XMの最大ロット数と必要証拠金を口座タイプ別に比較

XMの最大ロット数 アイキャッチ画像

このページでは海外FX業者「XMトレーディング」の最大ロット数について解説しています。

最初に結論から言うと、XMでは1ポジションあたり最大100ロット、保有可能な最大ロット数なら20000ロットまでです。

ただしこの数値は口座タイプによって違ってきます。

そこで1トレードに対して、またはXMアカウント全体で保有できる最大ロット数など細かい部分について解説していきます。

\ここから登録で軍資金3000円プレゼント!/

XMの口座開設はこちら(無料)

XMの最大ロット数に関する基礎知識

ロット数とは?

最大ロット数について調べている人は知っていると思いますが、一応触れておくとトレードにおける「ロット」とは注文単位のことを意味します。

XMでは最低0.01ロットから注文可能です。

ポジション数とは?

最初にXMでの保有可能な最大ロット数は20000ロット分と言いましたが、1つの注文=1ポジションで指定できるわけではありません。

1ポジションあたりは50~100ロットまでが最大です。

ただし1つのXMアカウントに対して同時に保有できるポジション数が200個まであるため、単純に200倍した数字が最大保有ロット数となるわけです。

XMの1ロットあたりの通貨単位

トレード時には注文するロット数以外に「通貨単位」も大事な要素。

通貨単位とは1ロット注文したときの通貨保有数を意味します。

口座タイプによって異なり、XMでは1000通貨単位と10万通貨単位の口座タイプが用意されています。

たとえばUSDJPY(米国ドル/日本円)の通貨ペアでFXトレードするとき、前にある通貨「米国ドル(USD)」が単位です。

となるとXM口座タイプによって1ロットの注文で保有する量は1000ドルや10万ドルとなるわけです。

10万ドル=1000万円以上なので凄い金額ですね。

XMではレバレッジをかけてトレードできるため、これだけの金額を子供のお年玉くらいの資金(数万くらい?)があれば注文することができます。

詳細は後ほど解説します。

最大ロット数(ロット制限)

最大ロット数は1つのXM口座で注文できる上限数のこと。

XMでは口座タイプ毎に最大50~100ロットまで注文可能です。

通貨単位では1000通貨×100ロット=10万通貨、10万通貨単位×50ロット=500万通貨まで保有できます。

最大ポジション数

XMでは200ポジションが上限です。

なおこの最大数は1つのアカウント内でのもの。

XMでは最大8つまで口座を保有できるため全部合わせての数字が200ポジションまでとなります。

たとえば以下のような注文状況だとします↓

・USDJPY・・・5ロット注文
・EURUSD・・・10ロット注文
・GBPJPY・・・15ロット予約注文

通貨ペアはバラバラですがポジション数は3つ、ロット数は30ロット分となります。

ちなみに1つの口座で1ポジションの最大ロット数(50~100)までしか保有できないと書かれているところがあったので念のためXMサポートに質問。

こういった回答を頂きました↓

1アカウントでスタンダード口座が1つある状態なら最大で50ロット×200ポジション=1万ロット分保有できるという認識で問題ありませんか?

お客様毎の最大保有可能ポジション数(予約注文を含む)を200と定めております。従いまして、お客様にて最大200ポジションを保有可能です。また、スタンダード口座の最大取引可能ロット数(1ポジションあたり)=50(スタンダード)ロット=500万通貨でございますので、ご理解のとおり、50ロット×200ポジションを保有可能です。

「1ポジションの最大ロット数×最大ポジション数分のロット数を保有できる」で間違いないようです。

ライブチャットで担当してくれた「Yさん」、ありがとうございました。

XM口座タイプ別の最大ロット数と特徴まとめ

XMには

  • スタンダード口座(デモ口座対応)
  • マイクロ口座
  • XM Zero口座(デモ口座対応)

の3種類あります。

それぞれの最大ロット数はこんな感じです↓

XMの口座種類別最大ロット数

1つ1つの口座タイプ別に詳しくみていきます。

XMスタンダード口座の最大ロット数

1トレード(1ポジション)アカウント全体
0.01~最大50ロット0.01~最大10000ロット
※1口座で200ポジションまで保有可能

1トレード単位なら最大50ロット分注文可能です。

アカウント単位なら10000ロット分も売り・買いポジションを持てるわけですね。

途方もない金額になりますが(汗)

ちなみにスタンダード口座は1ロット=10万通貨単位。

一例として以下のように計算してみました。

ドル円(1ドル100円計算)で1ロットを取引した場合

100円×1ロット(10万ドル)=1000万円

FX業者には1万通貨のところもありますが、XMは10万通貨なので実に1000万円ものお金を使ってトレードしていることになります。

ちなみにXMは1アカウントで最大8口座まで開設できるため、50ロット×200ポジション×8口座=80000ロットまで持てる・・・わけではありません(汗)

上で紹介したように上限は1アカウント単位なので最大数は50ロット×200ポジション=10000ロットまでですね。

それでも最大1000億円もの取引ができてしまうってスゴイ・・・。

そこまで行くとXMトレーディングの運営に影響が出てくるでしょうしなにかしら制限されそうな気もしますが。

まぁそんな雲の上の話はいいとして、私のような一般サラリーマンには1ロットのトレードでも大きな金額に感じられますし、FX初心者にとっては不安かもしれませんね。

ただですね、XMはゼロカットという仕組みがありトレードに失敗し負けても借金を背負わされることはありません。

これが国内FX業者だと突発的な為替変動で損失が原資以上に膨らむと、マイナス分を請求されたりします。

せっかく稼ぐために始めたFXで借金を負うなんて冗談ではありません。

この点だけでもXMを選ぶ価値はありますよ。

スタンダード口座で最大ロット数保有したときの必要証拠金

1億円あれば最大ロット数を保有できます。

1つのスタンダード口座で保有できる最大ロット数は1万ロットです。
(他の口座にポジションがない場合)

で、上で紹介した事例の条件(USDJPYで1ドル=100円)をそのまま使った場合で考えます。

まずXMはレバレッジ最大1倍~1000倍で設定できます。

レバレッジは「てこの原理」の「てこ」を意味する言葉でFXにおいては小さな金額で大きな注文をするための仕組み・サービスです。

で、レバレッジ1000倍は1円で1000円分の注文ができることを意味します。

仮に1ドル=100円のUSDJPYでトレードしたなら上でも紹介したように1ロットあたり1000万円の資金を動かすことになります。

なので、1ロットのポジションを持つための必要証拠金は1000万円÷1000倍=10000円。

足りない分(10000円×999倍=999万円)はXMが補填して実際の金融市場に注文してくれるわけです。

これなら最大50ロットで200ポジション持ったとしても、10000ロット分=1000億円分のトレードに必要な証拠金は1000分の1の1億円となるわけですね。

というわけでレバレッジ倍率によって1億~1000億円あればスタンダード口座で最大ロット分を保有可能です。

さすがにサラリーマンでは無理なレベルですが、1ロット程度=1000万円程度なら1000倍レバレッジにすることで簡単に注文できますね。

マイクロ口座の最大ロット数

1トレード(1ポジション)アカウント全体
(MT4)0.01~最大100ロット
(MT5)0.1~最大100ロット
0.01~最大20000ロット
※200ポジションまで保有可能

スタンダード口座より最大ロット数が多くなっています。

ただし1ロット当たり1000通貨単位と低め。

スタンダード口座の100分の1に抑えられているため、名前どおりマイクロなトレードをするための口座となっています。

ドル円(1ドル100円計算)で1ロットを取引した場合

100円×1000通貨×1ロット=10万円

これくらいの金額なら比較的安心してトレードできるはず。

金額の大きさに不安を感じるFX初心者の方はマイクロ口座がおすすめです。

ただしデモ口座に対応していないため、ぶっつけ本番で使ってみるしかありません。

もし合わないと感じたなら、ほかの口座種類にしたいときは別に口座開設し資金を移動させましょう。

とはいえXMなら借金を背負うこともないため最初からスタンダード口座を選んだほうがいいですね。

マイクロ口座で最大ロット数保有したときの必要証拠金

レバレッジ1000倍設定なら200万円あれば最大ロット数を保有可能です。

マイクロ口座はスタンダードの100分の1となる1000通貨単位が基準です。

となるとただし1ポジションあたりの最大ロット数は倍の100ロットまで注文できます。

そこでスタンダードの時と同じ条件(USDJPYで1ドル=100円)で考えてみます。

この場合1000通貨単位=1000ドルなので計算式は次のとおりです↓

100ロット×1000ドル×100円×200ポジション=20億円

XMマイクロ口座ではレバレッジ1倍~1000倍の間で設定できるため、200万~20億円あれば最大ロット数分を保有できます。

初心者の方はスタンダード口座がおすすめ

XMロット数 マイクロとスタンダード比較

とくのFX初心者の方がスタンダードかマイクロ口座で迷いやすいんですが、当サイトでは最初からスタンダード口座をおすすめしています。

稼ぐことが目的でFXを始めるんだと思いますし、マイクロ口座のようなローリスクローリターンではバイト代・パート代を稼ぐことすら厳しいです。

だからといってスタンダード口座がハイリスクなのか?というとゼロカット制度があるので借金を背負うという最悪のリスクが抑えられます。

せっかく海外FXの高いレバレッジを使える環境を選ぶなら、稼ぎやすいスタンダード口座から始めることをおすすめします。

XMゼロ口座の最大ロット数

1トレード(1ポジション)アカウント全体
0.01~最大100ロット0.01~最大10000ロット
※200ポジションまで保有可能

1ロット当たり10万通貨でスタンダード口座と一緒です。

ドル円(1ドル100円計算)で1ロットを取引した場合

100円×10万通貨×1ロット=1000万円

ここまではスタンダード口座と一緒です。

違いは最大レバレッジが500倍に抑えられていること(デメリット1)。

1ロット注文時の必要証拠金が20000円とスタンダード口座に比べて倍近くになります。

ただしメリットもあって取引手数料が少し安くなっています。

デイトレードやスキャルピングなど1日のトレード回数が多いトレーダー向けの口座ですね。

そして入金ボーナスはついていません(デメリット2)。

XMゼロ口座で最大ロット数保有したときの必要証拠金

スタンダードと同じ10万通貨単位ですが、最大レバレッジが500倍と低めになっています。

よってスタンダードの倍となる2億円あれば最大ロット数分保有できる計算です。

USDJPYで1ドル=100円計算の場合、1ロット当たりに必要証拠金は次にようになります↓

100円×10万ドル÷500倍=2万円

これを最大10000のロットで計算すれ「2万円×1万ロット=2億円」の必要証拠金です。

というわけで1ドル=100円の条件下で最大ロット数を保有似るためにはレバレッジ倍率設定に応じて2億~2000億円の必要証拠金が必要です。

レバレッジ1倍設定だと元ゾゾタウンの社長さんでも用意できない金額です。

これを2億円で注文できるレバレッジと言う仕組みはありがたいですね。

もちろんトレードするなら資金に余裕をもたせなければすぐ溶けてしまうため2億円の10倍くらいは用意したいところですが…。

XMゼロ口座は初心者向けではありません

スキャルピングという超短期型トレード方式を好む中・上級者向けなので入金ボーナスやロイヤリティポイントというポイント制度が付いていません。

FX初心者にとってボーナスはかなり有利に働くもの。

絶対もらっておきたいものなのでボーナスのないゼロ口座はおすすめしません。

XMの取引商品別の最大ロット数

マイクロスタンダードゼロ
FX取引1005050
仮想通貨CFD10050非対応
コモディティ(商品)10050非対応
株式指数10050非対応
貴金属1005050
(GOLD/SILVERのみ)
エネルギー10050非対応

マイクロとスタンダード口座はXMで扱うすべての商品をトレードできます。

最大ロット数もFX取引時と同じ条件です。

短期売買用のスペックに仕上げられているゼロ口座はFXと貴金属のゴールド・シルバーのみ対応となります。

最大で保有可能なポジション数も同様です。

なお提供可能なレバレッジは取引商品ごとに変わるため、最大1000倍でトレードできないものもたくさんあるため注意しましょう。

詳しくはXM公式サイトでご確認下さい。

こちら⇒XM公式サイト

XMのロット数に関するQ&A

最大ロット数は?

マイクロ口座は100ロットまで、それ以外は50ロットまでです。

最大ポジション数は?

XMの1つのアカウントに対して200ポジションまでです。

XMでは8つまで追加できますが、全部合わせて200ポジションまでです。

ロット制限はある?

マイクロ口座は1ポジション100ロットまで、それ以外は50ロットまでです。

なお保有可能数ならポジション数を掛け算した数が最大数となります。

ほかの海外FX業者の最大ロット数比較

海外FX業者最大ロット数最大ポジション数
XMマイクロ口座100ロット200
XMスタンダード口座50ロット200
XMゼロ口座50ロット200
TitanFX100ロット200
Tradeview75ロット200
iFOREX50ロット無制限
GemForex30ロット30

だいたい似たようなスペックですが、iFOREXのように保有可能なポジション数が無制限の海外FX業者もあります。

ここなら好きなだけ注文できてしまいますね。

とはいえ、現実的にはあなたのお金をきちんと管理してくれるか?出金申請に確実に対応してくれるか?が海外FX選びの大事なポイントです。

そういった面からXMは信頼性が高いため多少スペック面で劣っていてもXMをおすすめします。

\ここから登録で軍資金3000円プレゼント!/

XMの口座開設はこちら(無料)

まとめ

XMトレーディングの最大ロット数について紹介しました。

口座種類によって最大ロット数は異なります。

単純にロット数が多い方がいいならマイクロ口座ですが、1000通貨単位でしかトレードできません。

通貨単位も含めて計算するとスタンダード口座の方が大きな金額でトレード可能ですし、稼ぎやすいと言えるでしょう。

というわけでFX初心者ならスタンダード口座がいいですね。

トレード頻度が多いならXM Zero口座がおすすめです。