FXのデモトレードは意味がない?メリットとデメリットを解説

FXデモトレードは意味がない? アイキャッチ画像

FXをやっている人や、これから始めようと考えている人は「デモトレード」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

そしてやるが意味がある、という人もいれば意味ない、という人もいます。

ちょうどヤフーにこんな質問が出ていました↓

FXデモトレードは意味がない? ヤフーの質問

個人的にはメンタルの成長面においてデモトレードは意味がないと思っています。

実際に自分の懐を痛めてこそ知識の吸収力も高まるでしょうし、理解も深まりやすいと思っています。

ただFX取引ツールの使い方を知るには便利です。

でも最終的に意味ないorあるの判断をするのはあなた自身です。

意味がないかどうかを判別するためには、とりあえずデモ口座を開設して使ってみることをおすすめします。

どうせお金はかかりません。
(電気代やネット回線代は別ですよ)

また利用する上でのメリットももちろんあります。

そしてデメリットもあります。

自分にとってメリットが多ければ利用する価値が大いにありますし、あまりメリットを感じないのであればデモは行わずにいきなり実践したほうが得るものは大きいです。

そこでここではFXのデモトレートのメリットとデメリットを紹介!

デモトレードとはどういったものか?から順を追って解説していきます。

FXのデモトレードとはどんなもの?

デモトレードとは無料でトレードできるサービスです。

FX業者では無料の取引ツールが提供されているので、それをダウンロードします。

ただしツールでトレードするにはFX業者の口座と連携しなければいけません。

そこでデモ口座を開設することになります。

デモ口座には架空の資金が入った状態になっているため、実際のお金を使わずに架空の資金を使って実際にFXトレードを実践することができます。

とりあえず「まずは実践あるのみ!」って人は私も愛用するXMトレーディングのデモ口座で体験してみてください。

ちなみにここでいう「デモ」とは「demonstration」の略称で、意味を訳すと「商品やサービスの使い方などを実際に自分で試したり、見たりすること」を指します。

架空のお金を使って自分自身でお試しできるためデモトレードという名称になっています。

もちろん架空のお金を使ってトレードをするので、稼げたとしても自分には1円も入ってきません。

が、トレードに失敗して大損しても自分のお金は1円も使っていないため気楽にやれるでしょう。

デモトレードは意味ない?どんな人にはおすすめ?

意味がないという人もいますが、完全にゼロではありません。

意味がないものにするのも使い方しだいです。

そこでデモトレード派どんな人におすすめなのか?について紹介していきます。

デモトレードがおすすめの人

・リアルで負け続けている人
・FXのえの字もしらない初心者
・息抜きしたい人
・自分の理論を検証したい人

リアルで負け続けている人

意味がないという言葉を鵜呑みにして最初からリアルで頑張る人もいます。

でも負け続ける人の方が多いのは事実です。

トレードするほど損失が膨らんでいくだけの行為を続けたところで完全に意味がない状態。

よく言えば継続力がある人、悪く言えば負けを受け入れられず(受け入れても)成長しない人でしょう。

そういう場合は一旦デモトレードでチャート分析し、自分の手法を見つけることに時間を使ったほうがよほど意味がある時間になります。

いくらリアルな経験を積んだところで稼げない経験ばかりでは意味がないですからね。

FXのえの字もしらない初心者

初心者も初心者、FXのえの字も知らないような人はさすがにデモトレードから始めることをおすすめします。

為替って何?レベルではスタート地点にも立てていません。

そんな状態でリアルトレードしても無駄にお金を失うだけ。

ビギナーズラックでたまたま勝ててしまうこともありますが、そのほうがより悲惨な結果になるでしょう。

ほぼ間違いなく稼いだ金額は失います。

それどころか一度味わったあまい蜜のせいでギャンブル依存症みたいになる可能性も。

次こそは稼げる、と軍資金を借金して用意するようになったら重症です。

息抜きしたい人

すでにある程度稼げている人向けですね。

自分ルールが出来上がっている人はたいてい複数の要素・条件を満たしたときだけエントリーしています。

でもたまに条件には合わないけど「このポイントでエントリーしたい!」と思ってしまう瞬間があるものです。

そういうときにデモトレードを使います。

遊びみたいなものである意味ストレス解消法とも言えますね。

一見すると意味がない行動のようですが、本番のメンタル面をととのえるためには意味があると言えるでしょう。

自分の理論を検証したい人

チャートにラインを引いたりインジケータと言うトレード補助ツールを使って勝ち負けを検証したいときに使います。

検証をリアルでするのはリスクが高いのでデモトレードを使います。

 

つづいてデモトレードのメリットとデメリットを見ていきましょう。

デモトレードのメリット

・ノーリスクでFXを体験できる
・利用するFX業者のツールを体験できる
・トレード手法を気兼ねなく試せる

ノーリスクでFXを体験できる

FXデモトレードは意味がない? メリット

最大のメリットはやはり「ノーリスクで実際にFXトレードを体験できる」という点ですね。

これからFXを始めようと考えている人にとってはすべてが未知の世界です。

今は本屋さんに行けばFXに関する本はたくさんありますし、わざわざ本を買わなくてもインターネットで基本的な知識は十分得られます。

しかし実際に実践してみなければ今まで得た知識を駆使できるかは分かりません。

また頭で理解しているだけの知識より、実際に体験して得られた知識は別物です。

FXトレード、とくに初心者トレーダーは感情に左右されるはず。

自分がどう思い、どう考えてトレードしたのか知るいい機会です。

FXトレードは小額から始めることが出来るとはいえ、やはり何の経験もなく実際のお金を投入することはリスクが大きいと思いますし、トレードするのを躊躇している人も多いのではないでしょうか。

そういった人にとって、お金を一切かけることなく体験デモトレードはとても良いシステムです。

架空の取引といっても通貨のレートなどは実際の価値に準じています。

利益を上げることが出来ているなら実際にお金をかけても利益を確保できるでしょう。

逆にいくらやっても稼げないならFXは自分に向いていないと判断できます。

練習を繰り返すことによって、知らず知らずのうちに通貨の買い時や売り時を学ぶこともできるでしょう。

この売り時と買い時のタイミングを見極める経験というのは、ひたすらチャートと向き合った時間の分だけ見に着くもの。

これらを無料で学べるのは大きなメリットといえます。

利用するFX業者のツールを体験できる

FX業者はたくさんありますが、実際に使う取引ツールは細かな点で全社共通ではありません。

多くはメタトレーダー(MT4/MT5)を使っているものの、それぞれのFX業者が独自の改良を加えています。

わずかな差とはいえ、その会社のツールを知るには使えるでしょう。

取引ツールの使い勝手も一切お金をかけずにチェックできるのもメリットです。

トレード手法を気兼ねなく試せる

FXトレード手法にはさまざまなものがあります。

手法はたくさん知っておいて損はありませんが、中にはとてもリスキーなものもあります。

リスキーな手法を実践投入するのに実際のお金を投入するのはデメリットが大きいですが、デモであればお金はかからないので思い切って新しい手法を試す事ができるでしょう。

デモトレードのデメリット

・緊張感が味わえない(メンタルが鍛えられない)
・損失を味わえない
・本気になりにくい

デメリットについてですが、やはり実際のお金を使わないというのは大きなメリットである一方、デメリットにもなりえます。

緊張感が味わえない(メンタルが鍛えられない)

FXデモトレードは意味がない? デメリット

実際にお金を使わないので緊張感を持って取引できないことから意味がないと言っている人が多いのもまた事実です。

実際にお金をかけてトレードをするのと、まったくお金をかけずにトレードをするのとでは天と地ほどの差があります。

たとえば実際にお金をかけた場合は損益が気になるので、為替レートを細かくチェックします。

しかしデモの場合は損益が出ても痛くも痒くもないので、レートはあまり気にしない可能性が高いです。

損失を味わえない

また、お金をかけないという事は「損をする」という体験ができません。

投資をするときで誰もが一度は損をします。

すべて全勝できる人なんていません。

世界一の投資家と言われるウォーレンバフェットだって失敗トレードがありますからね。

損をするという体験は安定して利益を得るためには必要不可欠です。

損をすることによってFXトレードするときに重要になる損切りや、負けないための投資方法を学んでいけます。

人間は利益より損失のほうが感情が動く生き物なので、損をすることも成長する上では大事な要素です。

この大切なことをデモトレードではあまり学べません。

正確にはツール上の残高は減っていくのでゼロではないものの、リアルで体験するのとは大違いでしょう。

デモで大勝ちしたからといっていきなり大金を投資し相場と逆行したらたちまちパニックに陥ってしまいます。

投資の世界でパニックになるという事は資金を失う=退場することと同義です。

これらの事を踏まえるとメリットが多いツールではありますがあくまでも練習用と割り切って利用することをおすすめします。

本気になりにくい

FXに限らずどんなことに取り組むときでも本気度って大事です。

たとえばテレビゲームが好きなら睡眠時間を削ってでもプレイできる人は多いんじゃないでしょうか。

逆に苦手科目の勉強だと参考書を開いただけで眠くなった経験はありませんか?

好きなことなら簡単に本気で取り組めるんですよね。

本気ならもの覚えも早いですし、わからないことがあれば一生懸命探すことでしょう。

そして人間は得するより損することに敏感な生き物です。

上の項目で触れたようにデモトレードだと損するという貴重な経験が積めません。

本気になりにくい環境なんですね。

となると、1年間デモトレードだけで勉強した人とリアルトレードを1年続けた人では習得できるスキルに大きな差が生まれます。

中にはサラッと身につけてしまう天才もいますが大半の人はそうじゃありません。

日本で1億円以上の資産を持つ人は全体の2%程度と言われますが、デモだけで十分学べる人はおそらくそれくらいの割合だと思います。

FXで稼ぐことを本気で考えているならデモトレードはツールの使い方を知るために使う程度にしてすぐ現金を使って実戦することをおすすめします。

リアルとデモの違いとは?

・メンタルへの影響(プレッシャー)
・資金の増減
・実際の挙動

リアルで負ければ自分の身銭が減っていくため金額の大きい注文をするときボタンを押す手が震える人もいるはず。

かといって金額を抑えた注文では稼げません。

もちろんストレスで白髪が増えてしまうような金額はNGですが、やはり負けたらチクリとダメージを受けるようなプレッシャーの感じられる金額でトレードしていくことになるでしょう。

言い方は悪いんですがギャンブルっぽい感じですね。

注文ボタンを押すときの精神状態がリアルとデモ版でのもっとも大きな違いと言えるでしょう。

将来稼いでいくにはメンタルが乱さないための自分なりのルールを作っていくことになりますが、簡単に到達できるものでもありません。

リアルで体験を積み上げていくことで見についていくものだと言えます。

またリアル口座での取引は注文を市場に流す処理、FX業者が手数料を付加する処理などが発生するため、注文・精算ボタンを押したときの挙動が多少遅くなります。

それだけならいいのですが、業者からすればデモ版で稼げると思ってもらったほうがリアルトレードする人も増え会社が儲かります。

悪質なFX業者だとバレない程度に数値をイジって勝ちやすくしている可能性も考えられます。

たとえ良い結果が出てもあまり過信しすぎないようにすることをおすすめします。

デモトレードで学べる内容

FXデモトレードは意味がない? 学べること

実戦経験は積みにくいデモトレードですが使い道はありますし、以下のようなことを勉強するには最適です。

デモトレードでの学習項目

・取引ツールの使い方
・チャート分析
・レバレッジの影響
・為替の値動き
・自分の手法探し

取引ツールの使い方

FXで稼ぐには注文しなければ始まりません。

そして注文するには取引ツールを使うことになります。

初心者にとって取引ツールはわけのわからない用語だらけだと思いますし、どこを押したらどういう動作をするのかもわからないはず。

もし間違って高ロットの注文をしてしまったら一瞬で資金を失う可能性もあります。

トレード手法どうこう以前にツールの使い方は最低限身につけておかなければいけません。

デモトレードなら間違っても問題ないため安心して試せます。

チャート分析

取引ツールでは通貨ペアのチャートが表示されています。

そこに自分でラインを引いたり、過去データから導き出したデータを書き込んでくれるインジケータというツールを導入して分析していきます。

チャート分析だけならリアル口座でもできますが、まだ確立していない手法を根拠にエントリーしてしまっては損失が増えるばかり。

デモトレードなら自由にエントリーできます。

レバレッジの影響

とくに海外FXを使うとかなり高いレバレッジ設定で取引できます。

日本の業者では最大25倍なのに対し、海外は1000倍かそれ以上。

ハイレバレッジでトレードすることで資金の増減がどれくらいなのか?を体感しておくのはおすすめです。

為替の値動き

FXは平日なら24時間相場が動いています。

ただし世界各国のオープンしている市場によって取引量も違いますし、値動きの激しさも異なります。

また為替に影響力のある経済指標発表も頻繁にあります。

そういったものがどのようにチャートに影響を及ぼしているのか?を実際にエントリーしつつ体感しておくのはおすすめです。

自分の手法探し

過去チャートを分析してどういう状況・タイミングになったらエントリーするのか、といった自分なりの手法/ルールを探すために使います。

リアル口座でエントリーせず過去チャートを分析するだけでもいいのですが、実際にエントリーできたほうが記憶に残りやすいでしょう。

リアルトレードデビューするときのポイント

・少額からスタートする
・記録を残す

デモトレードを卒業したらいよいよ実戦です。

デモのときは気軽にエントリーできていたのが、実弾を使うとなると緊張するかもしれません。

緊張していると注文ミスも発生します。

でも人間はいずれ慣れるもの。

ある程度慣れるまでは失ってもそれほど痛くない金額で始めることをおすすめします。

また注文する金額も最小ロットの0.01lotがいいですね。

もう1つ大事なポイントとして、自分のトレードを振り返ることができるよう記録に残すことをおすすめします。

できればチャートをキャプチャして通貨ペアと日付をメモっておきましょう。

そのときどういう根拠でエントリーしたのか、どういう精神状態だったのか、といった記録も残しておくことで自分のトレードを客観視できます。

FXで稼いでいる人は一部の天才を除いて必ず記録を残しているもの。

最初は面倒に感じますがすぐに慣れるでしょう。

ノートやエクセルなどにメモするのもいいですし、ブログやユーチューブ動画で公開してしまうのもおすすめです。

人の目に触れると思えばより本気でFXに取り組めると思いますよ。

まとめ

FXを無料で体験できるデモトレードの意味はないのかについてまとめました。

デモトレードも使い方しだいなので意味がないってことはありません。

ただ私個人の意見はデメリットの項目で紹介した内容を重要視しているので否定派ではあります。

せいぜい利用するFX業者のツールの使い心地を知るためくらいならデモトレードもいいかな?ってところですね。

もちろん今後FXトレードをしていくのは自分自身ですし、他人の考えに左右されているようでは成長しません。

自分がデモトレードは意味があると考えるならやるべきですし、意味ないと思ったなら実際に自分のお金でトレードしていきましょう。