XMのレバレッジ規制とは?制限されるタイミングと解除方法まとめ

XMのレバレッジ規制 アイキャッチ画像

XMは国内FX業者にくらべて高いレバレッジ倍率でトレードできます。

国内業者の最大25倍に対し、XMでは1000倍までに対応しているため、少ない資金を元手に大きな金額を動かせるのはメリットですね。

ただし口座残高(+トレード中の含み益も)が増えすぎるとレバレッジ規制されてしまいます。

他社と比較しても厳しいと言われるXMのレバレッジ規制。

できるだけ避けたいところです。

そこでXMのレバレッジ規制とはどんなものなのか?適用されるタイミングや解除方法などわかりやすく解説していきます。

XMの口座開設がまだの方はこちらからの登録でボーナスもらえます↓

\ここから登録で(今だけ)軍資金13000円プレゼント!/

XM口座開設はこちら(無料)

目次

XMトレーディングのレバレッジ規制を詳しく解説!

まずはXMで用意されている3つの口座種類別に最大レバレッジを確認しておきましょう。

XM口座種類別の最大レバレッジ

XM口座種類別の最大レバレッジ

  • スタンダード口座・・・最大1000倍
  • マイクロ口座・・・・・最大1000倍
  • XM Zero口座・・・・・最大500倍

あくまで最大です。

XMにログインして保有している口座ごとに1倍~最大倍率まで自由に設定できます。

ちなみにトレードする通貨ペアごとでも適用できるレバレッジ倍率は違ってきます。

レバレッジの詳細はこちらの記事で解説しているので参考にしてください↓

XMのレバレッジ規制が適用された後の最大倍率

1アカウントで最大8つまで口座を開設できるXM。

レバレッジ規制は1アカウント毎に適用されます。

よって2つ以上口座をもっているとそのすべてが規制されます。

ですので、すべての口座の有効証拠金「残高+ボーナス(クレジット)+含み損益」が以下の金額に達すると規制されます。

  • 2万ドル以上・・・最大レバレッジ200倍に規制
  • 10万ドル以上・・・最大レバレッジ100倍に規制

米ドル計算なのが日本人にはわかりづらいですね(汗)

とりあえずFX初心者ならあまり気にする必要がない金額だと思いますが、2万ドルくらいならビギナーズラックでサクッと稼げてしまう可能性もあります。

私もFX自動売買ツールを20万で稼働させて3か月後に200万オーバーしたことがあります。
(230万くらい)

そのときおそらくレバレッジ規制がかけられていたんでしょうね。

その後すぐに溶けました(笑)

200倍に規制されているのに気づかず大きなロットでトレードしていたため、必要証拠金が増えて通常より早めに溶けてしまったんだと思います。
(当時の最大レバレッジは888倍)

ちなみにその時は「そろそろ反転するに違いない!」とはかない希望にすがってクレジットカードで追い金したため、稼ぐどころか借金を負う羽目に(汗)

とまぁ私の不幸自慢は置いといて、こんな感じでビギナーズラックもありえるので200万近くになってきたらレバレッジ規制に注意しましょう。

多くの方は1~50万円くらいでFXを始めることでしょう。

規制される額まで余裕がありそうですが、FXトレードではすべての口座残高でトータル2万ドルくらいなら意外とサクッと到達してしまう金額です。

というわけでXMの厄介なレバレッジ規制はどのタイミングで適用されるのか?も大事なポイントです

次からサクッと解説していくので確認しておくことをおすすめします。

XMでレバレッジ規制されるタイミング

XMのレバレッジ規制タイミング

正確なタイミングはわかっていませんが、有効証拠金が上で紹介した規制される金額を超えたらすぐ適用されると言われています。

そして数時間経過してからXMから「あなたのアカウントにレバレッジ規制を適用したよ」とメールが届きます。

そのときにはすでに規制された後なので、できるだけ早めに有効証拠金を調整して基準値以下にしておきましょう。

例外的にすぐ規制されないパターンもあり

XMではレバレッジ規制を適用するとロスカットになってしまう予断を許さない状況の場合は猶予期間が与えられるようです。

私は体験したことがないんですが、XM側が指定する時間になるか全ポジションを手動クローズするとようやく規制が適用されるようです。

選挙など大きなイベントでも規制あり

アメリカ大統領選など為替相場に影響力の大きなイベントがあるときもレバレッジ規制されます。

XMからメールなどで案内が来るのでしっかりチェックしておきましょう。

というかそういうタイミングでトレードしないほうがいいですね。

FX投資ではなくただのギャンブルになってしまいます。

せっかくなので、たまにはFXトレードをお休みしましょう。

規制されたら証拠金維持率に注意!

レバレッジ1000倍でポジションを持っている場合、200倍に規制されると必要証拠金が5倍に増えているはず。

大きなロットでトレードしていると一気に危険度が高くなります。

たとえばドル円(1ドル=100円)で10万通貨1ロットのポジションを持っているとき、レバレッジ1000倍なら必要証拠金は10000円。

1000万円分のポジションをたった1万円で持てる状態ですね。

これが規制後は50000円まで急激に増えるわけです。

1000万円分を5万円で持てるのも十分凄いことなんですが、突然5倍になるのは証拠金維持率に大きく影響するので心臓に悪いです(汗)

少ない金額でトレードしていると致命傷どころか一気にロスカットされてしまうでしょう。

そこで意外と恐ろしい規制を適用されてしまうパターンをいくつか紹介しておきます。

XMでレバレッジ規制される事例をいくつか紹介

スタンダード(かマイクロ)口座1つ&レバレッジ300倍以上でトレードしているときの規制事例

口座残高含み損/含み益
3万ドルマイナス1万ドル
2万ドル0ドル
1万ドルプラス1万ドル
0ドルプラス2万ドル

このように有効証拠金(口座残高と含み損益の合計)が2万ドル以上になれば規制されます。

もとからレバレッジ200倍以下の設定ならそのままですが規制はされます。

200倍以上に再設定するなら口座を2万ドル以下にへらしてからXMサポートへ規制解除を依頼しましょう。

なお有効証拠金が10万ドル以上なら100倍に規制されます。

XMゼロ口座1つでレバレッジ500倍だったときの規制事例

口座残高含み損/含み益
3万ドルマイナス1万ドル
2万ドル0ドル
1万ドルプラス1万ドル
0ドルプラス2万ドル

スタンダート、マイクロ口座と同じで有効証拠金(残高+含み損益の合計)が2万ドル以上になったら規制適用されます。

ゼロ口座の設定上限は500倍までなので200倍に規制されてもそこまで大きな影響はないでしょう。

有効証拠金が10万ドル以上になればさらに厳しい100倍に規制されます。

複数の口座でトレードしているときの規制事例

口座1・・・スタンダード口座/レバレッジ1000倍
口座2・・・ゼロ口座/レバレッジ500倍

口座1
残高
口座1
含み損益
口座2
残高
口座2
含み損益
2万ドル0ドル0ドル0ドル
1万ドルプラス1万ドル0ドル0ドル
1万ドル0ドル1万ドル0ドル
5000ドルプラス5000ドル5000ドルプラス5000ドル
0ドル0ドル1万ドルプラス1万ドル
0ドル0ドル2万ドル0ドル
1万ドルマイナス5000ドル1万ドルプラス5000ドル

口座タイプやレバレッジ設定に関わらず、最大8つ持てるXM口座の残高+含み損益を全部合計した金額が2万ドル以上になれば規制されます。

最大8口座のうち200倍以上に設定されている口座は200倍に規制されるわけですね。

さらに増えて有効証拠金が10万ドルオーバーすると100倍に規制されます。

なおここの事例では含めていませんが、ボーナス(クレジット)も有効証拠金に含まれるので注意してください。

 

ここまでXMのレバレッジ規制の内容について解説してきましたが実際に規制されたらどうすればいいのでしょうか。

次から解除方法について解説していきます。

XMでレバレッジ規制されたときの解除方法

XMでレバレッジ制限を解除する2つの方法

  1. 残高+ボーナス+含み益を2万ドル以下にする
  2. XMサポートへ解除を依頼する

まずは1アカウント内で保有するすべての口座のトータル残高を2万ドル以下に調整します。

その後XMのカスタマーサポートへ規制解除依頼のメールを送信しましょう。

サポートはこちらのメルアドへ
XMTradingサポート

メール内容はこんな感じでOKです↓

件名:レバレッジ規制の解除をお願いします
本文:有効証拠金を2万ドル以下にしました。レバレッジ規制を解除してください。よろしくお願いします。口座ID:xxxxxxxxxx

これでXMマイページ内でレバレッジを変更できるようになります。

また1000倍に設定しておきましょう。

あとは二度と規制されないよう適度に出金するなど対策することが大事です。

レバレッジ規制対策としてできること

  • 2万ドル到達前に出金する
  • 最初からレバレッジ200倍でトレードする
  • 他のFX業者も使う
  • 資金をたっぷり用意してFXする

2万ドル到達前に出金する

一番おすすめなのはちょくちょく出金することですね。

これが確実&安全です。

元金を確保してしまえばより自由にトレードできるので最優先でしておきたいところです。

最初からレバレッジ200倍でトレードする

最初から最大レバレッジ200倍でトレードすることもおすすめ。

これなら10万ドルに達するまでは気兼ねなくトレード可能です。

他のFX業者も使う

最後は違うFX業者も使うこと。

XMは規約で他人名義の口座開設はできません。

どうしても1アカウント内でのトレードとなるため2万ドル以上を200倍以上のレバレッジでトレードしたいなら別業者を使うしかありません。

国内FX業者はレバレッジが最大25倍なので、違う海外業者を選びましょう。

おすすめは

  • GemForex(ゲムフォレックス)
  • TitanFX(タイタンFX)
  • HotForex(ホットフォレックス)

あたりですね。

とくに規制緩めなのはHotForex。

なんと3000万まで初期設定のままトレードできます。

マイクロ口座なら最大レバレッジ1000倍ですし、プレミアム口座でも3000万まで500倍でトレード可能です。

資金に余裕がある方はHotForexをおすすめします。

口座開設はこちら
HotForex公式サイト

資金をたっぷり用意してFXする

「最初から200倍でトレードする」」と同じようなことですが、レバレッジ規制されても気にならないくらい多い軍資金でFXトレードしていれば規制されてもダメージはほぼありません。

たとえばXMスタンダード口座で1ロットのポジションを持つとき、残高が1000万あればレバレッジ200倍でも1000倍でもたいした違いにはなりません。

もちろん一部の人限定の対策方法ですし多くの人にはできません。

ですが資金に余裕があるとFXトレードするときの精神状態も穏やかでいられます。

焦りや不安がない状態でトレードすることは勝敗にも影響してくるものです。

残高10万円で1ロットの高いロットでポジションを持ってしまうと一瞬で溶けることもあります。

FX投資で使うお金は余剰資金を推奨しますが、もしゆとりがあるなら多めに入金しておくことをおすすめします。

レバレッジ規制対策としてNG行為&無意味なこと

XMのレバレッジ規制対策としてNG行為

XMで口座開設するときに利用規約は読みましたか?

きっと読んでないと思います。

私も規約系は読んだことがありません(笑)

でも規約内にはXMを使う上でやってはいけない禁止事項が書かれています。

そこでXMのレバレッジ規制を回避するためにやらかしがちな禁止事項を紹介しておきます。

NGとなる規制対策行為

・別アカウントで口座を作る

別アカウントで口座を作る

家族名義などでもう1つXM口座をもって資金を分散しFXトレードすれば規制を回避できます。

でも一人で複数アカウントを持つことは禁止されています。

XM側にはわからないと思うかもしれませんが、同じパソコンで同じ取引ツールを使ってトレードしていたりするとバレることもあるでしょう。

そこまでして2万ドル以上の資金でトレードしたなら、レバレッジ200倍で我慢するか違う海外FX業者を選びましょう。

やっても効果がないレバレッジ規制対策

・1アカウント内の別口座に資金移動
・取引ツールを別にする

1アカウント内の別口座に資金移動

規制されるタイミングの欄で紹介したように、1アカウント(最大8つの口座)のトータル残高で規制が賭けられる仕組みです。

追加口座を作って資金移動しても規制対策にはなりません。

取引ツールを別にする

XMでつかえる取引ツールには「MT4」と「MT5」があります。

またスマホ用、パソコン用など端末ごとにも分かれています。

それら違うツールにしてFXしても意味はありません。

この件についても1アカウント内の合計残高で規制がかけられるからですね。

XMのレバレッジ規制解除後に再設定する流れ

レバレッジの設定・変更方法

STEP1:XMのマイページにログインする
STEP2:1アカウントの合計残高を2万ドル未満に減らす
STEP3:XMサポートに規制解除を依頼する
STEP4:設定変更したい口座情報を開く
STEP5:レバレッジの項目の数字横にあるペンアイコンを押す
STEP6:希望するレバレッジ倍率を選ぶ
STEP7:リクエスト送信ボタンを押す

STEP1:XMのマイページにログインする

まずはXMトレーディング公式サイトでログインし、マイページを開きましょう。

STEP2:1アカウントの合計残高を2万ドル未満に減らす

出金申請してすべての口座の合計残高を2万ドル未満に調整します。

2万ドル未満にするだけといっても19000ドルくらいだとまたオーバーしてしまう可能性大。

これまでにどれくらいのペースで稼げたのか代々わかっていると思うので、軍資金をその基準に減らしましょう。

50万円スタートで2万ドルオーバーしたならまた50万に、100万なら100万円で再スタートするのがいいですね。

年単位で考えるプロトレーダーのように、毎年1月に資金100万で始めて規制ラインを超えそうになったら100万以上の分を出金する、といった自分なりのパターンを持っておくのもおすすめです。

STEP3:XMサポートに規制解除を依頼する

XMサポートにレバレッジ規制の解除を依頼してください。

メール窓口はこちら:support@xmtrading.com

ライブチャットはXM公式からチャットを開いてご利用ください。

チャットサポートはこちらのページから開けます
XMTradingサポート

オンラインサポート→「日本語ライブチャット」の文字列をクリックかタップしてください。

するとチャットウィンドウが表示されるので「入室する」ボタンを押してやりとりしていきます。

ライブチャットの方が早いのでおすすめです。

STEP4:設定変更したい口座情報を開く

マイページには現在保有しているXM口座が一覧で表示されているはず。

レバレッジ倍率を変更したい口座をクリックかタップしましょう。

すると口座種類やサーバーなどの口座情報が表示されます。

その中にレバレッジ倍率も表示されています。

STEP5:レバレッジの項目の数字横にあるペンアイコンを押す

XMレバレッジ変更方法1

レバレッジの表示欄を見ると右端にペンのアイコンがあります。

それをクリックかタップしましょう。

すると設定可能な倍率がズラッと表示されます。

STEP6:希望するレバレッジ倍率を選ぶ

ペンアイコンを押すと以下の選択肢画面が開きます↓

XMレバレッジ変更方法2

1/2/3/5/10/15/20/25/50/66/100/200/300/400/500/888/1000

これら17種類から倍率を選べます。

どれを選ぶかは個人の自由ですが、せっかくハイレバトレードできるXMを使っているので最大数値の「1000倍」に設定しておきましょう。

STEP7:リクエスト送信ボタンを押す

最後に黄緑色の「リクエスト送信」ボタンを押しましょう。

これで変更完了です。

XMのレバレッジは何倍に設定するのがおすすめ?

最大倍率の1000倍を推奨します。

低い倍率=安全で溶けにくいのは間違いありませんが、それならXMのような海外FXを使うメリットは半減してしまいます。

日本国内のFX業者でも25倍まではレバレッジを利かせられますからね。

ハイレバでトレードできるからこそXMを利用する価値が出てきます。

ハイレバのリスクについては次の項目で詳しく解説していきます。

XMのレバレッジ変更できない!対処法は?

XMでレバレッジ変更できない原因には以下のようなものがあります。

・XMサポートに規制解除を依頼していない
・1アカウント内の有効証拠金が2万ドル以上ある
・取引ツール側(MT4/MT5)で手続きしようとしている
・禁止行為が原因でレバレッジ規制されている
・デモ口座で変更しようとしている
・影響力が大きい経済指標発表が控えている

それぞれの対処法を解説していきます。

XMサポートに規制解除を依頼していない

レバレッジ規制されると有効証拠金が2万ドル以下になっても勝手に解除されません。

必ずXMサポートセンターに規制解除を申請してください。

1アカウント内の有効証拠金が2万ドル以上ある

XMの1アカウントで持てる全口座のトータル有効証拠金が2万ドルを超えていればレバレッジ変更できません。

1つの口座だけ基準をクリアしても規制解除基準は満たさないので気を付けてください。

取引ツール側(MT4/MT5)で手続きしようとしている

XMで配布している取引ツールで設定変更ページを探していませんか?

取引ツール側にレバレッジ変更する機能は付いていません。

レバレッジはXMの口座ごとに設定されていて、XMのマイページ内からしか変更できません。

必ずログインして持っている口座ごとに変更していきましょう。

禁止行為が原因でレバレッジ規制されている

XM利用規約に書かれている禁止行為をしたことが原因で制限されることもあります。

その場合XMマイページ上でのレバレッジ変更手続きもできません。

入金した分だけ出金手続きしたらアカウント凍結される流れの可能性大なので、FXトレードするなら違う海外FX業者を使いましょう。

デモ口座で変更しようとしている

XMにはリアル口座とデモ口座があります。

リアル口座と勘違いしてデモ口座側で変更しようとしていませんか?

XMではデモ口座のレバレッジ変更はできないので注意してください。

影響力が大きい経済指標発表が控えている

FRB議長発言やECB総裁の発言、アメリカの経済指標発表など為替相場への影響力が強い指標発表の前はレバレッジ変更できなくなっていることもあります。

そういった相場でハイレバ&高ロットトレードをするトレーダーがいるからですね。

規約で禁止されている取引なのでこのような処置がとられているのでしょう。

この場合は指標発表が終わるのを待ってから変更手続きすれば問題ありません。

XMの高いレバレッジでFXトレードする危険性は?

最大1000倍まで設定できるXMトレーディングのレバレッジ。

日本国内のFX業者では最大25倍までとなっているため、比較すると大きな違いですね。

それだけに不安を感じる人もいるんじゃないでしょうか。

高いレバレッジは小さな種銭で大きなトレードができる分、ついつい注文するロット数も増えてしまいがちです。

となるとちょっとした急変動が起こるとロスカット処理が間に合わず高額な含み損を抱え込むことになるでしょう。

でもXMトレーディングを使っているならその心配はありません。

国内FX業者にはないゼロカット制度があるからです。

XMのゼロカットで借金リスクはゼロ

国内のFX業者でトレードしていると相場の急変動によって抱えている含み損が膨らんで残高がマイナスになることも。

そうなるとマイナス分は借金になり追証(おいしょう)となります。

業者から「お客さん、〇〇円マイナスなんで支払ってね♪(ハート)」みたいな電話がかかってくることでしょう。

これほどうれしくない連絡もありません(汗)

でもXMトレーディングならゼロカットがるため借金の心配がありません。

ゼロカット=zero cutとはマイナス分をゼロ円にしてくれる仕組みです。

「そんなことやってたらXM潰れない?」と思うんですが、これまで経営危機になった様子はありません。

為替相場が良く動くアメリカの経済指標発表時、ギャンブルのようにハイレバレッジ&高ロットでエントリーする人もいます。

SNSを見ていると全力ロング(ショート)とか言ってる人をけっこう見かけます。
(みなさんはそんなギャンブルトレードはしないでくださいね)

ホントかどうかわかりませんが、一か八かでエントリーするなんて無謀すぎます。

とはいえ、それができるのもXMのようなゼロカットがあるからこそです。

これがなかったら、思っていた方向と逆行したときに借金になりますからね(汗)

このように悪用するトレーダー(というよりギャンブラーですが)もいますが、借金の心配がないからこそそんなこともできるわけですね。

なのでXMでFXをする分には高いレバレッジでトレードしても何の心配もありません。

むしろ少額資金で稼ぎやすくなるメリットしかありません。

XMのレバレッジ制度については別記事で詳しく解説しているのでぜひ↓

規制後のレバレッジ200倍でトレードするのってどうなの?

最大レバレッジ1000倍でトレードできるXMトレーディング。

ハイレバトレードは海外FXならではの魅力ですが、規制後の200倍でトレードするメリットはあるんでしょうか。

デメリットも含めて解説していきます。

レバレッジ200倍でFXトレードするメリット・デメリット

メリットは?

・200倍でも国内FX業者より有利
・ゼロカットもある
・こまめな出金作業がいらない
・10万ドルまでトレード可能
・スイングトレードなら大した影響はない

200倍でも国内FX業者より有利

国内FX業者は最大25倍です。

XMなら規制されても8倍少ない軍資金で同じだけのポジションが持ててしまいます。

1000倍と比べると5分の1しかないため大幅に少なく感じてしまいますが、200倍でも十分ハイレバレッジと言えるでしょう。

最大10万ドル=1000万円少々まで

ゼロカットもある

XMはレバレッジ規制されてもゼロカットは適用されます。

最大200倍(100倍)でトレードしていてもまだまだハイレバなので為替の急変動があれば大きな含み損を抱える可能性もあります。

でもゼロカットがあれば借金の心配はありません。

こまめな出金作業がいらない

年単位でトレード成績を考えている人はXMに預け入れっぱなしでいることも多いでしょう。

ただし規制を避けるには残高が2万ドルを超える前にこまめな出金申請が必要になります。

スイングトレードのように数ポジションしか持たない手法なら規制されてもたいして問題ありませんが、スキャルピングような超短期売買を高ロットで回す人は面倒かもしれません。

まぁ儲けを出金するだけなので苦にはならないと思いますけどね。

でも高ロットでトレードする人ほど軍資金も必要ですし獲得する金額も数十万単位になることが多いでしょう。

そうなると2万ドルをキープするのってかなり面倒です。

いっそのことレバレッジ200倍で思う存分トレードできるように合わせていった方が快適にFXに取り組めるはず。

200倍あれば充分ですし気にせずトレードしてしまう方がいいかもしれません。

10万ドルまでトレード可能

有効証拠金10万ドルまでなら200倍の十分高いレバレッジでFXトレードできます。

また10万ドル以上でも最大100倍なので国内FX業者の4倍高いレバレッジで取引可能。

借金になるリスクがないことを考えれば十分すぎるスペックと言えるでしょう。

余裕をもった逆指値を設定するポジション・スウィングトレーダーの方は不利かもしれませんが、スキャルピング・デイトレードなら影響少なく取引できるはず。

規制にこだわらないほうが快適にトレードできる分、勝率が上がるかもしれませんね。

スイングトレードなら大した影響はない

週・月単位の期間で長期足を見てトレードするスイングトレードならそれほどたくさんポジションを持つことはないはずです。

となるとレバレッジ規制されたところで大した影響はないでしょう。

証拠金維持率が1000%を切るような安心感のない高ロット注文をしている人は危険ですが、通常なら問題ないでしょう。

デメリットは?

・1000倍設定時より軍資金が必要
・ナンピン式FX自動売買ツールはロスカットのリスクが高くなる
・ポジション保有中に規制されると証拠金維持率が大きく下がるリスクあり
・レバレッジ規制&急激な相場の逆行にハマるとロスカットリスクが高くなる

1000倍設定時より軍資金が必要

当然ですが、200倍に規制されれば必要になる有効証拠金が5倍必要になってしまいます。

スタンダード口座でUSDJPY(1ドル=100円とする)の通貨ペアを10万通貨×100円=1000万円(1ロット)持つのに必要なお金は1万円だけでOKです。

規制されれば5倍の5万円なければいけなくなります。

仮に初期資金10万円でトレードを始めたなら、1000倍設定なら残り9万円でまだ余裕があります。

でも規制後の200倍設定では残り5万円分しか耐えられません。

これだと0.5円ほど逆方向へ動いただけで溶けてしまいます。

かなりギャンブルトレードになってしまうでしょう。

FX自動売買ツールを別口座で複数稼働させているときのリスク

FX自動売買ツール(EA)の多くはエントリーしたポジションから逆行するたびにポジションを追加していくナンピン式になっています。

単純なEAならドル円のペアで最初にエントリーしてから10pisp(0.1円)逆行したら1ポジション追加エントリーするといった仕組みです。

更に逆行すれば1つ、また1つとポジションが増えていき許容範囲を超えるとどうにもならなくなって神様に祈るしかできなくなります(汗)

基本的にレンジ相場しか稼げないものがほとんどなので、そんなものに手を出さないでくださいね。

で、リスクが高くなるのはXMで複数口座作ってその中の1つでFX自動売買ツールを稼働させているとき。

たくさんのポジションを抱え祈るしかない状況になると大抵の人は損切りできず塩漬け状態になります。

そんなとき全口座の有効証拠金合計が規制ぎりぎりの2万ドル近辺&もし別口座で稼げてしまうと規制されます。

すると1000倍で動かしていたEA用口座の証拠金維持率がガクンと減ってあえなくロスカット…という可能性もでてきます。

かなりニッチな状況ですが、XMの1アカウントで複数のFX自動売買ツールを稼働させている人もいます。

その場合こういったリスクも高くなります。

ポジション保有中に規制されると証拠金維持率が大きく下がるリスクあり

レバレッジ1000倍のときに規制されると必要証拠金が5倍に膨れ上がります。

規制される=含み益が増えてボーダーラインを超えるので利益が出ているはずですが、資金に見合わない高いロットで取引しているとリスクが高くなります。

たとえば現金19000ドル&レバレッジ1000倍でドル円を10ロット保有していると必要証拠金は1000ドルです。

ここで含み益が1000ドル出たら有効証拠金は2万ドル以上になり規制されます。

となると必要証拠金が5000ドルに膨れ上がるわけですね。

この場合ならロスカットされることはありませんが、一気に4000ドル分証拠金維持率が下がります。

レバレッジ規制&急激な相場の逆行にハマるとロスカットリスクが高くなる

上の項目で紹介した状況の後、もし為替相場が勢いよく逆行していったら一気にロスカットされる可能性が高くなってしまいます。

一度レバレッジ規制されてしまえばすぐ1000倍には戻せませんからね。

あまりそんなシチュエーションになることはないと思いますが、規制後に急激な逆行があるとリスクが高くなります。

事前にそうならないよう対処しておきたいですね。

XMのレバレッジ規制Q&A

なんでレバレッジ規制なんてするの?

XMレバレッジ規制のよくある質問

FXトレーダーの資産を守るためです。

あまり金額の大きなトレードをさせたいための規制ですね。

こちらからすると余計なことしないで欲しいとは思いますが(汗)

あと超えたらすぐではなく猶予期間をくれれば対処できるんですけどね・・・。

そこは問答無用で規制されるのであきらめましょう。

ボーナス(クレジット)も規制の金額に含まれるの?

有効証拠金が基準を超えるとレバレッジ規制されます。

有効証拠金にはボーナス(クレジット)も含まれます。

EA(FX自動売買ツール)の利用もレバレッジ規制の対象?

裁量(自分でトレード)もEA(自動売買)もXMからすれば同じトレードです。

適度なトレード量なら同じです。

ただし、一部のEAは残高に関係なく規制されるパターンもあります。

一人だけが使っているならおそらく問題ありませんが、有名なEAだと数百、数千人が使うこともあります。

そうなるとXM側の負担が大きくなるため運営に支障をきたすことも。

この場合トレーダーのエントリー状況を調査し特定EAのロジックが問題と判断されると規制対象になってしまうでしょう。

XMゼロ口座はレバレッジ規制が適用される?

されます。

ごく一部のFXサイトでゼロ口座は制限されません、と書かれているのを見かけましたが、XM公式サイトにきっちり規制条件が載っています↓

XMゼロ口座のレバレッジ規制

マイクロ・スタンダード口座と同じ条件ですね。

まとめ

XMのレバレッジ規制についてまとめました。

他社より若干規制が厳し目のXMですが、FX初心者や数十万円くらいでトレードしているユーザーにとってはほぼ関係ないレベルです。

大きな金額と大きなロット数&ハイレバレッジ設定で一気に稼ごうとでもしない限り影響はないでしょう。

それよりも稼いだらこまめに出金してしまったほうがいいですね。