XMの出金方法 – 基本ルールや手数料、出金できないときの対処法まとめ

XMトレーディングの出金方法 アイキャッチ画像

海外FX業者「XMトレーディング」で稼いだお金は、口座にずっと入れておいたままでは当然自由に使えません。

そこでXM口座から出金する方法について解説していきます。

目次

XMトレーディング口座からの出金方法

XMの出金方法は5つ

  • クレジットカード(デビットカード)へ出金
  • ローカルバンクトランスファー(銀行へ出金)
  • bitwallet(ビットウォレット)
  • STICPAY(スティックペイ)
  • BXONE (ビーエックスワン)

XMの入金方法より少なくなりますが出金は5種類からとなります。

ただ海外FX「XM」ならではの特殊なルールもあるのでトラブルになる前に確認しておきましょう。

引き出す前に知っておきたいXMトレーディングの出金ルール

  • 入金⇒出金は同じ方法が基本
  • 稼いだ分は銀行送金のみ対応
  • 各出金方法に優先順位あり
  • 証拠金維持率が低いと出金できない
  • 申請額に比例したボーナス額が消失する

入金⇒出金は同じ方法が基本

出金手続きをする前に大前提のお話をしておきます。

XMトレーディングではクレジットカードやオンラインの電子決済サービスを使って入金した場合、その原資分だけは入金手段先への出金となります。

このルールがあるため、クレジットカード入金した場合も入金した金額分だけはカード会社への払い戻し(キャンセル)手続きがとられます。

カード会社からすれば面倒な取引先ですね(汗)

とはいえクレカ入金してほかの決済方法へすぐ出金できてしまったらショッピング枠の現金がが出来てしまいます。

また違う手段の決済方法へ出金できてしまうと資金洗浄(マネーロンダリング)に使われてしまうでしょう。

よってこのようなややこしいルールになっています。

稼いだ分は銀行送金のみ対応

FXトレードで稼いだ利益を出金できるのは銀行送金だけです。

これは上で紹介した入金⇒出金方法が固定されるルールと同じくマネーロンダリングやクレジットカード枠の現金化などに悪用させないため必要な措置。

たとえばクレジットカードで20万入金して銀行口座へすぐ出金できてしまったら、キャッシング枠がなくても現金化できてしまいますからね。

そういった不正を防ぐためにも原資分だけは利用した入金サービスに返却される仕組みとなっています。

ちなみにすでにクレカ入金分を出金済みの場合はこんなメッセージが表示されます↓

XMクレカ出金済みのメッセージ

各出金方法に優先順位あり

あまりいないとは思いますが、クレジットカードと銀行送金、bitWalletなど複数の方法で入金する人もいます。

このとき申請できる優先順位と言うものがあります。

そのとおりに手続きを進めないとできない可能性があるので確認しておきましょう。

出金申請の順番(優先順位)
  1. クレジットカード/デビットカード
  2. STICPAY/BXONE/bitWallet
  3. 銀行送金

この順番でそれぞれの入金額分を申請してください。

全部終わったらようやく利益分を引き出せます。
(こちらは銀行送金のみ)

たとえばクレカで10万円入金⇒銀行送金で20万入金⇒STICPAYで5万円入金したとします。

そして35万円の軍資金を使って10万円稼げた場合の利益の申請手順は以下のようになります↓

  1. 10万円分をクレジットカードで申請
  2. 5万円分をSTICPAYで申請
  3. 20万+利益10万円を銀行送金で申請

決済方法が別になるとそれぞれで手数料がかかることもあるので少し面倒ですがルールはルール。

優先順位を間違えないよう申請していきましょう。

証拠金維持率が低いと出金できない

XM口座でポジション保有中の場合証拠金維持率が150%もしくは400%以下になる金額は申請できません。

XM公式にはこのように記載されています↓

a) 証拠金維持率が150%以下に落ち込むリクエストは月曜日01:00から金曜日23:50 GMT+2(夏時間適用)は受け付けられません。
b) 証拠金維持率が400%以下に落ち込むリクエストは週末中(金曜日23:50から月曜日01:00 GMT+2(夏時間適用))は受け付けられません。

月曜1:00~金曜23:50までは証拠金維持率150%以上となる金額に、金曜23:50~月曜1:00までは証拠金維持率400%以上となる金額に調整しなければいけません。

申請額に比例したボーナス額が消失する

XMでは出金申請すると口座残高に含まれるボーナス(クレジット)も消滅します。

ただしほかの海外FXでみられるような申請したら即消滅ではなく、現金残高の割合に応じて消滅します。

キャッシュが10万&ボーナスが5万あったとき、5万円出金申請するとボーナスは25000円分消滅するわけです。

 

次からはXMで対応する決済方法をそれぞれ解説していきます。

決済手段ごとの特徴や最低額と限度額、手数料、処理時間、申請手順をまとめました。

XMのクレジットカード/デビットカード出金

クレジットカード出金の特徴

VISAとJCBブランドに対応しています。

支払いだけに使えるクレジットカードへ出金する、となると意味がわからない人もいるのでは?

実際は出金と言うより、決済に使った分だけ払い戻しする感じですね。

クレジットカード明細でもマイナスで記載されます。

また入金した分だけしか出金できません。

なお次の場合は銀行への送金となります。

  • JCBカードで入金している
  • カードの有効期限が切れている
  • 入金後3カ月~1年ほど経過している

有効期限切れ直前にXM口座へ入金したら、すぐカード枠を現金化できてしまいますね(汗)

あとJCBカード入金だと実質カード枠の現金化ができてしまうからか、利用不可になりました。

ほか、入金してから期間が経っていればマネーロンダリングなどの可能性が低くなると判断されるのか銀行へ送金できるようになります。

私も場合もクレジットカード入金してから1年以上経過していたため上のように決済拒否の画像が表示されました。

クレジットカード出金の最低/限度額と手数料

最低額・・・500円
限度額・・・入金額まで
手数料・・・無料

クレジットカード出金の処理時間

XM側の処理時間・・・1営業日
着金までの時間・・・2~5営業日

クレジットカードのメリット・デメリット

メリット

・手数料が無料
・二度目からはカード情報の入力不要

デメリット

・利益の出金不可
・JCBは出金非対応

クレジットカード出金の手順

  1. XMにログイン
  2. 「資金の出金」ボタンを押す
  3. カードブランドのアイコンを選択
  4. 金額を入力
  5. 「リクエスト送信」を押す

クレジットカードへ出金できないときの対処方法

  • カード会社側で拒否している
  • カードへの返金期間をオーバーしている
  • 証拠金維持率が基準外になる
  • ボーナスを出金しようとしている

クレジットカードへの出金には3ヶ月という有効期限があります。

オーバーすると銀行送金を使うことになります。

XMの銀行送金(ローカルバンクトランスファー)の特徴

XMの銀行出金

銀行送金の特徴

クレジットカード入金分がある場合はそちらが優先されるため、銀行送金が選べません。

クレジットカードの欄で紹介した例外を除き、銀行送金はあくまでも利益分だけとなります。
(銀行から入金した分は除外)

出金に使える銀行

下記のSWIFTコードのある銀行に限ります。

大手銀行のSWIFTコード例↓
(50音順)

  • 住信SBIネット銀行:NTSSJPJT
  • ソニー銀行:SNYBJPJT
  • みずほ銀行:MHCBJPJT
  • 三井住友銀行:SMBCJPJT
  • 三菱UFJ銀行:BOTKJPJT
  • 楽天銀行:RAKTJPJT
  • りそな銀行:DIWAJPJT

地方銀行、信用金庫などは「銀行名+SWIFTコード」で検索するとでてきます。

銀行送金の最低/限度額と手数料

・最低額・・・10000円
・限度額・・・上限なし
・手数料・・・40万未満は2500円/40万以上は無料

XMではXM運営会社とあなたの使っている銀行間でやりとりするわけではありません。

間に決済代行会社が入るため手数料が発生します。

ただし一回の申請金額が40万円以上であれば手数料無料です。

40万円未満の場合は金額にかかわらず2500円かかってしまいます。

となると、もし銀行送金の最低額1万円を出金しようとしたら手数料だけで4分の1もなくなってしまいますね。

ガッツリ稼いでから申請しましょう。

銀行送金の処理時間

・XM側の処理時間・・・1営業日
・着金までの時間・・・1~5営業日

銀行送金のメリット・デメリット

メリット

・XM稼いだ利益を唯一出金でき決済方法
・限度額が無制限
・ネットバンクなら着金が早くなる

デメリット

・銀行によっては反映までに時間がかかる
・最低額が1万円と割高
・40万円未満は割高な手数料がかかる

銀行送金の手順

  1. XMマイページにログイン
  2. 「資金の出金」ボタンを押す
  3. 「Local Bank Transfer」を選択
  4. ローカルバンクトランスファーの手続き

【Step1】XMマイページにログイン

XM口座の番号とパスワードでログインします。

ログインはこちらから
XM公式ホームページ

【Step2】「資金の出金」ボタンを押す

XM口座から出金2

上の事例では口座が3つありますが、一番上の口座からの出金となります。

別の口座から出金したい場合は、その口座へログインすれば一番上にきます。

ちなみに「資金振替」は口座間での資金移動ができるため、全部引き出したいならまとめてからにすると手間もかかりません。

【Step3】「Local Bank Transfer」を選択

XMの出金 Local Bank Transferアイコン

こんな感じの決済手段選択画面が表示されているので「Local Bank Transfer」を選択しましょう。

【Step4】ローカルバンクトランスファーの手続き

  • 名前(カタカナ)
  • 姓(カタカナ)
  • フルネーム(ローマ字)
  • 住所(英語表記で)
  • 口座番号
  • 銀行名(英語表記で)
  • SWIFTコード
  • 銀行の住所(英語表記で)
  • 支店コード
  • 支店名(英語表記で)
  • 出金額

を入力し、「リクエスト」ボタンを押しましょう。

銀行情報の英語表記は、「利用する銀行名+英語表記」などで検索すると出てくるので参考にしてください。

【英語表記名サンプル】楽天銀行の場合

XM出金 楽天銀行の英語表記

こんな感じで掲載されています。

銀行送金できないときの対処方法

  • あなたが使っている銀行が対応していない
  • 証拠金維持率が150%以下
  • ボーナスを出金しようとしている

bitwallet(ビットウォレット)出金の特徴

bitwallet XM出金

bitwalletの特徴

bitwallet(ビットウォレット)は、海外のオンライン決済会社のサービスです。

日本では海外FXユーザーが最も利用しているオンライン決済サービスですね。

利益分は出金できません。

手数料はヘビーユーザー程安くなる変動制を採用。

とはいえXMでは入金分までしか出金できないためランクアップは難しいでしょう。

bitwallet出金の最低/限度額と手数料

最低額・・・500円
限度額・・・入金額まで
手数料・・・無料

bitWalletからあなたの銀行口座への手数料は別でかかりますが1000円以下なので良心的です。

bitwallet出金の処理時間

XM側の処理時間・・・1営業日
着金までの時間・・・即時反映

bitWalletのメリット・デメリット

メリット

・XMの手数料が無料
・申請後の反映が早い
・bitWalletから銀行口座への送金手数料が安い

デメリット

・利益は出金できない
・対応通貨は日本円のみ

bitwallet出金の手順

  1. XMマイページにログイン
  2. 「資金の出金」ボタンを押す
  3. 「bitWallet」を選択
  4. 金額を指定(小数点まで入力)
  5. 「リクエスト」ボタンを押す

bitwalletへ出金できないときの対処方法

  • bitWallet側がメンテンナンス中
  • bitWallet側のアカウントとXM名義が異なる
  • 証拠金維持率が基準外
  • ボーナスを出金しようとしている

STICPAY(スティックペイ)出金の特徴

XM出金 STICPAY

STICPAYの特徴

STICPAY(スティックペイ)もbitWalletと同じくオンライン決済サービスの1つです。

処理も早く日本円だけでなく米ドルにも対応し快適に送金できる決済手段です。

ここは仮想通貨にも対応していますが、XM側が仮想通貨決済に対応していないのであまり意味はありません。
(トレードは可能)

またスティックカードを作成するとコンビニATMでも引き出せるため便利です。

なおXMで得た利益の出金には対応していません。

STICPAY出金の最低/限度額と手数料

最低額・・・500円
限度額・・・入金額まで
手数料・・・無料

STICPAY口座からあなたの銀行口座への送金はbitWalletより割高なので、あえてここを選ぶ理由はないでしょう。

STICPAY出金の処理時間

XM側の処理時間・・・1営業日
着金までの時間・・・即時反映

STICPAYのメリット・デメリット

メリット

・手数料が無料で使える
・着金までの時間が早い
・XM口座の通貨が米ドルならSTICPAY側も米ドル口座にすれば為替手数料が不要になる
・STICカードがあれば出金がしやすくなる

デメリット

・入金分までしか出金できない
・bitWalletより手数料が高くつく

STICPAY出金の手順

  1. XMマイページにログイン
  2. 「資金の出金」ボタンを押す
  3. 「STICPAY wallet」を選択
  4. 金額を入力
  5. 「リクエスト」ボタンを押す

STICPAYへ出金できないときの対処方法

  • STICPAY側がメンテンナンス中
  • STICPAYアカウントと名義が異なる
  • 証拠金維持率が基準外
  • ボーナスを出金しようとしている

BXONE (ビーエックスワン)出金の特徴

BXONE XM出金

BXONEの特徴

BXONE(ビーエックスワン)はまた新し目のオンライン決済サービスです。

先に紹介したbitWalletやSTICPAYよりこちらを選ぶ理由はいまのところありません。

仮想通貨メインなのでこれからのサービスですね。

徐々に採用する海外FX業者も増えているようなので今後に期待しましょう。

なおBXONE口座は米ドルしか対応していません。

XM口座側が日本円やユーロだと出金時に為替交換手数料が発生してしまいます。

BXONEも利益分の出金はできません。

BXONE出金の最低/限度額と手数料

最低額・・・500円
限度額・・・入金額まで
手数料・・・無料

米ドル口座しか持てないため余分な手数料が発生する可能性大。

またBXONEからあなたの銀行口座への送金手数料もbitWalletより割高です。

いまのところここを選ぶ理由はないでしょう。

BXONE出金の処理時間

XM側の処理時間・・・1営業日
着金までの時間・・・即時反映

BXONEのメリット・デメリット

メリット

・XMからの出金手数料がかからない
・送金処理が早い
・仮想通貨に対応

デメリット

・利益分を出金できない
・日本円に対応していない
・bitWalletより手数料が割高
・XM以外の対応サービスが少ない

BXONE出金の手順

  1. XMマイページにログイン
  2. 「資金の出金」ボタンを押す
  3. 「BXONE wallet」を選択
  4. BXONE口座IDと金額を入力する(金額は小数点まで)
  5. 「リクエスト」を押す

BXONE出金できないときの対処方法

  • BXONE側がメンテンナンス中
  • BXONEのアカウント名義と異なる
  • 証拠金維持率が基準外
  • ボーナスを出金しようとしている

XM口座から出金する時のQ&A

出金完了までにかかる時間はどれくらい?

指定の銀行口座に着金するまでは2~5営業日ほどとなっています。

XMへの出金申請そのものは申請した日か翌日には処理されます。

着金までは指定の銀行によって前後する感じですね。

クレジットカードの場合は手続き後、2営業日~1か月くらいです。

手数料は必要?

クレジットカード、オンラインの電子決済サービス(bitwalletなど)への出金手数料は無料です。

銀行への送金は40万円以上なら手数料がかかりません。

40万円以下の銀行送金は、XMと提携している決済代行業者への仲介手数料2500円が発生します。

40万円以上にしてからの銀行送金をおすすめします。

最低出金可能額・限度額は?

最低額は1万円、限度額に制限はありません。

ただし、最近は海外送金への目が厳しくなっているため、1000万円以上になると銀行側で止まってしまうパターンもあるようです。

私は未体験ですが、1000万円以上出金された方の事例では1000万単位に分割して振り込まれているようです。

なおbitwalletは1回100万円までとなるため分けて申請することになります。
(原資分のみで利益分は出金不可)

トレードの最中(ポジションを持ったまま)でも出金可能?

可能です。

ただし証拠金維持率が150%以下になる金額は出金できません。

【FX基礎知識】証拠金維持率とは?

FXトレードで保有しているポジションに必要な証拠金に対して占める純資産額の割合のこと。

(純資産額-注文証拠金) ÷ ポジション必要証拠金 × 100

で計算できます。

仮にXM口座に10万円あり、1万円分のポジションを持っている場合の証拠金維持率は1000%。

となると85000円までなら出金できるわけですね。

ただしレバレッジ倍率や含み損・含み益などでも変わってきます。

まとめ

XM口座からの出金方法についてまとめました。

原資を出金する場合は特殊な流れになりますが、FXで稼いだ分は40万円以上にしてからの銀行出金をおすすめします。