XMの信頼性 – 日本での違法性やFX取引しても問題ない理由とは?

XMトレーディングの信頼性 アイキャッチ画像

日本で一番利用者数が多い=人気があるといえる海外FX「XMトレーディング」。

具体的な数字はわかりませんが、日本だけで100万口座以上あるそうです。

なんだかふわっとしてますが(笑)

私もXMトレーディングでFXデビューしてからはや数年経過したんですが、XMで口座開設するときから今に至るまで信頼性なんて気にしたこともなかったんですよね。

でも海外のFX業者だし信頼性はもっと気にしたほうがいいでしょう。

というわけで、遅ればせながらXMトレーディングの信頼性・違法性について調べてみました。

これから口座開設される方は参考にしてください。

XMトレーディングの信頼性・違法性を調査

XMの違法性から見る信頼性

一部の人はFXをギャンブルかのように考えていますが、それを運営する会社は金融業に分類されます。

決してパチンコ・パチスロのような娯楽ではありません。

そのため事業展開するにはライセンスが必要です。

そこで海外FX業者の信頼性・違法性をチェックするポイントとして

  • 運営会社が金融ライセンスを取得している

が挙げられます。

ではXMはライセンスを取得しているんでしょうか。

XMの運営会社は金融ライセンスを取得しているの?

XMトレーディングのような海外FX業者は金融ライセンスを取得しないと営業できません。

そしてXMは「セーシェル」のライセンスを取得しています。

もちろん詐欺業者は金融ライセンスを持っていると嘘をつくこともありますが、XMトレーディングは正式に取得しているので違法性はありません。

また詐欺や不正行為に関する違法性の面から見る信頼性は問題ありません。

セーシェルライセンスの信頼性は?

ライセンスにもさまざまな種類があり、信頼性の高さも異なります。

ではセーシェルライセンスはどうなのか?ですが、正直あまりランクが上とは言えません。

もちろん取得までにきちんと会社や運営状況などの審査を受けたうえでライセンス付与されるのでFX業者として問題があるわけではありません。

ただXMに関してはこのライセンスだけで信頼度を測るのは早計です。

XMトレーディングはXMグループの一社。

グループ本社はキプロスに拠点を置く世界的な企業グループで、以下の法人があります。

  • Trading Point(Seychelles)Limited(セーシェル)
  • Trading Point of Financial Instruments UK ltd(イギリス)
  • Trading Point of Financial Instruments Pty Ltd(オーストラリア)

この中で、ライセンス名のとおりセーシェルの法人が日本語でのサービス提供を担っています。

そしてグループ全体で二桁ものライセンスを取得しています。

それらの中には審査の厳しいイギリスやキプロスなどのライセンスも含まれるため信頼度は高いです。

ただし海外FX業者を良く思わない金融庁が圧力をかけたのか、取得済みのキプロスライセンスでは日本で運営できないようになってしまったんです。

イギリスにはとても言えないので小さな国のキプロスさんに言ったわけですね・・・。

そこで日本人向けにも正規にサービス提供できるようセーシェルライセンスを取得した、という流れがあります。

要するに日本向けにとりあえず取得しました的なものとも言えます。

ですのでXMトレーディングの信頼性とこのライセンスの信頼性うんぬんはほぼ関係ないと言えるでしょう。

グループでは世界トップクラスに信頼性の高いイギリスの金融ライセンスを持っているので問題ありません。

なおセーシェルライセンスの画像も見られるので興味ある人はチェックしてみてください。

セーシェルライセンス
ライセンス番号「SD010」の画像

ライセンスページの中央あたりにXMのセーシェル法人名「Trading Point(Seychelles)Limited」と表記されているのがわかります。

なお日本国内で事業展開するには金融商品取引業者のライセンスを取得しなければいけません。

日本人が日本国内でXMを使ってFXすることは問題ないのでしょうか。

日本国内におけるXMの違法性・信頼性は?

XMは日本の金融ライセンスを取得している?

日本でFX事業のような金融事業を営むには金融庁に登録してライセンスを取得しなければ違法性が出てきてしまいます。

ではXMトレーディングは登録済みなんでしょうか。

実は未登録です(汗)

金融庁も問題視したのかホームページ上で未登録業者への注意喚起文を掲載しています↓

そして

日本で登録を受けずに金融商品取引業を行うことは違法です。

と書かれていますね。

さらには海外FX業者の未登録者リストPDFもネット上で公開しています。

その中にXMトレーディングもきっちり載ってるんですよね↓

金融庁の未登録海外FX事業者 XMの欄

これを読む限り「海外FXは違法性あります」という印象を受けますし、一般の方は信頼性を失うことでしょう。

ではなぜいまでもXMを使っている日本人ユーザーは増え続けていて、さらに何の問題もなくFXが出来ているんでしょうか。

日本でXM口座を使ってFXトレードしても違法性はない

日本にいるトレーダーが逮捕されないのは、あくまで金融商品取引法が事業者を対象にしているからですね。

トレーダーがXM口座を使ってトレードしても金融商品取引法とは関係ありません。

でも未登録者リストに載っていると不安を感じるはず。

ではなぜ問題ないのでしょうか。

日本でXMが違法になるボーダーライン

まずXMは日本国内で営業活動していません。

営業活動とは日本での勧誘行為やサポートセンターなどなにかしらの拠点を置いて活動することです。

これらの動きを見せれば違法性ありとなってしまいます。

でもXMは国境がないインターネット上で日本人でも使えるよう言語対応しているだけの状態。

違法性なんてありません。

そのため金融庁も「海外FXは違法です」とハッキリ言ってません。

上の金融庁へのリンク先ページにある注意喚起文を読むと、いかにも信頼性は低く違法性があるかのように印象が持たれるような濁した言い方になってるんですね(汗)

また問題点は「日本国内での勧誘行為」です。

XMはパートナー制度(アフィリエイト制度)を使ってネット上だけで勧誘している状態。

これもインターネットに国境はないため金融商品取引法の適用範囲外となります。

なので問題なく運営し続けられるわけですね。

パートナー制度(アフィリエイト制度)について詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

ここまでは法律面からXMの信頼性を見てきました。

つづいてサービス面の信頼性について紹介していきます。

XMトレーディングの信頼性を調べてみた

信頼性を測る指標として次の項目が挙げられます。

  1. 顧客資産は分別管理している
  2. 会社の運営歴が長い
  3. XM公式サイトは日本語対応
  4. 頻繁にセミナーを開催している
  5. スポンサー契約もしていた
  6. NDD方式によって運営されている
  7. 過去に多くの受賞履歴がある
  8. サポートの質が高い
  9. 利用者の評判がいい

それぞれどういう状況・意味なのか?を見ていきます。

【信頼性のポイント1】顧客資産は分別管理している

FX業者の信頼性を測る要素の1つに信託保全があります。

信託保全とは、万が一XMが倒産したらお客さんの資産が一定金額まで保証される仕組みのこと。

ですがXMは信託保全がありません。

またネット上では「AIG保険」というものに加入していると書かれているサイトも見かけますが、こちらも明記されていません。

問い合わせても答えられないとのこと。

とはいっても、顧客資産はXM自身のお金とは別にスイスやドイツの銀行にて管理しているとのこと。

問題ないと言えるでしょう。

【信頼性のポイント2】海外FX会社としての運営歴が長い

2009年から現在まで実に10年以上の運営実績があります。

海外FX業者の中にはもっと長い運営歴の会社もありますが、この業界で10年以上続いているだけでも十分信頼に値すると言えるでしょう。

【信頼性のポイント3】XM公式サイトは日本語対応

XMの信頼性 完全日本語対応

何を当たり前のことを、と思われるかもしれませんが、海外業者のホームページは日本語が怪しいこともありますからね。

XMトレーディングのホームページはそんなことがありません。

グーグル翻訳でそのまま訳したような不自然な文章は見当たらないので、日本への対応もきちんとしていると考えられます。

【信頼性のポイント4】頻繁にセミナーを開催している

XMで口座開設すると結構な頻度で無料セミナーの案内メールが送られてきます。

ネット上で受けられるものなのでありがたいですね。

そして日本ではリアルセミナーまでは開催されていないようですが、海外では実施されています。

ネット企業はなかなか会社内部までみえないこともありますが、XMはリアルの場でもきちんと活動しているのがわかります。

【信頼性のポイント5】スポンサー契約もしていた

陸上で超が付く有名人「ウサイン・ボルト」のスポンサーもやっていました。

いまはしてませんが、スポンサーになれるだけの信頼度はあると言えます。

なおウサインボルトに関しては2017年に引退後一線から退いていますし、スポンサー契約を続ける理由もありませんからね。

現在はとくに有名人とのスポンサー契約はしていないようです。

【信頼性のポイント6】NDD方式によって運営されている

まずNDD方式って何?と思うはず。

ザックリ解説しておきます↓

NDD方式とは?

No dealing desk(ノーディーリングデスク)の略で、FX業者を挟まずトレードする方式のこと。

国内FX業者の多くは「DD方式」を採用していて、トレーダーの注文を中間にいる業者が一旦受け取ってから市場に流すため、手数料を自由に設定できてしまいます。

NDD方式はこの仲介業者がいないため、そのままのスプレッド(売値と買値の差額で手数料みたいなもの)で取引できます。

よって透明性の高いトレードができるわけです。

というわけで、あなたのトレードに不正行為ができないNDD方式なので信頼性は高いと言えます。

【信頼性のポイント7】過去に受賞履歴がある

XMの信頼性 受賞歴あり

  • ベストFXブローカー ヨーロッパ賞(ワールドファイナンスマガジン)
  • ベストFXカスタマーサービス賞(シェアーズマガジン)
  • ベスト市場研究&学習賞(CFI.co/読者投票)
    など

まぁこの辺は気休め程度で考えておくのが正解です。

世の中にはモンドセレクションのようにお金で買えてしまう賞もありますからね。

とはいえ何も受賞していないFX業者より信頼性は高いと言えるでしょう。

【信頼性のポイント8】サポートの質が高い

月~金曜の平日は24時間日本人サポーターが対応しているXM。

スタッフも10名以上揃えているため、まず繋がらないってことはないはずです。

上の受賞歴にも書いていますが、「カスタマーサービス賞」も受賞しています。

それでも不安があるなら、まずはXMのカスタマーサポートに問い合わせてみましょう。

XMカスタマーサポート利用方法

  • ライブチャット・・・月~金/24時間OK/XM公式ページで利用可能
  • Eメール・・・support@xmtrading.com

【信頼性のポイント9】利用者の評判がいい

何かしら契約するとき、検索エンジンやツイッターなどで評判を調べる人は多いと思います。

そこでXMについての評判を調べてみると、信頼性を損なうようなトラブルはほとんど見当たりませんでした。

5チャンネル(旧2チャンネル)などの掲示板には「出金拒否された」「口座凍結された」という声は確かにあります。

でも具体的な理由も書かれていませんでしたし、トレーダー側が利用規約を破っていればそれらの対応も仕方ないです。

口コミ・評判については次で紹介していきます。

XMユーザーの口コミ・評判から信頼性をチェック

ツイッターやネット掲示板などを中心に調査しています。

ユーザーの好意的な口コミ・評判

  • ゼロカットあり追証なしで安心
  • サポートが丁寧
  • 出金早い
  • 実績あるから安心できる
  • 出金拒否なんて聞いたことない

ゼロカットあり追証なしで安心

XMは追証(おいしょう)がありません。

追証とは為替相場の急変で口座の強制決済機能が間に合わず残高がマイナスになってしまった時に補填を請求されること。

ようは借金になるわけですね。

でもXMなら国内業者だと追証になるパターンでもゼロカット制度によってマイナス残高をなかったことにしてくれます。

借金の心配がなくなるわけです。

個人的にもゼロカットがない国内業者は怖いので使えません(汗)

相場はいつキバを剥いてくるかわかりませんからね・・・。

サポートが丁寧

私も何度か利用していますが24時間日本語サポートありで返信も早い印象です。

早く返事が欲しい人はライブチャットを使いましょう。

サポートの使い方はこちらの記事を参考にしてください。

出金早い

出金が遅いっていう評判はないこともないんですが、早いという声の方が目立っている印象です。

処理は30分くらいで終わり、着金までは翌日には完了している感じですね。

2日以上かかる場合は銀行の営業日の関係か、ほかに何かトラブルがあったのでしょう。

健全に利用しているユーザーならすぐに出金対応してくれますよ。

実績あるから安心できる

実績への信頼にたいしての評判がいいですね。

私も実績への信頼性から考えて安心できるためXMをメインに使っています。

なんだかんだいっても海外のサービスなので不安を感じる人もいるはず。

海外FXはたくさんあり新興業者も増えていますが、いくら条件が良くても結局はXMへの信頼性が勝ちます。

出金拒否なんて聞いたことない

こんな評判もでていました。

規約違反などによる出金拒否は当然あると思います。

でも健全なトレーダーなら拒否されることなんてありえませんし、私自身も出金拒否されたことはありません。

まずありえないでしょうね。

ユーザーの否定的な口コミ・評判

  • ボーナス上限500ドル少ない
  • スプレッド広い
  • bitWallet入金手数料高い
  • 仮想通貨トレードでXMPつかない
  • 最近100%入金ボーナスが多いがヤバめ?

ボーナス上限500ドル少ない

ボーナスは頑張っているほかの海外FXをみるとしょぼく感じる人もいるようです。

初心者の方ならボーナスはあったほうがいいんですが、そうでないならこだわる必要はないですね。

ただXMのボーナスは口座間移動もできるので結構使い勝手はいい感じ。

スプレッド広い

海外FXの中ではわりとスプレッド広めなのはマイナスですね。

スプレッドは注文するたびにポジションに上乗せされている手数料です。

そして新興の海外FX業者にはたいてい負けています。

ただお金を預けるならスペックより信頼性のほうが大事だと思うのでXMをおすすめします。

bitWallet入金手数料高い

入金するときにbitWalletを使うと手数料高めです。

とはいえわざわざ口座開設しなければいけたいので面倒です。

クレジットカードや銀行振込がおすすめですね。

仮想通貨トレードでXMPつかない

2022年5月から仮想通貨取引が再開されました。

ただしロイヤリティポイント(XMP)は付きません。

けっこうおいしい特典なので残念ですね。

最近100%入金ボーナスが多いがヤバめ?

たまに入金100%ボーナスキャンペーンが続くことがあります。

そういったときに「XM資金繰りがヤバいんちゃう?」みたいな悪い評判もでてきますね。

もちろん裏事情は一般トレーダーにはわかりようもないので実は火の車って可能性もないわけではありませんが、それなら出金遅延や拒否などが多くなり自然にネットで悪い評判が増えていきます。

いまのところそんな兆候は一切見られないので問題ないでしょう。

まとめ

XMトレーディングの信頼性について調べたことをまとめました。

まず運営企業がしっかりしたところで、ライセンスも取得しています。

運営歴はXMより長い海外FX業者もありますが、10年以上続いていますし、他社に引けを取らない規模も備えています。

なにより日本人ユーザーが一番多いと言われている海外FX業者なので、突然日本人トレーダーたちが勝ちまくって多額のお金を出金するようなことでもなければ潰れないはず。

安心してトレードできる業者だと言えるでしょう。