XM口座の凍結(休眠)原因は稼ぎすぎ?条件や解除方法を解説

XM口座凍結 アイキャッチ画像

XMトレーディングは日本で一番海外FXユーザー数の多いと言われる業者です。

それだけに○○円稼いだ、といった景気のいい話だけでなく、口座凍結されてしまった、といったネガティブな話も見かけます。

私も一度だけ体験しましたが、急に口座凍結なんてされるとパニックになります(汗)
(長期間放置していたため)

凍結される原因は「稼ぎすぎ」ともいわれていますが、本当のところはどうなのか気になる人も多いのでは?

そこでXMの口座が凍結されてしまう原因や条件と解除方法についてまとめました。

稼ぎすぎが原因ならFX初心者の人はまず問題ありませんが、初歩的な手違いで口座凍結されないとも限りませんからね。

気持ちよくFXトレードしていくためにも原因と解決法は知っておくと安心です。

XM口座が凍結・休眠にされる原因・条件を徹底解説

XM口座凍結ルール

XMでは口座の利用状況によって休眠、または凍結されてしまうことがあります。

そこでまず休眠になってしまう理由について見ていきましょう。

XM口座休眠の原因は?

  • 90日間トレードや入金なし

90日間トレードや入金なし

この場合は「休眠」扱いとなります。

凍結の前段階で少しゆるい制限が科された状態ですね。

残高が残っているときはこの状態です。

ただし、休眠口座では維持手数料が毎月5ドルほど徴収されていきます。

その後残高がなくなり90日間経過すると次の段階の凍結対象になってしまいます。

よって休眠・もしくは凍結されたくなければ1回でもいいからトレードしておくか、口座内で何かしらのアクションを起こしておきましょう。

追加で口座を作って資金移動するだけでもOKです。

とにかく使っている様子が確認できれば問題ありません。
(XMサイトへのログインだけではNG)

つづいて凍結されてしまう理由についても見ていきましょう。

XM口座凍結の原因は?

  1. 残高ゼロ円になってから90日経過
  2. 規約違反行為をした場合

このように「XMで稼ぎすぎたら」という理由で凍結または休眠扱いされることはありません

自信をもって好きなだけ稼いでください。

また基本的に90日間放置してしまうと凍結(休眠)対象だと考えておくと対処を誤らないでしょう。

2つの条件は微妙に異なるので詳しく解説していきます。

1.残高ゼロ円になってから90日経過

1は休眠扱いになってから90日間放置した場合に適用される条件です。

もうFXトレードする気がないと判断されてしまうようですね。

XM側も無駄な口座情報を持っていても邪魔なだけですから、利用する気が感じられないなら凍結処理してしまうのでしょう。

当然ユーザーのデータを管理するためのサーバー代もかかりますからね。

あとFX初心者が数十万~100万円くらいを溶かしてしまったら、90日間くらいは余裕でFXから遠ざかってしまいそうです。

そのまま引退でもいいのですが、FXはちゃんと勉強すれば稼げる投資です。

将来少しでも復帰する可能性があるなら、最小ロットで一回だけでもトレードしておきたいですね。

2.規約違反行為をした場合

XMがダメですよ?と言っている違反行為をしたら当然罰を受けます。

その罰が口座凍結です。

次のような規約違反には気を付けてください。

  • XM内の別々の口座で同じ通貨ペアの両建てをしない
  • 他のFX業者を利用して両建てをしない
  • 他人と協力して両建てしない
  • 影響力の強い経済指標などを利用し大きなロットでのトレード
  • 別アカウントを開設し複数回にわたるボーナスの受け取り
  • アービトラージ(裁定取引)
  • 個人情報の偽装

まずほとんどの人は利用規約を読んでいないのではないでしょうか。

おそらく口座開設時にある「利用規約に同意する」のチェックボックスにレ点を入れて読まずに開設しているんじゃないかと思います。

私もそうでした(汗)

そしてFXを始めてばかりの人、あまり勉強せずトレードしてきた人などFX業界のルール的なものを知らない状態だとやらかしがちな項目もあります。

というわけで主な規約違反行為について1つ1つ詳しく解説していきます。

XM内の別々の口座で同じ通貨ペアの両建てをしない

XMでは両建て(売り・買いの両方にエントリーすること)自体はOKです。

といっても同じ口座内で売り買い同時に持つ場合のみOKとなっています。

たとえばUSDJPY(ドル円)で売りで1ロット、買いで1ロット同時にエントリーする、といった感じです。

これをやったところでスプレッド(手数料)分がマイナスになるだけで稼ぐことはできませんが(汗)

ただしXMでは1アカウントで8つまで口座を持てます。

そして口座を分けての両建ては規約違反に定められています。

なぜダメなのか?

その理由は「ゼロカット」の仕組みを悪用できるからですね。

ゼロカットはトレード中に残高がマイナスになってもゼロ円にしてくれる海外FXならではの仕組み。

残高がマイナスにならないようにしてくれるので借金を背負うことがなくなります。

トレーダーにとってメリットしかないサービスなんです。

ゼロカットのもっと詳しい情報はこちらの記事を参考にしてください。

で、ゼロカットに関する悪用方法の一例を紹介しておきます。

たとえば別々の2つの口座に1万円入金し、片方は1万円で持てる限界ロット数で売りエントリー、もう一方も同じロット数で買いエントリーすればどっちかは必ず勝ち、片方はロスカット(処理が間に合わなかった場合でもゼロカット)で残高ゼロ円になるだけです。

XMスタンダード口座の10万通貨単位&レバレッジ1000倍ですれば1ロット=1億円分のトレードができるため、ちょっとした値動きでも簡単に稼げるでしょう。

ゼロカットされた側のリスクが用意した準備金の範囲内ですが、当たったほうは失った分以上に稼げる可能性がでてくるわけです。

もちろんやり方を間違えればどちらも失う形になるんですが、悪用するような人は知恵も回るもの。

タイミングや利確ポイントの設定などを見極めて上手に稼いでしまうわけですね。

詳しくは聞いていませんが、私の知人も昔は両建てトレードで稼いでいたみたいですし高確率で稼げるのでしょう。

だからこそ利用規約に禁止行為として載っているんだと思われます。

これはXMだけでなくどのFX業者でも同じです。

他のFX業者を利用して両建てをしない

上で紹介したのはXM内での両建てでしたが、こちらは1人のユーザーがほかのFX業者を使って両建てをするパターンです。

これも結果的には同じ効果が得られるため禁止行為となっています。

たとえばXMでUSDJPY1ロット分を売りで注文し、ゲムフォレックスではUSDJPY1ロットを買いで注文する、といった感じです。

「そんなのXM側はわからないんじゃないの?」と思うかもしれませんが、両建ての悪用手法は業界共通の敵。

そしてメタトレーダーなどのFX取引ツールで注文した情報は業者側でチェックできるようです。

詳しい話は内部の人しかわからないため何とも言えませんが、バレるようですよ。

凍結されてしまっては話にならないので、あまり軽く考えないで両建てはやらないことをおすすめします。

他人と協力して両建てしない

これも上で紹介した両建て方法と同じ結果が得らえる行為なので禁止されています。

他人のIDなら両建てしてもバレないだろう、と思うはず。

でも注文情報はFX業界で共有されていて、何度も似たようなタイミング&似たようなロット数で違う方向への注文が確認できれば両建てと判断されるでしょう。

両建てトレードを悪用するタイミングは為替相場が大きく動くときでなければ意味がありません。

そしてFXトレードで大きな動きがあるタイミングは休日明けの窓開けや為替への影響力が強い経済指標発表など決まっています。

となるとそのタイミングを狙ってエントリーするしかないわけです。

このようにある程度注文を絞れるため、バレやすくなるんですね。

なお単発ならさすがに偶然と思われるでしょうし、数回程度でも見逃してもらえる可能性大。

ですが繰り返し実行すると凍結対応をくらうことになります。

影響力の強い経済指標などを利用し大きなロットでのトレード

これも両建てと同じくゼロカットを悪用できるためNGです。

別アカウントを開設し複数回にわたるボーナスの受け取り

自分のアカウントでボーナスをもらい、使い切ったら親兄弟や他人の名義でアカウント開設してボーナスをもらう、といった複数回ボーナスを受け取る行為はNGです。

アービトラージ(裁定取引)

アービトラージとはFX業者によって微妙に違う為替レートの差を利用して稼ぐこと。

XMではNGです。

普通にFXトレードしている人には縁のないやり方だと思いますが、自分で気づいて違反だと気づかずやってしまう人がいないとも限りません。

しっかりチェックして絶対にやらないようにしてくださいね。

個人情報の偽装

XMにアカウント登録するときは個人情報を入力しなければできません。

ちょっとしたミス程度なら修正すれば済む話ですが、氏名が違うなど重要な部分が偽装されていると凍結対応をとられます。

普通に考えればやるはずのない行為ですし、悪意があるとしか受け取られないでしょう。

なお結婚して姓が変わったなど正当な理由があればXMサポートに連絡して登録情報を修正してもらえばいいだけです。

 

これらのように違反行為をしてしまうと休眠ではなく最初から口座凍結されXMではトレードできなくなってしまうでしょう。

海外FX業者はほかにもあるので別のところを使えばいいかもしれません。

でもどこがグループ会社になっているかわかりませんし、トレード情報が共有されているようにブラックリスト入りしたユーザー情報は伝わっているかもしれません。

真っ当に利用したいですね。

休眠口座と凍結の違いは?

XM休眠口座と凍結の違い

残高が残っているかどうか?の違いです。

休眠口座の状態ならまだ入金したりトレードすれば復帰できます。

凍結は完全にアウト。

まだXMでFXトレードするなら口座を新規開設することになります。

稼ぎすぎによる口座凍結はあるの?

ネットで調べていると一部で稼ぎすぎも凍結の条件かのような声を見かけます。

稼ぎすぎ、というか稼いだお金を払いだす金額が大きいとそうなる、という意味ですね。

FX業界あるあるなんですが、XMトレーディングではそのようなことはないと言えます。

さすがに1000万円以上の出金となるとスムーズにはいかないようですが、それが原因で凍結されることはないでしょう。

そんなことをしたら今の時代すぐにネットで広がって出金希望者が急増し、XMの保有資産がピンチになること間違いなし。

すぐに会社が潰れてしまうでしょう。

またXMトレーディングでは「NDD方式」を採用しているのも理由です。

NDD方式とは?

トレーダーの注文をインターバンク市場で扱う方式。

ちゃんと市場でトレードしているため、トレーダーがどれだけ稼いでもXMには関係ありません。

あくまで1トレードごとの手数料で利益をだしています。

対して国内のFX業者の多くが「DD方式」を採用しています。

DD方式とは?

自社内で決済する形式です。

そのため大きな損失を出してもそのFX業者が損を被ることはありません。

損失は画面上だけのもので、実際リアルマネーでの損失はでてないわけですからね。

にもかかわらず相場の急落によって残高以上の損失が出てしまった場合は「追証(おいしょう)」としてマイナス分の補填を要求してきます。

あくどいですね(汗)

反対にトレーダーが稼ぎすぎた分を出金されると会社資産の持ち出しが増えるため困ります。

となると、悪徳業者の場合はなにかしら理由を付けて口座凍結してしまえば支払わなくてよくなるわけです。

少額でトレードしているときは見逃していたものが、金額が大きくなると途端に厳しくなるパターン。

よって金額が大きすぎると凍結の可能性がゼロではないと言えるでしょう。

よってXMトレーディングのような追証なしでNDD方式を採用している海外FX業者の方が安心です。

XMの口座凍結を解除しないとどうなる?

XM口座凍結解除しなかった場合

口座残高は没収されるの?出金可能?

没収はされません。

さすがに他人の財産を勝手に没収してしまったら泥棒みたいなものですからね。

流れとして、まず残高がある状態なら口座凍結まではされません。

休眠口座となり毎月5ドルほどの維持手数料がとられる段階。

その後、残高なくなってから90日経過すると凍結されます。

手数料徴収=没収と感じる人もいるとは思いますが、いきなり全額とられるわけではないので早めに対処すれば問題ありません。

というわけで残高分を出金申請することも問題なくできます。

XMポイント(XMP)はなくなるの?

なくなります。

クレジット(ボーナス)はなくなるの?

なくなります。

アカウントも凍結されるの?

ログインできなくなるため、アカウントもなくなります。

もう一度XM口座を新規開設するしかありません。

XM口座が凍結されたときの解除方法は?

XM口座凍結解除の方法はなし

結論から言うと、解除方法はありません

そもそもログインできなくなってしまいます。

厳しいですね。

規約違反なら仕方ありませんが、口座放置でも凍結されてしまうのは厳しすぎるのでは?と思ってしまいます。

ですが、XM側もデータ保存・運営しているサーバー代や人件費などを考えると、無駄な口座は減らしていかないとコストが増すばかり。

一定のサービスレベルを保つためにも仕方ないと言えるでしょう。

XMでは一人当たり8口座まで持てるので、どうしても無駄な口座が増えがちです。

だからと言って複数口座持てないようにするのも不便なので、ユーザー側で余分に口座を開設しないようにしておきたいですね。

XMサポートに問い合わせたら対応してくれる可能性は?

ちなみに冒頭でも書きましたが、私も一度だけ口座にログインできなくなったことがあります。

残高もあったので休眠口座扱いだったと思うんですが、そのときは「ログインできません」と問い合わせたらすぐできるようになっていました。

なにかの手違いか、バグでもあったのかもしれませんね。

最後の可能性に賭けて問い合わせてみるのもありですが、確実に残高があることをわかっているときだけにしましょう。

なければ凍結を受け入れるしかありません。

あきらめて新規開設しましょう。

XMの口座凍結後に新規開設したらボーナスはもらえる?

もらえません。

XMのボーナス特典はその人個人に対して1回だけくれるもの。

複数回もらうことはできません。

もし初回ボーナスだけもらった状態で口座凍結→2回目のボーナスが残っている状態で新規開設したなら、2回目はもらえるようです。

なお住所も氏名も何もかも変わったならさすがにXM側にはわからないと思うので桶とることは可能でしょう。

規約違反で口座凍結された場合は新規開設できません

放置からの凍結なら再登録可能ですが、規約違反が原因の場合はブラックリスト入りします。

XM側も不正行為をするような人に利用してもらってもマイナスにしかなりません。

サクッと凍結処理して二度と利用できなくなるでしょう。

まとめ

XM口座が凍結(休眠)される条件や解除方法について紹介しました。

凍結にも2段階あり、休眠口座ならまだ解除できます。

ただし凍結されてしまうとあきらめるしかありません。

もう一度口座を新規開設しましょう。

ただし悪質ユーザーと判断されると二度と使えません。

不正することなく健全に利用してくださいね。