペックに仕上げられています。

マイクロ/スタンダードタイプと同じようにトレードすることもできますが、最大レバレッジが半分の500倍になっているので少し不利になります。

やはりスキャルピングトレードをする人専用ですね。

注文処理のシステム自体も短期売買向けにスピーディーになるシステムが構築されています。

そして短期売買を繰り返すとコストに跳ね返ってくるのがスプレッド。

スプレッドはXMが徴収する手数料みたいなものです。

Zeroタイプの場合、通貨ペアによってはゼロ円になっていることもあります。

スプレッドがかなり低く設定されている=大量に注文する場合に有利となるわけです。

別でトレードしたトータル金額に対する手数料が発生するものの、それを含めてもマイクロ/スタンダードタイプより手数料を安く抑えられるのが特徴です。

このようにかなり尖った口座タイプですが、初心者にとってありがたい入金ボーナスやロイヤリティポイント制度は適用されません。
(新規登録時の開設ボーナス3000円はあり)

さらにレバレッジは最大500倍までと若干低めになります。

海外FX業者のメリットの1つに高いレバレッジでトレードできることが挙げられるため、FX初心者なら最大1000倍でできるスタンダードタイプをおすすめします。

100%入金ボーナス最大5万円もらえる!
XMの口座開設はこちら

 

ここまででどのタイプで開設するか決まったことと思います。

つづいてXM口座を開設する流れを紹介していきます。

難しいものではありませんが、余計なミスで時間をとられないためにもぜひチェックしながら進めていってください。

XMで口座開設するときの流れと注意点

XM口座開設の流れ

 

入力ミスなどなければザックリ5分ほどで簡単に口座開設できます。

では1つ1つ見ていきましょう。

XMで口座開設してから入金するまでの手順

  1. XMトレーディング公式へアクセス
  2. ページの項目に入力し口座開設ボタンを押す
  3. 送られてきたメール記載のID・パスワードでログインする
  4. 入金ページから入金手続きを済ませる

【ステップ1】XMトレーディング公式へアクセス

まずは公式サイトへアクセスしましょう。

別ウィンドウが開くので切り替えて確認しつつ進めていってください。

【ステップ2】ページの項目に入力し口座開設ボタンを押す

1ページ目

XMリアル口座開設ステップ2

電話は「+81」が日本、番号は「-(ハイフン)」なしでOKです。

下の方にある「取引プラットフォームタイプ」に

  • MT5
  • MT4

の選択肢があります。

これはFXトレードするためのツールなんですが、MT5の方が新しいツールです。

ちなみに私はMT4にしています。

いまでも世界中の多くのトレーダーがMT4を使っていますし、ネット上に使い方の解説や便利な追加プログラム(インジケータという)が充実しまくっているメリットはあります。

ただし、まったく初めてFX投資をするならMT5をおすすめします。

快適性重視の方が余計なストレスを感じずFXトレードの集中できるでしょう。

2ページ目

XMリアル口座開設ステップ2-2

2ページ目は日本語入力なのでつまづく部分はないと思います。

最後に「リアル口座開設」ボタンを押せば完了です!

【ステップ3】送られてきたメール記載のID・パスワードでログインする

登録したメールアドレスにログイン情報が届くので、ログインしましょう。

【ステップ4】入金ページから入金手続きを済ませる

開設ボーナス3000円でトレード可能ですが、ビギナーズラックがあってもたぶんなくなります(笑)

いずれ入金することになりますし、最大限のボーナスがもらえる500ドルは入金しておきたいですね。

XM口座開設できないときの原因と対処法

考えられる原因は以下の通りです↓

・アクセスしているのがXMトレーディング公式ではない
・入力情報が間違っている
・XMがメンテナンス中
・実は過去にアカウント登録していた
・過去に利用規約違反していた

アクセスしているのがXMトレーディング公式ではない

XMにはいくつかの公式ホームページがあります。

日本人向けのFXサイトはXMトレーディングのものでURLは

です。

別の公式サイト「https://www.xm.com/」になっていませんか?

ブラウザのアドレスバーを見て間違っていないか確認してみましょう。

入力情報が間違っている

XMは入力ページこそ日本語になっていますが海外サービスなので氏名や住所など英語表記での入力となります。

名前はローマ字ですが、住所の英語表記に慣れていない人もいるでしょう。

英語住所変換サイトを利用するか、町名、番地などの数字など全部逆順にしてローマ字で入力してもOKです。

XMから郵便物が届くことはありませんが、東京(tokyo)を「toukyou」とローマ字にしてあってもちゃんと届きます。

それら入力欄はいいとして、一番問題になるのがメールアドレスです。

ここを間違えると認証メールが届かず開設できません。

ヤフーメールやGメールなどフリーで使えるもので問題ないので、なければ1つ作っておくことをおすすめします。

XMがメンテナンス中

たまにXM側がメンテナンス中になっていることもあります。

そうなっていると何もできません。

とはいえメンテンナンスは何時間もかかるものではないのでしばらく待ちましょう。

実は過去にアカウント登録していた

あまりない事例ですが、過去にXMで口座開設したことはありませんか?

1人につき1アカウントしか開設できないため、同じ人物だと判断されるとできません。

過去に登録したメールアドレスやパスワードがわからないときはXMサポートに連絡しましょう。

過去に利用規約違反していた

これもあまりないと思いますが、過去にXMを使っていたことがあり、利用規約に違反する行為をしてアカウント凍結されているなどでブラックリストに載っていると開設できません。

この場合はあきらめてXM以外の海外FX業者を使うしかなくなります。

 

ここまでで無事XM口座を開設できたら、本人確認を済ませて入金していきましょう。

XM口座を開設したら入金しよう!

ログインすると目立つ緑色の入金ボタンを押します↓

XMトレーディングの入金方法

入金方法が選べるので好きな方法で入金しましょう↓

XMトレーディングの入金手段

 

おすすめはクレジットカード入金

手っ取り早いのはクレジットカード入金です。

VISAとJCBブランドがある人は使えます。

ポイントも還元されるため一番お得感があります。

電子決済サービスも対応

ビットウォレットやスティックペイなど電子決済サービスに口座がある人はそちらもおすすめ。

もってない人は口座開設からやっていると本人確認などに時間が数日かかってしまいます。

クレカなし、電子決済サービス口座もないなら銀行振込をおすすめします。

銀行送金

銀行口座からの送金にも対応しています。

店舗のある銀行は「Local Bank Transfer」を、ネット銀行は「Online Bank Transger」を選びましょう。

入金方法はほかにもありますが、この3種類がおすすめです。

まとめ

XM口座の開設方法をまとめました。

FX初心者なら迷わずスタンダード口座をおすすめします。

またXMでは開設するだけでボーナスがもらえます。

デモ口座で練習するのもいいのですが、最初からリアル口座でこのボーナスを使って実践トレードしてみてください。

3000円を種銭にして増やすことも不可能ではありません。