XMのスプレッド一覧 – ほかの海外FX業者より広い?

XMトレーディングのスプレッド アイキャッチ画像

FXトレードで稼ぐために気にしたいのが「スプレッド」。

スプレッド(Spread)=広げる、伸ばすといった意味です。

FXにおいてスプレッドはザックリ言うと手数料みたいなものですがこれはFX業者側が決めています。

そのため口座開設しているFX業者によって違ってきます。

では海外FX「XMトレーディング」のスプレッドはどうなのか。

ここではXMのスプレッド一覧と、変化する時間帯などについてまとめました。

\ここから登録で(今だけ)軍資金13000円プレゼント!/

XM口座開設はこちら(無料)

XMトレーディングのスプレッドの基礎知識

そもそもスプレッドとはどんなもの?

スプレッドは取引ごとにXMへ支払う手数料です。

スプレッドは「(幅が)広い」「狭い」なんて使われ方をします。

広い=手数料が高い
狭い=手数料が安い

といった感じですね。

1ポジション注文するとそれに対してスプレッドの値幅分だけ上乗せされた価格で注文されます。

たとえばUSDJPYで1ドル100円&スプレッド幅が100pipsだとします。
(100pipsで1円の値幅)

このとき買い注文したらその時点で101円での注文となるわけです。

利益を出すには101円以上まで値上がりしないといけないわけですね。

となるとスプレッドの値幅が狭いほど勝ちやすくなるのがわかると思います。

XMでスプレッドが変わる要因

・取引商品によって違う
・時間単によって違う
・XM口座タイプによって違う

取引商品によって違う

XMには以下の取引商品があります↓

・FX
・株価指数
・コモディティー
・貴金属
・エネルギー
・仮想通貨

あとでスプレッド一覧を紹介しますが、これら取引商品によって値幅が異なります。

時間単によって違う

国内FX業者の多くはずっと固定のスプレッドですが、XMのスプレッドは時間帯によって変動します。

とくにスプレッドが広くなる時間帯は次のとおりです。

・早朝6~7時頃
・重要指標発表のある時間帯
・年末年始

急変動がある時間帯はスプレッドが広くなりやすいですね。

とくに流動性が低いとちょっとした大きめの売り買いが発生するだけで急変動してしまうためスプレッドが広くなりやすいです。

早朝6~7時頃のスプレッド

一番トレードが活発なニューヨーク市場が閉まり、オーストラリアの市場がオープンする時間帯ですね。

トレードする人が少ないこともあり、価格が急変動することもあるためトレードには適していません。

スプレッドも広くなりやすいので最初から外してトレードしたほうがいいですね。

とはいえ日本人でこの時間にFXをやる人はほとんどいないと思います。

ですが、サラリーマンが副業でFXをやるとき、仕事前に時間を作ってトレードしようと考えている人は要注意です。

重要指標発表のある時間帯のスプレッド

重傷指標発表時のXMスプレッド

FXでは値動きが激しくなるとスプレッドが広くなります。

日々経済指標は発表されていますが、それらの中でも特に世界中の人が注目しているのは次のものがあります。

  • アメリカ 失業率
  • アメリカ 非農業者部門雇用統計
  • アメリカ ADP雇用統計
  • アメリカ ISM景況指数
  • アメリカ FOMC政策金利発表
  • アメリカ GDP成長率
  • アメリカ 消費者物価指数(CPI)
  • アメリカ 新築住宅販売件数
  • アメリカ 中古住宅販売件数
  • ヨーロッパ 欧州中央銀行(ECB)政策金利発表
  • 日本 日銀金融政策決定会合
  • FRB議長など重要人物の発言
    など

中国が台頭してきていますが、結局のところ経済の中心はアメリカと米ドルです。

それだけにアメリカで発表される経済指標には米ドル以外の為替まで大きく変動させるものが多いので最低限上のリストにあるものだけでもチェックすることをおすすめします。

年末年始のスプレッド

世界中の企業が休んでいるため市場の値動きが鈍くなり、突発的に上下する幅も大きくなりがち。

結果スプレッドが広がりやすい期間となります。

またそれに応じて多くのFXトレーダーも年末年始は休んでいるため、さらに急変動しやすい相場となります。

急変動があると稼ぎやすい思うかもしれませんが、FX上級者はおまかせするとして初心者は手を出さないほうがいいですね。

XM口座タイプによって違う

XMでは3つの口座タイプ「マイクロ」「スタンダード」「ゼロ」が用意されています。

この中で「マイクロ」と「スタンダード」は同じスプレッド幅ですが、超短期売買トレード用の「ゼロ」だけはスプレッドが狭くなっています。

超短期売買=取引回数が他より多くなることからそれ用のスペックにチューンナップされているわけですね。

ただしスプレッドではなく取引金額に応じて別の手数料が発生するため一概にスプレッドが狭いゼロ口座がお得とはなりません。

なおスタンダード/ゼロ口座はデモトレードにも対応していますがデモ版は実際にお金を動かすわけではないのでスプレッドを気にする必要はないでしょう。

 

次からはXMで扱う取引商品ごとにスプレッドを一覧で紹介。

ただし調査時点でのスプレッド幅なので最新情報はXM公式サイトでご確認下さい。

こちら
XMトレーディング公式サイト
※ページ上部にある「取引」→取引商品「FX取引」を押すと確認できます

XMのFX取引のスプレッド一覧

XMには口座が3種類あり「スタンダード/マイクロ口座」・「XMゼロ口座」でスプレッドが違っています。

XMの扱う通貨ペアは約60種類ありますが、ここでは主な通貨ペアのスプレッド平均値を算出し一覧にしてみました。

通貨ペアはスタンダード口座用のシンボルで表記しています。
(マイクロは****micro / ゼロは****. 表記)

通貨ペアマイクロ
スタンダード
最低
スプレッド
マイクロ
スタンダード
平均
スプレッド
ゼロ
平均
スプレッド
AUDCAD0.000280.00030.0001
AUDCHF0.000280.00030.00011
AUDJPY0.0320.0330.012
AUDNZD0.000370.00040.00017
AUDUSD0.000160.000180.00004
CADCHF0.000350.000370.00019
CADJPY0.0310.0340.014
CHFJPY0.0280.0330.011
CHFSGD0.002820.00310.00235
EURAUD0.000270.00030.00009
EURCAD0.000290.00030.00009
EURCHF0.000230.000270.00009
EURDKK0.003850.00390.00225
EURGBP0.000180.00020.00003
EURHKD0.00410.00450.002
EURHUF0.3340.590.49
EURJPY0.0210.0230.004
EURNOK0.0120.014550.0116
EURNZD0.000390.00040.00027
EURPLN0.00450.00650.005
EURRUB0.430.4560.364
EURSEK0.007650.00990.0076
EURSGD0.001610.00170.0009
EURTRY0.01910.0430.042
EURUSD0.000160.000170.00001
EURZAR0.017340.02410.0201
GBPAUD0.000360.000380.0002
GBPCAD0.000470.00050.00022
GBPCHF0.000370.000460.0002
GBPDKK0.01110.0120.00885
GBPJPY0.0320.0360.012
GBPNOK0.01830.02160.0173
GBPNZD0.000620.00070.00043
GBPSEK0.009450.01340.0105
GBPSGD0.002760.00310.0014
GBPUSD0.000190.000210.00002
NZDCAD0.000380.000410.00019
NZDCHF0.000380.00040.00027
NZDJPY0.0250.030.02
NZDSGD0.002650.00280.002
NZDUSD0.000250.000270.0001
SGDJPY0.1950.20.143
USDCAD0.00020.000220.00005
USDCHF0.000190.000210.00004
USDCNH0.00340.0036
USDDKK0.003320.00360.0016
USDHKD0.00260.00280.0013
USDHUF0.3050.510.4
USDJPY0.0150.0160.001
USDMXN0.01970.02390.0166
USDNOK0.0140.0170.0096
USDPLN0.0040.00520.00319
USDRUB0.4220.4370.306
USDSEK0.00610.00820.0065
USDSGD0.001950.00210.0015
USDTRY0.0190.0250.024
USDZAR0.0120.01580.0117

この中でも日本人トレーダーに人気の通貨ペアで口座タイプ毎の平均スプレッドをpips値で抜き出してみました↓

スタンダード/マイクロ口座の平均スプレッド

最小スプレッドは1.0pipsです。

記事投稿時点にXM公式で公開されていた平均スプレッド一覧となっています。

  • USDJPY・・・1.6pips
  • EURJPY・・・2.3pips
  • GBPJPY・・・3.6pips
  • AUDJPY・・・3.3pips
  • EURUSD・・・1.7pips
  • GBPUSD・・・2.2pips
  • AUDUSD・・・1.8pips

XM Zero口座の平均スプレッド

最小スプレッドは0pipsなので安く感じますが、ゼロ口座は取引量1ロット(10万通貨単位)毎に往復10ドルの手数料がかかってきます。

手数料を含まない平均スプレッドを一覧は次のとおりです。

  • USDJPY・・・0.1pips
  • EURJPY・・・0.4pips
  • GBPJPY・・・1.2pips
  • AUDJPY・・・1.2pips
  • EURUSD・・・0.001pips
  • GBPUSD・・・0.003pips
  • AUDUSD・・・0.004pips

マイクロ、スタンダード口座に比べるとかなり低く抑えられているのがわかりますね。

なお取引量毎の手数料を含めた場合、スタンダード口座でUSDJPY(1ドル100円時)にて計算すると次にような差が出てきます↓

1ポジションで1ロット取引時の手数料

マイクロ・・・・1600円
スタンダード・・1600円
ゼロ・・・・・・1100円

ゼロ口座が一番コストを抑えられます。

1ポジションで1.5ロット取引所の手数料

マイクロ・・・・2400円
スタンダード・・2400円
ゼロ・・・・・・1150円

2ロットに達していないため、1ロット分の手数料とスプレッドだけにゼロ口座がかなり安くなっています。

この結果からゼロ口座が一番お得なんですが、ボーナスが付かないマイナスも。

XMでは入金ボーナスやトレードするごとにXMPというポイント還元システムがあるため、これらの特典が付きません。

FX初心者が始めるときは入金ボーナスがあるとかなり有利な状況でスタートできるためゼロ口座は慣れてからをおすすめします。

XM貴金属のスプレッド一覧

ゴールド/シルバー取引時のスプレッド

シンボル
口座タイプ
最低
スプレッド
平均
スプレッド
最低価格
変動
GOLD
スタンダード
0.250.350.01
SILVER
スタンダード
0.0330.0350.001
GOLDmicro
マイクロ
0.250.350.01
SILVERmicro
マイクロ
0.0330.0350.001
GOLD.
ゼロ
0.20.01
SILVER.
ゼロ
0.020.001

 

その他貴金属取引時のスプレッド

シンボル内容最低
スプレッド
最低価格
変動
値動きの
最小値
PALLPalladium10.010.01USD 0.1
PLATPlatinum4.250.01USD 0.1

※マイクロ/スタンダード口座のみ対応

 

XM仮想通貨CFDのスプレッド一覧

シンボル最低
スプレッド
最低価格
変動
最小/最大
取引サイズ
AAVEUSD2.250.010.01/495
ADAUSD0.0040.000010.01/970
ALGOUSD0.010.000010.01/1215
AVAXUSD10.010.01/1760
AXSUSD0.750.010.01/235
BATUSD0.0150.000010.01/1280
BCHUSD0.480.010.01/260
BTCEUR600.010.01/15
BTCGBP1200.010.01/15
BTCUSD390.010.01/15
COMPUSD0.850.010.01/740
ENJUSD0.010.000010.01/735
ETHEUR7.50.010.01/255
ETHGBP9.50.010.01/255
ETHUSD3.20.010.01/255
FETUSD0.007550.000010.01/3055
GRTUSD0.0040.000010.01/3250
LINKUSD0.050.010.01/710
LTCUSD0.450.010.01/730
MATICUSD0.00850.000010.01/775
OMGUSD0.080.010.01/195
SKLUSD0.00250.000010.01/6105
SNXUSD0.0750.0010.01/190
SOLUSD0.350.010.01/1020
STORJUSD0.0450.00010.01/885
SUSHIUSD0.050.0010.01/310
UMAUSD0.10.010.01/145
UNIUSD0.050.010.01/905
XLMUSD0.0030.000010.01/3830
XRPUSD0.00170.000010.01/1230
ZRXUSD0.00650.000010.01/1180

※マイクロ/スタンダード口座のみ対応

 

XMコモディティのスプレッド一覧

シンボル内容最低
スプレッド
最低価格
変動
値動きの
最小値
COCOAUS Cocoa91USD 1
COFFEUS Coffee0.0050.0001USD 1
CORNUS Corn0.010.0001USD 0.04
COTTOUS Cotton No.20.0030.0001USD 1
HGCOPHighGradeCopper0.00470.0001USD 0.2
SBEANUS Soybeans0.01850.0001USD 0.04
SUGARUS Sugar No.110.00060.0001USD 1
WHEATUS Wheat0.0150.0001USD 0.04

※GMT+3=日本時間+6時間(取引ツールが10時なら日本は16時)

 

XM株式指数のスプレッド一覧

シンボル最低
スプレッド
最低価格
変動
最大取引
サイズ
AUS200Cash20.01220
EU50Cash1.50.01280
FRA40Cash10.01330
GER40Cash10.01230
HK50Cash101360
IT40Cash10150
JP225Cash6110000
NETH25Cash0.30.011500
SPAIN35Cash51120
SWI20Cash30.0190
UK100Cash10.01230
US100Cash10.01260
US30Cash2.50.01150
US500Cash0.40.01800

※マイクロ/スタンダード口座のみ対応

 

XMエネルギーのスプレッド一覧

シンボル内容最低
スプレッド
最低価格
変動
値動きの
最小値
BRENTBrent Crude Oil0.030.01USD 1
GSOILLondon Gas Oil1.20.01USD 0.04
NGASNatural Gas0.030.001USD 1
OILWTI Oil0.030.01USD 1
OILMnWTI Oil Mini0.030.01USD 0.1

※マイクロ/スタンダード口座のみ取引可能

 

XMのスプレッド計算方法

スタンダード口座(USDJPY)で1ロットのポジションを持った場合

FX通貨ペアUSDJPYのスプレッドは1.6pips。

計算式は「通貨ペアのスプレッド × ロット × 契約サイズ」で計算します。

・スタンダード口座の契約サイズは1ロット=10万通貨
・スプレッド=1.6pips
・1pips=0.0001ドル
1.6pips × 1ロット × 10万通貨 = 16ドル(1ドル=100円なら1600円)

USDJPY、GBPJPYといった決済通貨(後ろ側のもの)が日本円のペアは1pips=0.01円。

AUDUSD、EURUSDといった米ドルが決済通貨のペアは1pips=0.0001ドル。

決済通貨これら以外なら1pips=0.0001(決済通貨)となります。

EURGBP(ユーロ/英ポンド)、USDCAD(米ドル/カナダドル)などですね。

XMのスプレッドと他の海外FXとの違い

XMとほかの海外FXのスプレッド比較

XMのスプレッドはほかの海外FX業者より広い?

ネットでXMの評判を調べると「スプレッドが広い」といった声を見かけます。

まさにそのとおりで、残念ながらXMは海外FXの同業他社より若干手数料高めです。

ではXMで口座開設するのはやめたほうがいいのか?というと話は別。

ほかの海外FX業者にはXMよりスプレッドやレバレッジなど条件を良くしているところもいくつかあります。

ですが、一番大事なのは資金の扱いに対する信頼性・安全性です。

新しいFX業者は、稼いだとき確実に出金対応してくれるかわかりません。

その点XMは運営歴も長く、これまでおかしな理由で出金拒否された事例はみたことがありません。

ネット上で見かける出金できなかった事例ではトレーダー側のミスによるものしかないですね。

この信頼性に対する保険料と考えると、わずかなスプレッドの広さは気になりません。

まとめ

XMトレーディングのスプレッドを主要通貨に絞って一覧にしました。

口座種類によって違うため、自分のもっている口座別に確認しましょう。

これから開設する人はスプレッドの狭さ(手数料の安さ)にかかわらず、スタンダード口座をおすすめします。