XMでFXコピートレードは違法?やり方やメリット・デメリットを解説

XMでのコピートレード アイキャッチ画像

日本で人気の海外FX業者「XMトレーディング」でコピートレードはできるのか?

コピートレードの違法性やXMでのやり方、メリット・デメリットについて解説しています。

\ここから登録で軍資金3000円プレゼント!/

XMの口座開設はこちら(無料)

FXのコピートレードに違法性はある?

コピートレードとは?

コピートレードはミラートレードともいいます。

ではそもそもコピー(ミラー)トレードとはどういうトレードなのか?

これはほかのトレーダーの取引をそのままコピーする手法で、ツールが自動的にトレードを実行してくれます。

FX業者ではコピートレードを提供しているところも多く、コピーしたいトレーダーを選んでボタンを押すだけなので初心者でも玄人でも関係ありません。

選んだ相手しだいで稼げもしますし大損することもあります。

コピートレードの違法性

XMでのコピートレードの違法性

日本国内のFX業者がコピートレードサービスを提供する場合はその業者が資格を持っていないと違法になります。

金融庁が定める金融商品取引法では日本で投資アドバイスをするには許可が必要とあるためですね。

日本ではほかのトレーダーの売り買いをそのままコピーするだけなのになぜか投資アドバイスというかたちになってしまうんです。

ここでエントリーするといいですよ、とアドバイスしているのと一緒の意味に捉えられるんでしょうね。

そのため国の認可を受けた業者や人でなければコピーサービスを提供できません。

もしあなたのFXトレードを知人に真似させていたらそれは違法行為ってことになるわけです。
(逆でも同じ)

まぁバレる可能性は低いと思いますが・・・。

となるとコストもかかるため、国内FX業者でやってるところは少ないです。

対してXMのような海外FX業者は日本の法律は関係ない立場です。

XMトレーディングがライセンスを取得している国ではコピートレードを禁止していないのでサービス提供していても違法性はありません。

また日本人が国内からXMを利用することにも違法性はありません。

金融庁のホームページ上では「未登録業者は危険です!」みたいに言ってますが、違法性はありませんしなによりXMは危険でもありません。

よって法律上はXMでコピートレードしてもなんら問題ないと言えるでしょう。

ここまでコピートレードとXMの違法性について紹介してきました。

ではXMで実際にコピートレードはできるんでしょうか。

次からはサービスの提供状況ややり方について解説していきます。

XMでコピートレードは可能?

XM口座を使ってのコピートレードは可能です。

XM利用規約の禁止事項にも記載されていないので安心して実行しましょう。

XMにコピートレードサービスはある?

XMトレーディング側で専用のコピートレードサービスを提供しているわけではありません。

また海外FX業者では運営歴の長いXMですが、今後もコピートレードサービスを導入する気配は感じられません。

というわけで自分で設定する必要があります。

ほかの海外FX業者にはサービス提供しているところもあるため、手軽に利用したい人はそちらをおすすめします。

コピートレードサービスがあるおすすめ海外FX業者
GemForexの口座タイプ(種類)と違いを比較!FX初心者におすすめは?

でも海外FXとして一番信頼性が高いのはXMです。

少しでも安全な環境でFXトレードしたい人はXMがいいと思います。

そこでXMでコピートレードする方法を解説していきます。

XMでのコピートレードのやり方

コピートレードの手順

  1. 取引ツール(MT4/MT5)を起動
  2. 「ターミナル」ウィンドウ内にあるシグナルを選択
  3. コピートレード一覧から好きなものを選び金額部分を押す

XM MT4のシグナル画面

これだけでOKです。

簡単ですね。

MT4の「ターミナル」ウィンドウはインストールしたときから表示されているはずですが、消してしまってどこにあるかわからない人は上部メニューの「表示」内にあるので出しておきましょう。

ちなみに金額以外の部分を押すと、そのトレーダーの詳細情報が表示されます。

元の画面に戻るときはターミナルウィンドウ左上の「←」マークを押しましょう。

コピートレードをやめたいときは?

稼働時に押した金額部分をもう一度押すだけで停止します。

ターミナル画面にある用語解説

  • 最大ドローダウン・・・トレード中に抱えた含み損の最大金額の残高に対する割合
  • プロフィットファク※(プロフィットファクター/PF)・・・総利益が総損失の何倍かを示すデータ
    ※私のPC版MT4ではこう表示されていました

その他はそのままの意味なので割愛します。

投資におけるドローダウンとはそのトレーダーが許容できる損失のことで、100万持ってる人が5万までなら負けても精神的負担が少ないと考えているならドローダウン5万円(5%)となります。

ですがこの場合は実際に発生した残高に対するマイナスの割合なので間違えないようにしましょう。

プロフィットファクターも聞きなれないフレーズだと思いますが、この数字がプラスなら儲かってるってことですね。

どのシグナルを選べばいい?

XMコピートレード シグナル選び方

シグナルを見てみると数多くのコピートレード元がでてきます。

どれを選んだらいいのか迷うはず。

そこでシグナルを選ぶ基準について解説しておきます。

シグナルを選ぶポイント

  • 極端に大きな損失が出ていないか
  • 長期的に稼げているか
  • 取引する通貨ペア
  • 手数料はいくらか
  • 欲しい金額が達成できそうか

極端に大きな損失が出ていないか

選ぶ基準ですが、まずは過去の成績をチェックして極端に大きな損失(最大ドローダウン)が出ていないか?をチェックしましょう。

いくつかのシグナルを見ると50%以上でているものもあります。

そういったものはかなりハイリスクなトレードをしているのでおすすめできません。

もちろんハイリターンの可能性も高くなりますが、FXはギャンブルではありませんからね。

できるだけ安定性の高いシグナルを選ぶことをおすすめします。

最大ドローダウンは自分が許容できるマイナス額のものから選びましょう。

といっても初心者の方だとわからないと思います。

低ければ低いほど安全ですがその分稼げないので、まずはドローダウンが20~30%くらいに抑えられているものがわりとバランスがとれていると言えるでしょう。

なお取引回数が少ないと実質ドローダウン%は高くなります。

取引回数もチェックしておきましょう。

長期的に稼げているか

つづいて運用期間も大事なポイントです。

あまり短い期間での成績では信ぴょう性に欠けます。

為替市場は年間を通していろいろな動きを見せるため、1年単位でチェックし堅実に推移しているコピートレード先をおすすめします。

取引する通貨ペア

だれかの取引をそのままコピーするだけなので自分で売買する通貨ペアを変更できません。

選ぶ時にどの通貨ペアを扱うのか載っているので忘れずにチェックしておきましょう。

といっても初心者の方はどれがいいのかわからないと思います。

まずはUSDJPY(ドル円)、EURUSD(ユーロドル)、EURJPY(ユーロ円)といったメジャーな通貨ペアのものをおすすめします。

トルコリラ(TRY)や南アフリカランド(ZAR)などマイナー通貨はおすすめしません。

手数料はいくらか

コピートレードを利用するときに手数料が必要です。

ザックリ30ドルくらいかかるので結構とられます。

あまり資金が少ない状態では利用しても手数料でマイナスになってしまうでしょう。

コストを差し引いても利益が確保できるかも大事なポイントです。

欲しい金額が達成できそうか

稼ぐためにFXのコピートレードを求めているはず。

自分が欲しいと思っている利益を満たしているか?も重要です。

というかここが一番大事だと考える人もいると思います。

でも、そこはリスクを抑えていかないと資金が溶けますからね。

できるだけローリスクのものをチョイスしていきましょう。

100万円運用で月利5%、欲しい額が月5万円なら100万円用意するだけ。

100万円運用で月利3%、欲しい額が月5万円なら資金を1.7倍ほど用意して稼働させることになります。

シグナルの設定も確認しておこう

ここではMT4を参考例として見ていきます。

  1. パソコンでMT4を起動する
  2. メニュー「ツール」をクリック
  3. 「オプション」をクリック
  4. 「シグナル」タブを開く
  5. 設定ページが表示される

まずMT4の上部メニュー「ツール」→「オプション」を選択します。

そして「シグナル」タブを押せば設定ページが開きます↓

XMのMT4シグナル設定画面

ページを開く前にシグナル一覧から選んであれば上画像のように「接続していません・・・」の青文字はなくなります。

上から設定項目について解説していきます。

シグナルサービスの使用条件に同意する

チェックしないとコピートレードしてくれません。

リアルタイムのシグナル購読を有効にする

一時的にシグナルを止めたいときチェックを外しましょう。

S/LとT/Pをコピーする

通信トラブルなどがあったとき、同じデータを自分のMT4側にコピーしてあるためこちら側で自動決済してくれます。

確認なしでポジションを同期する

ポジションを持つたびに確認するかどうか?です。

放置したい人はチェックを入れておきましょう。

最大証拠金使用率

コピートレードで使用する残高の割合です。

証拠金が下回ったらストップ

自分で設定するロスカットみたいなものですね。

この場合は金額で設定していますが。

許容差/スリッページ

完全にコピー元と同じタイミングでは注文できないのでどれだけズレをOKとするか?を設定します。

XMアプリやMT4/MT5アプリでもコピートレードは可能?

XMアプリでコピートレード

XM公式アプリやMT4/MT5アプリではできません。

それとは別に無料で使えるコピートレード用のアプリがあるんですがXM口座に対応するものは見つからず・・・。

どうしてもコピートレードをスマホでやりたいなら、FBSなどの専用アプリをインストールしましょう。

FXコピートレードのメリット・デメリット

コピートレードのメリット

  • FX初心者が何もわかっていない状態でもプロトレーダーと同じ取引が可能
  • 完全放置できる

ポチっとボタンを押すだけですぐトレード可能です。

FX自動売買ツールなど自分の感情を入れずにトレードできる仕組みを探している人にはおすすめです。

自分でやるとポジポジ病(ポジションをついつい持ってしまう症状)や欲が出て大き目ロットでエントリーしてしまうことが良くあります。

そういった感情をコントロールできるトレーダーのほうが少ないでしょうし、安定して稼ぎ続けるには大事なポイント。

でもコピートレードなら自分の裁量を入れずに済むので感情を入れ込む余地もありません。

またお任せにできるので他のことに注力できるのもメリットです。

コピートレードのデメリット

  • 選んだコピートレード先によっては損失を抱えることもある
  • 自宅PCでやると稼働させっぱなしになる

コピートレード先の選び方を間違えると大損する可能性もあります。

とはいえいくら安定性の高いところを選んでも100%はありません。

リスクがあることは承知でやるしかないですね。

また24時間稼働させ続けることになるため、自宅PCにMT4/MT5をインストールして実施する場合、電源を落とせません。

稼働させ続けるとメモリにゴミが溜まっていき動作が重くなったり、最悪フリーズしてしまうこともありえます。

ですので自宅PCではあまりおすすめしません。

FX初心者でもコピートレードで稼げる?

問題なく稼げます。

むしろ初心者の方はプロトレーダーの取引をそのままコピーする方が稼げる可能性は高いでしょう。

とはいえプロも絶対ではありませんし、相場に酔て得意、不得意ということもあります。

実際の実力は画面のこちら側にいる自分たちには調べようもありませんからね。

そもそも本当にプロなのか?も不明です(汗)

そのため上で紹介したように結果データをチェックしどのシグナルを選ぶのか?が重要になります。

また利用開始してからも任せっきりではいけません。

経済ニュースにも気を配りつつ、何か大きな動きがあったら直近の成績をチェックするなどやることはあります。

相場は日々動いていますし過去とまったく同じになることはありません。

利用する側もそれにあわせて対応していくことが大事です。

シグナルも1つに絞らずいくつか候補をリストアップしておくと臨機応変に対応できるのでおすすめです。

XMでコピートレードする時の注意点

  • 必ず余剰資金で
  • 任せっきりにはしない
  • 定期的に成績をチェック

必ず余剰資金で

コピートレードに限りませんが、投資に使う軍資金は必ず余剰資金が鉄則です。

生活費を割り当てる、借入して用意するのは絶対にやめましょう。

FX資金が用意できない状態ならまずは仕事を探す、転職する、副業するなど労働収入を安定させてからにしてくださいね。

生活費を稼ぐため、など追い詰められた状態ではいつか負ける時が必ずやってきます。

そうなったとき最悪命を絶つ選択をしてしまわないとも限りません。

まずはFX以外で生活の安定を目指しましょう。

だからって株や仮想通貨を選ぶのも同じことなのでNGですよ。

とはいえ1万や2万円用意できたところでコピートレードでは稼げないでしょう。

せめて10万円くらいは準備することをおすすめします。

任せっきりにはしない

上の欄でも触れましたが、シグナルをチェックして稼げているトレーダーだからといって100%任せっきりにするのは危険です。

楽して稼ぎたいから、が目的で利用する人もいると思いますが、データを信じすぎるのはおすすめしません。

また何かあってもプロなんだしうまくやりくりしてくれるだろう、と甘い考えをもっていると溶かされます。

実際溶けたところでコピートレード元の方には大したダメージではないでしょう。

自分のお金は自分で守らなければいけません。

定期的に成績をチェック

プロトレーダーといえど成績に波はありますし、苦手な相場もあります。

そして日々為替相場は変化し続けています。

もし苦手な相場が続いているようだと損失も大きくなっていきますし、データでチェックしたとき以上のドローダウンになる可能性もあるでしょう。

最低限月一で、できれば週一で成績をチェックして状況を把握しておくことをおすすめします。

毎日でもいいんですがそれだと自分で売買してくてもいいコピートレードのメリットが減ってしまうのでほどほどで。

コピートレードするならVPSサーバーがおすすめ

年間1万数千円のコストはかかりますが、24時間取引ツールを稼働させておけるVPSサーバーは便利です。

自分のパソコンを24時間つけっぱなしにするのも大変ですからね。

安いのはお名前.comのVPSサーバーですが、個人的に一度動作がおかしくなったことがあり良い印象がありません。

ただし周囲で使っている人曰くいまは問題なく使えているみたいなので安いほうがいい人はそちらで。

操作性は良かったです。

ですが個人的には一度もトラブルにあっていない「ABLENET(エイブルネット)」をおすめします。

24時間稼働し続ける以上、安定性を重視したいので。

まとめ

XMでコピートレードできるのか?また使い方や設定方法を解説しました。

XMは海外FX業者なので日本の法律が適用されず違法性もありませんし問題なく使えます。

FX初心者が最初から使うのもいいですし、裁量トレードしてみて難しい・合わないと感じたならコピートレードをやってみるのもいいですね。