XMゼロ(ZERO)口座を徹底解説!手数料やスプレッド、メリット・デメリットまとめ

XMのゼロ口座 アイキャッチ画像

XMで口座開設するなら初心者でもスタンダード口座をおすすめします。

ただし、XMにはほかにマイクロ口座とゼロ口座も用意されています。

マイクロ口座についてはこちらで解説しているのでぜひ。

そしてここではXMゼロ口座はどうなのか?について徹底解説していきます。

ゼロの意味やこのタイプを選ぶメリット・デメリット、開設方法などについてまとめました。

どの種別にするか迷っている方はぜひ参考にしてもらえれば幸いです。

\ここから登録で軍資金3000円プレゼント!/

XMの口座開設はこちら(無料)

XMトレーディング ゼロ口座の特徴

XMゼロ口座の特徴

 

なにがゼロ(Zero)なの?

「ゼロ」とついているように、何かがゼロになる口座なんだろうな?とは想像がつく人も多いと思います。

結論から言うと、ゼロ口座は最低スプレッドがゼロpipsとなっているのが特徴です。

FX初心者の方はこの用語もわからないかもしれないためサクッと解説しておきます。

スプレッドとは?

取引する通貨ペアの売り注文と買い注文の価格差のことでXMへ支払うの手数料です。

ドル円で1ドル100円のとき同時に売りと買い注文をしたとき、売りが100円で買いが100.1円だったなら差額0.1円がXMへの手数料となります。

pipsとは?

ピップ/ピプス/ピップスと呼ばれFXトレードの値動きの単位です。

最低0.01pips~で、ドル円なら1pips=0.01円となります。

ユーロドルなら1pips=0.01ドルと通貨ペアによって単位が変わります。

ザックリ言うと、1回のトレードでXMに支払うスプレッドの手数料が最低ゼロpipsになるってことですね。

あくまで最低ゼロってだけなので、取引する通貨ペアによって全然違ってきます。

XMゼロ口座のスペック・仕様

口座で保有できる通貨USD/ EUR/ JPY
契約規模1ロット = 100000通貨
レバレッジ1~500倍(5~20000ドル)
1~200倍(20001~100000ドル)
1~100倍(100001ドル~)
ゼロカット
全主要通貨のスプレッド最低0pips
手数料10万ドルの注文で5ドル
決済でも5ドル
お客様お一人様あたりの
最大保有可能ポジション数
(予約注文を含む)
200ポジション
最小取引サイズ0.01ロット
1回の注文の最大ロット100ロット
取引ボーナスなし
口座開設ボーナス
入金ボーナス
×
ヘッジ可能
最低入金額100ドル

一番ベーシックなスタンダード口座に似ていますが、スプレッドが低めであること、固定で手数料がかかること、最大レバレッジが少ない点などの特徴がみられます。

XMゼロ口座の実際の手数料はどれくらい?

あくまでスプレッドが最低0pipsのXMゼロ口座。

なんですが、スタンダード口座やマイクロ口座とは別に、トレード金額10万ドルの発注と決済毎に5ドルの手数料がとられます。

要するに10ドルですね。

「それじゃ意味ないでしょ?」「詐欺じゃん」と感じるかもしれませんね(汗)

まぁ手数料ゼロ円を期待しているとそう感じてしまうわけですが、それでもほかの2つの口座に比べるとトータルで安くなっているんですよ。

次から具体的な数字を交えて確認してみましょう。

ドル円(1ドル=100円)のときの手数料比較

スタンダード口座とゼロ口座で通貨ペアドル円を1ロット取引したときの手数料はこうなります。

ちなみに通貨単位はどちらも1ロット=10万ドルとなります。

また1pipsあたり0.01円です。

ゼロ口座の手数料

(10万ドル毎の注文手数料5ドル+決済手数料5ドル)×100円=1000円。

平均スプレッドは0.1pips=0.001円×10万通貨=100円

合計1100円の手数料となります。

スタンダード口座の手数料

固定で発生する手数料はありませんが、スプレッドは平均1.6pipsほど。

1.6pips=0.016円なので、

10万通貨×0.016円=1600円です。

というわけで、1ロットの注文に対する手数料はゼロ口座のほうが500円安いわけですね。

XMゼロ口座を選ぶメリット

  • XMの中で一番スプレッドが狭い(手数料が安い)
  • 登録ボーナスで練習できる
  • ECN方式を採用し約定力が高い

XMの中で一番スプレッドが狭い(手数料が安い)

上の欄で紹介したように、XMトレーディングで用意されている3つの口座タイプの中でもっともスプレッドが狭くなっています。

スプレッドが狭い=コストが安いと同義なので、手数料を抑えることができます。

スプレッドは通貨ペアによって異なり最低ゼロpipsですが、メジャーな通貨ペアでも0.1pipsなど低めに設定されているので問題ないでしょう。

たとえば日本人トレーダーが良く取引するUSDJPY(アメリカドル・日本円)の通貨ペアを例にすると、タイプ別にこんな平均スプレッドになっています↓
(記事執筆時点のもの)

・スタンダード・・0.015pips
・マイクロ・・・・0.015pips
・ゼロ・・・・・・0.001pips

15分の1しか必要ありません。

スタンダードで1500円分のスプレッドがかかったなら、ゼロでは100円で済むことになります。

ゼロ口座だけは取引量10万ドルに対して5ドル別に手数料をとられますが、それを含めても安く抑えられるでしょう。

登録ボーナスで練習できる

ゼロ口座はボーナス特典が基本付きませんが、XMの登録時にもらえる未入金ボーナスだけはもらえます。

これを軍資金にて実戦練習できるので有効活用しましょう。

ECN方式を採用し約定力が高い

ECN方式とはトレーダーの注文に対してFX業者が操作することなく取引市場にそのまま流す方式をいいます。

実際に売買される電子取引所へすぐ流されるため約定までの時間が短くなる=約定力が高くなります。

なおXMでもスタンダードとマイクロ口座はSTP方式を採用しています。

こちらはXM側で一旦受け取ってから取引市場に流す形。

XMではここで余分な手を加えないのでこちらも十分高速に処理できるんですがECN方式には劣ります。

よってXMにおいてはゼロ口座の約定力が一番高いと言えます。

XMゼロ口座を選ぶデメリット

XMゼロ口座のデメリット

 

上で解説したとおりメリットは手数料が安くなることですが、いいことばかりではありません。

ゼロ口座を選ぶとこんなデメリットもあります。

  • 入金ボーナスがもらえない
  • 最大レバレッジが500倍
  • 最低入金額が少し高い
  • 固定で手数料がかかる
  • CFD銘柄で取引できない

入金ボーナスがもらえない

FX初心者にとってスタートダッシュの大きな助けになってくれる入金ボーナスがもらえません。

初回入金は最大500ドル分ものボーナスが付与されるので、仮に500ドル入金すれば最初から1000ドルで始められます。

残高が倍になる分、金額が大きな注文もできますし、為替の変動があっても溶けにくくなるわけです。

さらに2回目以降も最大4500ドルに達するまで入金のたびに20%のボーナスがついてきます。

ボーナスは現金化できませんし出金もできませんが、残高には含まれるため有利なトレードができるんです。

手数料の差額以上のメリットと言えるでしょう。

ですのでFX初心者が最初からXMゼロ口座を開設するのはおすすめしません。

最大レバレッジが500倍

スタンダードやマイクロ口座は最大1000倍なのに対し、ゼロ口座は少し低めの最大500倍までとなっています。

それほど大きな差ではありませんが、ドル円1ロットを注文するときは以下のような違いがでてきます。

ゼロ口座でドル円(1ドル=100円)1ロット注文時の必要証拠金
  • 10万ドル×100円÷500倍=必要証拠金20000円
スタンダード口座でドル円(1ドル=100円)1ロット注文時の必要証拠金
  • 10万ドル×100円÷1000倍=必要証拠金10000円

証拠金10万円あるとき、ゼロ口座では5ロットまでの注文ですが、スタンダード口座なら10ロットまで注文できる計算です。

となると資金が同じ場合、スタンダード口座のほうが2倍多く稼げるわけですね。

1ロット当たりの手数料が500円違うとしても合計5000円。

5ロットの差が生み出す利益から考えると小さなものと言えるでしょう。

1ドル100円のときドル円1ロットの注文で0.1pipsの動きがあった場合

1ロット=10万通貨×100円×0.1pips=10000円

5ロット分なら50000円となります。

手数料500円が気にならないレベルですね。

もちろん注文とは逆方向に為替が動けばこれだけマイナスになるのでリスクは高くなりますよ。

最低入金額が少し高い

ゼロ口座の最低入金額は100ドルからとなっています。

これくらいなら問題なく入金できると思いますが、初心者の方だと5000円くらいからにしておきたい人もいるのでは?

となるとゼロ口座ではトレードできません。

またスタンダード口座なら、5000円の入金で5000円ボーナスがもらえるため1万円でスタートできます。

この差は大きいでしょう。

以上、ここまでの説明ではゼロ口座を選ぶメリットがないように思えるかもしれません。

でもトレード手法によってはメリットがあるんです。

固定で手数料がかかる

10万ドル分の取引ごとに5ドルの手数料が必要です。

スタンダードとマイクロにはない独自の手数料となるため、気になる人はデメリットに感じると思います。

とはいえトータルコストで見ると割安です。

CFD銘柄で取引できない

XMトレーディングではFX取引以外にも

・仮想通貨CFD
・コモディティ(商品)
・株式指数
・貴金属
・エネルギー

といった商品でもトレード可能となっています。

ですがゼロ口座では「FXの通貨ペア」「貴金属のゴールド・シルバー」以外は扱っていません。

仮想通貨や株式指数なども取引したい人は別のタイプを追加で開設してそちらでトレードしましょう。

XMゼロ口座がおすすめの人

XMゼロ口座の使い道

 

・スキャルピングトレードをする人
・入金ボーナスがいらない人
・初心者レベルを脱出している人

スキャルピングトレードをする人

ここまでの解説でポイントとなるキーワードは次の2つ↓

・処理がスムーズで約定力が高い
・手数料が安い

このことから短期売買に適しています。

そして短期売買のトレード手法をスキャルピングと言います。

手数料が安いため、大量に注文と決済をするスキャルピングのような手法で威力を発揮します。

デイトレードでもいいんですが、1日数回程度ならよりハイレバレッジで取引できるスタンダードの方が多少有利です。

それよりも短時間で何回・何十回以上トレードするスキャルピング向けですね。

そしてわざわざゼロ口座を用意しているくらいなのでXMはスキャルピングを禁止していません。

問題なくトレードできます。

本業が忙しくFXトレードに避ける時間が限られている人は、寝る前の2~3時間で取り組むスキャルピングトレードがおすすめです。

ポジションを翌日に持ち越すようなトレードだと相場が気になって本業に集中できない可能性がでてきますからね。

そしてスキャルピングルピングをするならXMゼロ口座が最適です。

入金ボーナスがいらない人

ゼロ口座は登録したときに一度だけもらえる未入金ボーナスだけしか特典が付きません。

初回限定の100%入金ボーナスやその後の20%入金ボーナスは適用されません。

こういったボーナスは少ない資金でトレードする人にとってはかなりありがたいものです。

ただし上限は500ドルまで。

よって500ドル相当額を入金してトレードする人にとっては最大限活用できるものとなります。

1500ドル入金で2000ドルスタート、2000ドル入金で2500ドルスタートくらいまでならありがたみを感じられるはず。

でもそれ以上の軍資金を用意できる&スキャルピングで稼ぐつもりの人なら無くても問題ありません。

1ロットの注文に対して発生する5ドルの手数料ならわずか100回取引を繰り返せばカバーできる程度の額です。

1週間もかからずペイできるはず。

あまり気にするほどのデメリットではないですね。

初心者レベルを脱出している人

FX取引ツールの使い方がわからない、チャートの見方がわからないレベルならせっかくハイスペックなゼロ口座でも十分に使いこなせないでしょう。

スタンダード口座をおすすめします。

最低限チャートが読めること、取引ツールが普通に使えることは大前提です。

スキャルピングトレードのように超短期売買がメインになるため、素早い判断力も必要となります。

ある程度の知識は身につけてからゼロ口座でのスキャルピングにステップアップしていくことをおすすめします。

\ここから登録で軍資金3000円プレゼント!/

XMの口座開設はこちら(無料)

※一番下にある口座タイプの選択欄で「XMTrading Zero(1 lot=100,000)」を選んでください

 

これらの条件にあう人なら、ゼロ口座を使えばトータルでコストを抑えつつ高いスペックを活用できるでしょう。

といっても最初からゼロ口座でFXを始めるのは抵抗があるかもしれません。

そんなときはデモ口座を使って試してみるのもおすすめです。

XMのデモ版でゼロ口座を試すのもおすすめです

XMトレーディング公式サイトで口座開設するとき、デモ口座用のページも用意されています。

そちらで開設するときにスタンダードかゼロから選択できます。

そこでゼロ口座とスタンダード口座を両方開設して仮想のお金でトレード体験して比較すると一番わかりやすいでしょう。

デモなので無茶なトレードも気軽にできますし、どれくらいコストが違うのか、稼ぎが違うのかをチェックしてみることをおすすめします。

ただし自分の懐が痛まないためトレードの経験値はそれほど得られないでしょう。

やはり自分のお金を使ってトレードするのとは精神状態や注文時のボタンの重みが違ってきます。

感情をいかにコントロールするか?もFXトレードで勝つための大事なポイントなので、本気で稼ぎたいなら最初からリアル口座の開設をおすすめします。

そしてボーナスがあり有利な軍資金で始められるスタンダード口座が最適です。

そこである程度経験値を積んでからゼロにチャレンジすることをおすすめします。

まとめ

XMトレーディングのゼロ口座について紹介しました。

ゼロ最大の特徴は手数料が安いこと。

このメリットを最大限に活かせる短期&大量の注文をするトレーダー向けです。

反対にFX初心者なら入金ボーナスがないためスタンダード口座より不利な状態で始めなければいけません。

よってデイトレードやスキャルピング目的のトレーダーじゃないなら最初からスタンダード口座の開設をおすすめします。