XMの口座タイプの違いを比較!選ぶポイントを解説

XMの口座タイプの選び方 アイキャッチ画像

私が愛用中の海外FX業者「XMトレーディング」にはいくつか口座タイプが用意されています。

初めて口座開設する人はきっと「どれ選べばええんや?」と頭に?が浮かんでいるはず。

そこでXMトレーディングで選べる口座タイプ別に特徴を解説しつつ、おすすめを紹介します。

XMトレーディングで選びたい口座タイプはどれ?

XMで選べる口座タイプは3種類あります

XMトレーディングの口座タイプは

  1. マイクロ
  2. スタンダード(デモ対応)
  3. XMTrading Zero(デモ対応)

の3タイプあります。

それぞれのタイプ毎にハッキリと特徴が分かれているため、自分のトレード方法や考え方で選ぶことになります。

が、FX初心者の方だと選ぶ基準もない状態のはず。

情報確認が面倒な人はとりあえずスタンダード口座を選んでおきましょう。

あとで別のタイプにもできるので心配する必要はありません。

では、それぞれの口座タイプについてザックリ解説していくのでまずは目をとおしてみてください。

XMの口座タイプ別に特徴を比較

XMトレーディングの口座タイプ

公式の比較表をそのまま引用させてもらいましたが、FX初心者の方だとこれを見たところでなにがどう違うのかさっぱりわからないはず。

口座タイプごとに1つ1つ解説していきますね。

【タイプ1】マイクロ口座(超初心者用です)

XM口座タイプ マイクロ

マイクロタイプだけの特徴

  • 1ロット=1000通貨単位で小規模
  • 最大100ロットまで注文可能
  • 取引ツールのMT5だけ最低注文ロットが0.1と大き目
  • デモ口座非対応
1ロット=1000通貨単位で小規模

まずマイクロ口座は、ネーミングどおり”小さい”の意味で、動かせる金額が小さ目。

そんなマイクロタイプは1ロット注文したときの単位が1000通貨となっています。

最大100ロットまで注文可能

FXはロット単位で売り買いの注文をするもの。

どのFX業者も最低0.01~注文でき、上限は10~100ロットくらいまで幅広いです。

XMのマイクロタイプなら100ロットですね。

で、たとえばドル円(USDJPY)の通貨ペアを例に考えると、1ロット注文時は1000ドル(前側の通貨が単位になる)となります。

最低ロットの0.01で注文したら10ドルですね。

このように1000倍の金額でトレードしてくれます。

1ドル分注文したら1000ドル(10万円以上)になるため「十分デカい金額でしょ?」と思うかもしれません。

が、ほかの口座タイプはもっと大きいため十分小規模なんです。

取引ツールのMT5だけ最低注文ロットが0.1と大き目

ちなみに取引用のツールの1つ「メタトレーダー5(MT5)」を使う場合に限り、最低ロットは0.1と大きくなっています。

なぜそうなっているのか理由はよくわかりません(汗)

このようにマイクロタイプは資金を大きく増やすという目的よりはトレードの感覚を掴んで勝てるトレード技術を身に付けるまでの間の練習用として向いています。

ですのでマイクロ口座はFX初心者におすすめですね。

このタイプを選んでおけばよほど大きなロットでポジションを持ったりしなければ資金が溶けることはないと思いますし、気軽に利用できるのでビギナーにとっては安心してトレードできるでしょう。

デモ口座非対応

マイクロタイプだけはデモ口座に対応していません。

他の2タイプならデモ版もあるため、架空の資金で好きなようにトレードできます。

初心者がどんな感じかとりあえずデモ版で体験してみる、といったことはできないのはデメリットですね。

とはいえデモ版では実際のお金は動かないから真剣に取り組めないと言う人には最適です。

ボーナスはもらえるので、とりあえずトレードしてみた人も入金せず売り買いできます。

マイクロ口座を選ぶメリット

・資金を失うリスクが低い
・最低入金額が5ドルと低い

資金を失うリスクが低い

取引金額が小さいため、よほど高ロットで注文していなければ負けても全財産を失うことはまずないでしょう。

その分稼げませんが、安全性を優先した人にはおすすめです。

最低入金額が5ドルと低い

マイクロ口座の最低入金額は5ドルとなっており1000円以下なのでそれほど資金がなくても始めることができます。

また取引単位が小さいので必要証拠金も少なくて済むというメリットもあります。

少額で始めたい人にとってはピッタリの口座タイプですね。

もっと詳しい情報はこちらの記事でまとめています。

マイクロタイプに興味が湧いた方はぜひご一読ください。

【タイプ2】スタンダード口座(イチ推し!初心者~上級者用)

XM口座タイプ スタンダード

スタンダードタイプだけの特徴

  • このタイプを選ぶ人が一番多い

一番選ばれている=使いやすい口座タイプと言えます。

スペック的にはほかの2タイプのいいとこどりになっているため、XMでもっともバランスの取れた口座タイプです。

そう言われると尖った部分がない無難なタイプなの?と思うかもしれませんが、スタンダード=標準と言う意味のとおりXMにおいては万能です。

稼ぎやすく使いやすいのがスタンダードならではの特徴と言えるでしょう。

特定のトレード方法ばかりやっているトレーダーならそれに見合ったスペックが必要ですが、そういうのはかなりニッチです。

そしてそれで稼げるとは限りませんし、稼ぎやすいとも言えません。

またニッチな手法はスタンダード口座でもできます。

どんな要望にも応えられる使いやすさを備えたスタンダードが一番です。

スタンダード口座のロット単位

スタンダード口座は1ロットの単位は100000通貨です。

マイクロタイプの100倍とかなり大きな規模ですね。

たとえばUSDJPYで1ロットのポジションを持っている時に相場が1pips(0.01)動くと10万ドル×0.01=1000ドル分動くことを意味します。

日本国内にあるFX業者の1ロットの単位は10000通貨が多いので、これまで主に国内業者で取り引きして来た場合にはXMではその10倍の取引単位です。

規模が大きい=稼ぎやすいと言えます。

逆に資金を失いやすいリスクもありますけどね。

スタンダード口座はリスクが高い?

XMに借金リスクはありません。
(トレード資金を借りて用意した場合は別ですが)

1ロットあたり10万通貨単位であることは上の欄で触れたとおりです。

これだけの規模でトレードすると「リスクが高いんじゃないの?」と思う人もいることでしょう。

でもリスクは自分が入金したお金の範囲内だけの話です。

100万円入金したなら最大でも100万円までの損失しか発生しません。

まぁ”しか”ってことはないんですが(汗)

ただトレードで大敗しても借金には絶対になりません。

それはXMにはゼロカット制度があるから。

入金した金額以上のマイナスになってしまったとしても、XMのゼロカット制度ならマイナス分をカットして0円にしてくれるんです。

これは日本国内のFX業者では法律的に取り入れられない仕組みなのでかなり大きなアドバンテージですね。

個人的にはゼロカットがあるから海外FXのXMをおすすめしたいと思うくらいです。

稼ぎたい人はスタンダードタイプを選ぼう!

・FX初心者
・知識と技術をある程度身に付けて本格的にトレーダーとして活動し始めた人
・生活費を稼げているプロトレーダー

これらどの段階の人にもおすすめできる口座タイプです。

1ロットの注文で10万通貨単位もの資金を動かすことになるので、為替相場のちょっとした動きでも利益を狙えます。

最初の内は小さいロットでトレードすることをおすすめしますが、慣れてきたら徐々にロットを増やしていくことで稼ぎの額を上げていけるでしょう。

またXMのメリットの全てを活用できる点も大きな強み。

初心者からベテランまで誰にでもおすすめできる口座タイプです。

なおここでは特徴的な部分しか取り上げていません。

もっと詳しい情報を知りたい方はこちらの記事をご覧ください↓

【タイプ3】XMTrading Zero口座(スキャルピング用)

XM口座タイプ ゼロ

XMTrading Zeroタイプだけの特徴

  • 超短期売買向けの仕様(ECN方式で処理が早い)
  • スプレッドが狭い(手数料安い)
  • トレード金額による手数料がかかる
  • 最大レバレッジ500倍と低め
超短期売買向けの仕様(ECN方式で処理が早い)

XMTrading Zero口座は超短期売買で注文と精算を繰り返すスキャルピング手法向けにチューンナップされているタイプです。

その特徴の1つにECN方式を採用していることがあります。

ECN方式とはトレーダーの注文に手を加えずそのまま電子世界上で市場に流す方式。

通常ならFX業者側が一旦受け取ってそこで手数料などを加えるんですが、そのひと手間が省かれているわけです。

そのため注文と決済処理がほかの2タイプより高速になっています。

スプレッドが狭い(手数料安い)

XMTrading Zero口座の取引単位はスタンダードと同じ10万通貨ですが、スプレッドの幅(手数料)が0の時もあります。

スプレッドの幅が狭い=手数料が安いわけですね。

取引回数が多くなるスキャルピング手法を使うトレーダーなら旨味がでてきます。

ちなみにスプレッドとは1つの通貨ペア(USDJPYなど)の売値と買値の差のことで、この幅が小さいほど手数料が安いわけです。

トレード金額による手数料がかかる

スプレッドが狭いなら全員このタイプでいいのでは?と思うかもしれせん。

が、それではXMトレーディングが儲かりません。

そこでXMTrading Zero口座では取引金額ごとに手数料をとっています。

1ロット=10万通貨あたり5ドルの手数料が別途かかります。

注文と精算時に発生するのでトータル10ドルですね。

となると「スプレッド分と固定の手数料でこっちのほうが負担大きそう」と感じるかもしれませんが、合計で比較するとXMTrading Zeroのほうが割安です。

USDJPYを1ロット注文した場合(1ドル=100円)

・スタンダード・・・スプレッド1.5pipsほど(1500円ほど)
・XMTrading Zero・・スプレッド0.001pips+固定手数料10ドル(1001円)
※マイクロ口座は通貨単位が違うので除外

このようにXMTrading Zeroはかなり手数料コストを抑えられているのがわかります。

この辺も売買件数が多くなるスキャルピング向けと言えるでしょう。

最大レバレッジ500倍と低め

XMTrading Zeroはほかの2タイプの半分となる最大レバレッジ500倍が上限となっています。

1000倍というハイレバレッジで大きな額でトレードしたい人にとってはマイナスですね。

ただしXMTrading Zeroはスキャルピング向けの口座タイプです。

1ポジション注文したら5分後には決済する、といった感じになることが多いです。

短期売買なので保有し続けるポジション数はそれほど増えません。

そうなると数ポジションさえ保有できればいいだけになるためレバレッジはそこそこ高ければ十分です。

1000倍である必要性も有利になることもほぼないと言えるでしょう。

XMTrading Zeroのメリット

・手数料が安い
・処理が早い
・固定の手数料を経費にできる

スプレッドの狭さと約定力の高さがより重視されるスキャルピング取引メインの人はもちろん、手数料が安いと何となく得な気がするといった人でもおすすめです。

また処理が早い分、余計なストレスを受けないこともメリットと言えるでしょう。

またXMTrading Zeroならではのメリットとして、固定で発生する取引手数料は取引明細書として出力できます。

取引明細書があることで取引手数料が発生したことを証明できるため確定申告するときに経費計上することが可能です。

スプレッド分の手数料は経費として認められなくても固定の取引手数料は経費として認めてもらえるので、少しでも節税したい人にとってはとても有利な口座です。

ここでは特徴的な部分だけを取り上げました。

もっと詳しい情報を知りたい人は別記事でも解説しているのでご一読ください↓

で、結局どの口座タイプを選べばいいの?

FX初心者におすすめの口座タイプ

・ボーナスがもらえる
・最大レバレッジ1000倍で取引できる
・稼ぎやすい

初心者向けの条件としてこの3つをクリアしている口座タイプが最適です。

となるとスタンダード口座一択です。

ボーナスでトレード資金を増額しつつ、高いレバレッジで稼ぎやすい環境を手に入れられます。

稼ぎよりリスクを減らしたい人向けの口座タイプ

・取引規模が小さい

リスクを減らすには取引金額が小さくする必要があります。

この条件ならマイクロ口座が最適です。

資金を失うリスクを小さくしつつFXトレードできるでしょう。

ただし稼ぎにくくなるのはデメリットです。

超短期売買(スキャルピング)におすすめの口座タイプ

・約定力が高い
・手数料が安い

処理の早さ、手数料の安さが必須のスキャルピング用スペックが備わっているのはXMTrading Zero口座だけです。

このスペックだけ見ると全員このタイプで良さそうに感じるかもしれませんが、より高いレバレッジ設定に対応し少ない資金でトレードできるスタンダードのほうが稼ぎやすいと言えます。

以下リンクからの登録でボーナスあり!
XMトレーディング公式はこちら

XMの口座タイプを確認する方法

口座タイプの確認手順

確認方法は2つ↓

・取引ツールの通貨ペアを確認する
・XMマイページで確認する

取引ツールの通貨ペアは3つの口座タイプによって次のように表示されています↓
(参考例:USDJPY)

マイクロ・・・・・USDJPYmicro
スタンダード・・・USDJPY
XMTrading Zero・・USDJPY.(←最後にドットがついている)

またXMトレーディングにログインし、持っている口座一覧ページで確認したい口座をクリック(タップ)すると口座情報が表示されます。

そこに記載されている口座タイプでも確認できます。

XMの口座タイプを変更する方法

口座タイプの変更手順

すでに作ってしまった口座のタイプ変更はできません。

そこで新しく追加で開設しましょう。
(XMは最大8個まで作れます)

開設するときにつくりたい口座タイプを選択してください。

その後既存の口座から資金を振替すればすぐにトレードできます。

なお間違えてしまっても解約してまた追加開設すればOKです。

口座タイプ変更時の注意点

・変更はできない(追加で新規開設する)
・ボーナス(クレジット)は振替時に現金と一緒に移動する

まとめ

XMトレーディングで用意されている口座タイプそれぞれの特徴を簡単に解説しました。

難しく感じた人はとりあえずスタンダード口座で開設しましょう。

あとで変更したくなったら追加で開設すればいいだけです。

FX初心者だとリスクが小さいマイクロタイプが良さそうに思うかもしれませんが、もともと借金リスクがないXMならスタンダードが最適。

で、トレード時は小さいロットにしておけば安全に取引できるでしょう。