XMトレーディングとは?人気海外FXブローカーの特徴まとめ

XM Tradingとは アイキャッチ画像

日本国内のFX業者(ブローカー)は金融庁の監視のもと取引が行われていますが、海外のFX会社もまたライセンスを保有する国や地域の監督機関のもとで取引されています。

そういった監督機関がいることによって投資家の資金や取引の安全性が守られ、トレーダーは公平な条件のもと取引ができるようになります。

ただしいろいろ制限が厳しく、海外FX業者のほうが低資金でリスクを減らしてFXを始められるのは大きなメリットです。

そんな海外FXブローカーの中で最も日本人ユーザー数が多いのが「XMトレーディング」です。

私自身も初めてFXトレードに触れてから現在までずっと使い続けています。

他の業者も使っていますが、XMを一番愛用しています。

でも日本人なら日本製に信頼を置くように、FXブローカーも国内業者の方がいいと思う人もいることでしょう。

そこでここでは海外FXブローカーとして日本一の「XMトレーディング」を選ぶメリットを紹介していきます。

個人的に良いと感じているXMトレーディングの特徴

私が最初にXMで口座開設した流れはFX自動売買ツールの対応口座だったから。

よくあるレバレッジ倍率が高いから、ロスカット水準が低いから、スプレッドが狭いからといった理由ではありません。

ぶっちゃけよく知らないままXMトレーディングを使い始めました(笑)

でも今では一番だと思っています。

そう言える理由・メリットには次にようなものが挙げられます↓

・信頼できる
・NDD方式である
・ゼロカットで借金の不安なし
・ボーナスがもらえる
・日本語サポートがしっかりしている
・レバレッジ最大1000倍
・約定力がある

思いつくままリストアップするとこれくらいですね。

細かく探せばまだまだありますが、目立つ特徴としてはこんなところで。

出は1つ1つなぜいいのか?を解説していきます。

信頼できる

FXブローカーの信頼性うんぬんについては、いくつか見るべきポイントがあります。

・ライセンス取得や運営会社の姿勢
・過去の対応
・サポートセンターの対応

ライセンス取得や運営会社の姿勢

XMトレーディングはXMグループの1社で日本もターゲットにしているグループ会社です。

そしてXMグループではキプロスやオーストラリア、セーシェルなどでライセンスを取得しています。

海外FXをするにあたって重要なのは、ライセンスを保有している会社かどうかです。

ライセンスがない会社の場合は監督する機関が存在しないため、いつ資金を持ち逃げされてしまっても不思議ではありません。

またライセンスを保有している企業は企業としての実態が確立されており、資金の保管方法も決められているため、預けているお金の安全性が高いです。

またXMトレーディングは日本の金融庁から要注意ブローカーとしてリストに上げられたこともあります。

ちなみにこれは日本でライセンスを取得していない海外FXブローカーを良く思っていない金融庁側の横やり的なもので、XM以外のほかの海外ブローカーもリストに上げられていました。

で、その後に日本市場向けのXMトレーディングも海外のライセンスをあらたに取得しました。

国内ライセンスはとらないの?と思う人もいるかもしれませんが、国内ライセンスではレバレッジ1000倍、ゼロカットなどのトレーダーにとって嬉しいサービスが提供できなくなるので仕方ないですね。

ただし法律上違法とならないので現状のままで問題ないと言えるでしょう。

過去の対応

FXの為替市場では何年かに一度くらいのペースで相場の急変動(フラッシュクラッシュ)が起こっています。

そしてXMトレーディングの姿勢を決定づけた2014年のスイスフランショック。

このときのスイスフラン(CHF)の通貨ペアは超短時間で1000pips以上も変動しました。

ほとんどのトレーダーはロスカットをくらったはずです。

こうなるとFXブローカーはたまったものじゃありません。

普通に緩やかなペースでロスカットされたなら残高の残っている範囲内で強制決済されるためトレーダーの資金がなくなるだけ。

ですが、フラッシュクラッシュ発生時はロスカット処理が間に合わず残高がマイナスになります。

しかも1000pips以上の変動ともなるとその金額はかなりのものになるでしょう。

USDやEUR、JPY、GBPほどの取引量はないものの、スイスフランで取引しているトレーダーも多いです。

数十、数百では収まらない人数がマイナス残高になっただろうと予想されます。

でも海外FXブローカーの多くはゼロカットと言うマイナス残高をリセットしてくれる仕組みを取り入れています。

XMトレーディングもそうです。

そしてXMトレーディングはこのとききっちりゼロカットを適用してくれています。

対してほかの一部の海外FXブローカーは、ゼロカットを謳いながらマイナス分をトレーダーに支払うよう請求(追証/おいしょう)してきたところもあるんです。

信頼性ゼロですね(汗)

こういった過去の実績からXMトレーディングは信頼に値するブローカーだと感じています。

サポートセンターの対応

XMトレーディングではライブチャットとメールサポートが使えます。

また希望すればXMトレーディング側からのコールバック対応による電話サポートもあり。

さらに

・日本語対応
・24時間365日受付

と日本人トレーダーにとって安心できるサポート体制がとられています。

私も一度ライブチャットとメールサポートを利用しましたが、どちらもスムーズに返信をもらえたので好印象です。

もちろん不自然な日本語でもありませんでした。

NDD方式である

これも上で触れた信頼性を見るポイントの1つですが敢えて別枠で取り上げました。

FXブローカーは大きく分けて

・DD方式
・NDD方式

の2つに分かれます。

DD方式は多くの日本のFXブローカーが採用している方式で、トレーダーの取引を自社で処理する仕組み。

トレーダーの注文を自社で市場に注文し、精算時も同様です。

となると通常の手数料以外に独自の手数料を上乗せしたりできてしまいます。

また実際には市場に注文せず自社内で管理することもできてしまうわけです。

となると、上で少し触れましたがフラッシュクラッシュが発生してマイナス残高になった場合、実際は市場に注文していないときでもトレーダーに借金た分を請求してくる可能性も考えられるわけですね。

ようするに悪いことに使いやすい仕組みってことです。

対してNDD方式はトレーダーの注文をそのまま市場に流すだけ。

スプレッドという取引時に必ず発生する手数料的なものでしかブローカーは利益をとりません。

こちらのほうが当然内部の透明性は高いと言えるでしょう。

ゼロカットで借金の不安なし

海外FXの大きなメリットにゼロカットという仕組みがあります。

ゼロカットとは口座残高がマイナスになってしまっても、ゼロに戻すという仕組みです。

簡単に言うと借金を背負う可能性がないってことですね。

ちなみに為替相場は常に急変動する可能性がありますが、国内ブローカーにはロスカットはあってもゼロカットを導入している企業はありません。

金融商品取引法的に過剰なサービスが提供できないからです。

そのため日本のFXブローカーで取引をしていて相場急変同時にマイナス残高になってしまった場合、マイナス分は借金となりブローカーに返済しなくてはならなくなります。

ゼロカットがあるかどうかはリスクの高い取引をする上でとても重要なことと言えるでしょう。

そしてこれがあるだけでもXMトレーディングを選ぶ価値ありです。

日本のFXブローカーもかつては高いレバレッジで運用できましたが、現在は金融庁の規制の影響で投資家が損失を出しにくい仕組みになっています。

裏返せば利益を出すことが難しい反面、ゼロカットが存在しない日本のブローカーを使ったFXトレードはハイリスクローリターンの金融商品になってしまいました。

ボーナスがもらえる

XMトレーディングには大きく分けて3種類のボーナス制度が用意されています。

・口座開設ボーナス
・入金ボーナス
・ロイヤリティプログラム

口座開設・入金ボーナスは他所でも当たり前に取り入れているボーナス制度です。

が、ロイヤリティプログラムのような他にはないようなボーナスシステムが導入されている点は大きな魅力です。

これは取引をするとポイントがたまり、そのポイントを証拠金に変換可能なので、取引量が多い人ほどボーナスを得ることができ、取引に利用できる証拠金を増やすことができます。

また、入金するだけでも入金額に応じたボーナスを得ることができるため、少額の入金でも国内のFX業者と違って証拠金を増やすことが可能です。

日本語サポートがしっかりしている

XMトレーディング サポート

XMトレーディングは世界各地でサービスを提供しており、日本語サポートも充実しています。

専属の日本人スタッフが対応してくれるので、もしものときもトラブルなく問題を解決できます。

海外FX業者の中にはプラットフォームが日本語に対応していても、サポートまで日本語に対応していないケースがあるため、日本語が通じる専属のスタッフがいるのは安心ポイントと言えます。

レバレッジ最大1000倍

国内のFXブローカーも金融庁の監督のもと取引を行っています。

ただし金融庁の取り決めで日本では最大レバレッジが25倍までに規制されています。

そのため、たとえば100万円の資金を預けていれば2500万円分の外貨取引を行えます。

レバレッジ規制は監督機関の規制や会社によって上限は異なりますが、海外ブローカーであるXMトレーディングでは1000倍までレバレッジをかけることが可能です。

高いレバレッジで取引ができるため、それだけ少ない資金で多くの利益を出すことができるチャンスがあるわけですね。

これだけ高いレバレッジをかけるとリスクも高まりそうですが、上で触れたようにゼロカット制度があるので絶対に借金にはなりません。

元手以上にお金を失うことがあり得ないため、日本のブローカーよりリスクは低いと言えるでしょう。

約定力がある

約定力とは注文の処理能力のこと。

XMトレーディングではトレーダーの注文のうち99.35%は1秒以内に処理されるサーバー環境が整っています。

NDD方式なのでDD方式を採用している日本のブローカーほど早くは処理できませんが、十分な約定力です。

日本のFXブローカーとXMトレーディングの違い

・最大レバレッジ25倍 vs 1000倍
・スプレッドは広め
・税率最大20% vs 累進課税

最大レバレッジ25倍 vs 1000倍

法律によって最大25倍までしかレバレッジをかけられない日本のブローカー。

対してXMトレーディングでは最大1000バイト圧倒的に差があります。

軍資金1万円でトレードする場合、日本では25万円分なのに対し、XMトレーディングなら1000万円分の取引を扱えるわけですね。

となるとドル円でトレードしたときに1ドル100円から101円に変動した場合、利益に40倍の差が発生することになります。

稼ぎやすさが全然違ってくるわけです。

スプレッドは広め

海外FXと聞くとスプレッドが広いという印象を持つ人もいます。

国内のFXブローカーと比較すれば確かにスプレッドは広いのです。

とはいえ気にするほどの差ではないでしょう。

それよりも取引の透明性のほうが大事です。

日本のFXの多くは店頭取引と言い、FX業者のディーラーを介して取引を行います。

そのため会社が意図的にレートを操作したとしても、店頭での取引なので不正を証明するのが難しくなります。

海外の多くのFX業者は市場取引を行っているため、FX会社は注文を中継する地点にすぎません。

市場の価格で取引が成立するため、きわめて公平な取引が行えるのが特徴です。

海外のFX会社の収益は単純にスプレッドによる差額のみのため、確かに国内の業者と比較すれば多少高いものの、トレーダーが取引に成功することで会社も利益を増やすことができるWINWINの関係性にあります。

反対にトレーダーが損失を出して早期に撤退してしまえば会社も利益を出すことができません。

そのため海外のFX会社は有能なトレーダーを育てるために様々なセミナーを開いたり、お互い利益を出せるような環境の構築に力を入れています。

税率最大20% vs 累進課税

ここだけは日本のFXブローカーが有利です。

国内業者で稼いだFXの利益は一律20%の課税と決められています。

対してXMトレーディングのような海外FXブローカーを使って稼いだ利益は、ほかの所得と合算して累進課税となります。

税率はこんな感じです↓

XMトレーディング 所得税率

ここに10%の住民税や復興特別所得税も加わります。

FXだけで飯を食っている人の方が少ないですし、所得を合計すると増えるはず。

となると195万円以上の合計所得があれば日本のFXブローカーより税金が高くなる可能性が大きくなるわけですね。

経費や控除分にもよりますが、ほとんどの場合は税金を多めに納税することになるでしょう。

他の海外FXブローカーとXMトレーディングの違い

私がXMトレーディング以外で使っているのはGemForex(ゲムフォレックス)とHotForex(ホットフォレックス)です。

この2つもXMトレーディングにはない魅力があります。

ほか、いまは使っていないけど口座だけ持ってるものに「is6com」「BigBoss」「FXBeyond」「LibertyFX」「TradeView」もあります。

また日本で人気の海外FXブローカーに「TitanFX(タイタンFX)」「AXIORY(アキシオリー)」など他にも複数あります。

これだけライバルが多い中でXMトレーディングは日本一になっているわけですね。

でも、だからと言ってあらゆる面でXMトレーディングが優れているわけではありません。

他の海外FXブローカーの方が優れている部分

・レバレッジ最大5000倍
・スプレッドが狭い
・レバレッジ規制基準が緩い

GemForexには最大レバレッジ5000倍に対応する口座があります。

また海外FXブローカーの多くは残高が多くなると高いレバレッジで取引できないよう規制されることが多いです。

XMトレーディングなら2万ドルオーバーで最大200倍に制限されます。

10万ドル以上になれば最大100倍です。

対してHotForexでは3000万円までレバレッジ規制なし。

このようにいくつかの部分で違いがあります。

まとめ

日本人に人気で私も愛用している海外FX口座「XMトレーディング」について紹介しました。

FX投資に興味がわいたらまず口座開設することになりますが、最初の1つ目としてもおすすめ。まずはデモ口座を開設して懐を傷めずトレーディングにチャレンジしてみてください。

デモ口座の開設はこちら
>>XMトレーディング公式【デモ口座】

口座開設はその後でも十分です。

日本国内で生活をしていると外貨に触れる機会はすくないかもしれませんが、日本は様々な世界の国々と取引を行い、経済が回っています。

実はFXは私たちの生活の近いところに存在していますので、為替の動きに敏感になることによって普段の買い物でも変化を感じることができるようになるかもしれません。

国内FXは金融庁の様々な規制によって取引がしづらい金融商品になってしまいましたが、海外では国内よりも規制が緩いため、大きなリターンも狙えるでしょう。