XMスタンダード口座の1ロット&最小・最大ロット数と必要証拠金を解説

XMトレーディング スタンダード口座のロット数 アイキャッチ画像

FXを始めたばかりの人からベテランまで誰にでもおすすめできるXMトレーディングの「スタンダード口座」。

迷ったらスタンダードにしておけば問題ない口座タイプです。

そしてXMでも一番小資金で稼ぎやすいスペックを備えています。

そこでここではXMスタンダード口座で1ロット(lot)注文したときの必要証拠金や通貨単位、最小・最大ロット数について解説していきます。

\ここから登録で(今だけ)軍資金13000円プレゼント!/

XM口座開設はこちら(無料)

XMスタンダード口座のロット数を徹底解説!

XMスタンダード口座における1ロット()の価値

XMスタンダード口座は1 lotあたり10万通貨単位と決まっています。

日本円ならあなたが1円のつもりで注文すればXMが代わりに10万円で注文してくれる仕組みです。

これが1ドルなら10万ドル、1ユーロなら10万ユーロになるわけです。

通貨単位とは?

取引単位や金額のことでUSDJPYなど通貨ペアの前側に表示されている法定通貨が単位として使われます。スタンダード口座でUSDJPYを注文する場合は前側にある通貨USD(米ドル)を使って1 lot=10万米ドルとなります。

XMにはほかに2種類の口座タイプがあり、「マイクロ」は1000通貨単位、「ゼロ」はスタンダード口座と同じ10万通貨単位となっています。

XM以外のほかの海外FX業者もメインは1 lot=10万通貨単位が多いです。

国内のFX業者なら1 lot=1万通貨と少し低めのところも見かけます。

とはいえスタンダード口座でも注文するロット数の方を調整すれば小さくする分には融通が利きます。

できるだけ大きな数字の業者を使ったほうが稼ぎやすい環境と言えるでしょう。

スタンダード口座はなぜ1ロット=10万倍という大きな金額になっている?

少ない資金で稼ぎやすい環境を提供するためです。

FXは為替の差益で稼ぐ投資方法です。

たとえばアメリカドルと日本円の2つの通貨間で売り買いするとして1ドル=100円だったとします。

このとき買い注文して101円になったときに精算したら1円の利益となります。

これでは全然儲かりませんね(汗)

これが100万だったとしても利益は1万円です。

1000万出せばようやく1円の値動きで10万円の稼ぎとなりパートやアルバイト代くらいになるレベル。

とはいえ用意する金額に対してリターンが少なすぎます。

これなら株式投資でもしたほうがいいですね。

またそもそもFX初心者の方で100万以上用意できる人は限られますし、これではXMを使ってくれるお客さんも集まらず商売が成り立たないでしょう。

そこでXMスタンダード口座では単位を大きくして稼ぎやすくしているわけですね。

そしてXMではさらにレバレッジ制度も対応しています。

スタンダード口座では最大1000倍レバレッジに設定できるため、1000万もの大金を用意しなくても1万円だけで同レベルの取引が可能です。

富裕層ではないトレーダーにとって非常にありがたい環境を得られます。

レバレッジについてはこちらの記事で詳しく紹介しています↓

これだけに金額を動かすとなると借金が酷いことになるんじゃないの?と思うかもしれませんが、そこもしっかりケアされています。

借金のリスクがなくなるゼロカット制度と言うものが導入されているので心配不要です。

この点については本題とズレるため別記事を参考にしてください↓

XMスタンダード口座の最小注文ロット数は?

0.01 lotです。

XMトレーディングに限らず、ほとんどのFX業者の最低ロット数は0.01ですね。

注文するときにロット数を指定する時点でたいてい初期値は0.01になっているはず。

希望するロット数に修正して手続きを進めましょう。

そもそもロットってどういう単位?

XMスタンダード口座 ロット単位とは?

FXトレードではたとえばUSDJPY(ドル円)なら1日で1円以上価格変動することは少ないです。

1ドル100円のとき1万円分のドルを買い、100.5円になったときに売れば10050円です。
(手数料などは除く)

この場合、利益は50円となります。

めっちゃ少ないですね(汗)

これが1000万、1億円単位で注文するなら十分稼げるんですが、トレーダーの多くは軍資金が10万や100万円単位でしょう。

そして軍資金をフルに使ってトレードすることはまずないです。

する人がいたらただのギャンブラーであってFX投資家とは言わないでしょう。

負けたときのことも考えて、多くても1割くらいの金額でトレードするはずです。

となると100万で始めた人が10万注文するとき、上の条件でドル円を買っても利益は500円となるわけです。

全然儲かりませんね(汗)

そこでFX業者は通過の単位をあげています。

XMトレーディングのスタンダード口座なら10万通貨ですね。

そして10万通貨=1 lotとしています。

FXではいろんな通貨ペアがあるため、ドル円なら10万ドル、ユーロ円なら10万ユーロとなるわけです。

ここで1ドル100円として、1 lot注文し0.5円分為替が動いたとしましょう。

この場合、10万ドル×100.0円=1000万円です。

そして0.5円動いたってことは1ドル100.5円なので、10万ドル×100.5円=1005万円。

結果5万円の利益となります。

これなら少ないお金でも稼げそうに感じませんか?

事実、稼ぎやすくなっています。

XMスタンダード口座の0.01ロットってどれくらいの金額?

XMスタンダード口座 0.01ロットはいくら?

XMスタンダード口座は1 lot=10万通貨単位なので0.01 lotは単純に100分の1。

扱う金額は以下のようになります。

  • USDJPY/ドル円・・・0.01 lot=1000ドル
  • EURJPY/ユーロ円・・・0.01 lot=1000ユーロ
  • GBPJPY/ポンド円・・・0.01 lot=1000ポンド
  • EURUSD/ユーロドル・・・0.01 lot=1000ユーロ

最小ロット数の注文でもこれだけの金額を動かすことになるんですね。

XMスタンダード口座の最大注文ロットは?

スタンダード口座では1つの注文に対し50 lotが最大となっています。

50という数字だけ見ると小さく感じるかもしれませんが、記事の最初に紹介した1 lotの取引金額の50倍ですからね。

USDJPYで1ドル100円なら10万ドル×1 lot×50 lot=500万ドルもの金額を注文していることになります。

そしてXMスタンダード口座で対応する最大レバレッジ1000倍でトレードすれば、この条件下において必要となる証拠金は50万円だけ。
(もちろんギリギリの金額ではすぐ溶けてしまいますが)

これでも十分高額ですが5億円をたった50万円で動かせるとなると凄いと思いませんか?

さすがに最大ロット数で注文するトレーダーは限られた人になるものの、スタンダード口座ならそれくらい余裕をもってFXトレードできるスペックを備えています。

 

以上のことから、XMスタンダード口座のように注文単位が0.01~50.00まで5000段階あれば十分すぎるレベルでしょう。

またよほど資金力のあるトレーダーでもない限りこれだけ大きなロット数で注文することはないはずです。

50 lotの注文なんて100万くらいの資金力では一瞬で溶けてしまうレベルですからね。

100万円では最大レバレッジ1000倍に設定しても1ポジションしか注文できません。

レバレッジについてはこちらで解説しています
XMのレバレッジを徹底解説!1000倍にするメリットは?

そして、さらにスタンダード口座は最大200ポジションまで注文できるので、1口座で最大10000 lot持てることになります。

ここまで行くと一般トレーダーには想像できない金額になりますね(汗)

つづいてスタンダード口座での最大ロットについても見ていきましょう。

XMスタンダード口座の50ロットってどれくらいの金額?

XMスタンダード口座 50ロットはいくら?

XMスタンダード口座は10万通貨単位なので以下のようになります。

  • USDJPY/ドル円・・・500万ドル
  • EURJPY/ユーロ円・・・500万ユーロ
  • GBPJPY/ポンド円・・・500万ポンド
  • EURUSD/ユーロドル・・・500万ユーロ

1ドル100円だとしても5億円ですね。

上位1%に入るレベルのFXトレーダーなら縁のある話かもしれません。

こんな金額で注文ボタンを押すシチュエーションにあったら、手は震え心臓はバクバクいってることでしょう。

私にはとてもできそうもありません(笑)

これを最大200ポジション注文できるXMトレーディングもスゴイ。

それができるのもXMではNDD方式を採用しているからこそ。

NDD方式はトレーダーの注文をそのまま市場に流す方式です。

よっていくら稼がれても手数料が増えるだけ。

対して日本国内のFX業者の多くはDD方式を採用していて自社内でやりくりしています。

となると、トレーダーにガッツリ稼がれてしまうと会社が潰れてしまうんです。

もう想像できますよね?

裏で都合のいいように操作することもできてしまうわけです。

そういった面からもXMトレーディングは信頼できますし、一番使いやすいスタンダード口座でFXを始めるのはおすすめです。

XMスタンダード口座の主要通貨ペアのロット数と必要証拠金

XMでは全部で60ほどの通貨ペアに対応しています。

そしてスタンダード口座は全通貨ペアに対応しています。

その中でもFX初心者向けのものやおすすめ通貨ペアをピックアップ。

スタンダード口座における1 lot単位、最小・最大ロット数での必要証拠金をまとめました。

レバレッジ1000倍設定のとき、どれくらい資金があれば取引できるのか?の参考にしてください。

なお為替レートは記事投稿時点のものです。

通貨ペア
為替レート
1ロット
必要証拠金
最小0.01ロット
必要証拠金
最大50ロット
必要証拠金
USDJPY
(米ドル/日本円)
1米ドル=136円
13600円136円680000円
EURJPY
(ユーロ/日本円)
1ユーロ=137円
13700円137円685000円
GBPJPY
(英ポンド/日本円)
1ポンド=161円
16100円161円805000円
AUDJPY
(豪ドル/日本円)
1豪ドル=94円
9400円94円4700円
CADJPY
(カナダドル/日本円)
1カナダドル=105円
10500円105円525000円
EURUSD
(ユーロ/米ドル)
1ユーロ=1米ドル時
100米ドル
(約13700円)
1米ドル
(約137円)
5000米ドル
(約69万円)
USDTRY
(米ドル/トルコリラ)
1米ドル=18トルコリラ
18000トルコリラ
(約14万円)
180トルコリラ
(約1400円)
90万トルコリラ
(約685万円)
USDZAR
(米ドル/南アフリカランド)
1米ドル=17 ZAR
1700 ZAR
(約13700円)
17 ZAR
(約137円)
85000 ZAR
(約69万円)
GOLD
(金/米ドル)
173米ドル
(約24000円)
1.73米ドル
(約240円)
8700米ドル
(約119万円)

クロス円(JPYが絡む通貨ペア)全般とEURUSD、GOLD、スワップポイントで稼ぎやすいUSDTRY・USDZARを取り上げました。

最大ロット数となるとさすがに一般ユーザーには厳しい金額ですね。

最小ロットなら小学生のお小遣いでもトレードできます。
(ほとんどのFX業者は年齢制限18歳以上ですが)

FX初心者の方はまず最小ロットで始めることをおすすめします。

スタンダード口座では10万通貨単位となる1 lotの注文もレバレッジ1000倍設定なら余裕で扱えるんじゃないでしょうか。

とはいってもギリギリの資金ではすぐ溶けてしまうため注文ロット数の必要証拠金の100倍以上は用意したいところ。

1 lotでトレードするなら100万円くらいは用意したいですね。

逆に10万円用意できるなら最大でも0.1 lotくらいでトレードすることをおすすめします。

 

つづいてXMスタンダード口座とそれ以外の口座タイプ毎に1 lot/最小・最大ロット数の通貨単位を見ていきましょう。

XMスタンダード以外の口座とロット数を比較

タイプ1ロット
通貨単位
最小ロット
通貨単位
最大ロット
通貨単位
スタンダード10万通貨0.01
1000通貨
50
500万通貨
マイクロ1000通貨0.01
10通貨
(MT5は0.1)
100
10万通貨
ゼロ10万通貨0.01
1000通貨
50
500万通貨

スタンダードとマイクロ口座のロット数比較

マイクロ口座はその名称のとおり注文できる規模が小さめに抑えられています。

1ロット1000通貨単位なのでスタンダードの100分の1。

資金を溶かしてしまうリスクを低くできるのはメリットです。

反面、取引額が小さくなるため稼ぎやすさもスタンダードの100分の1となってしまうデメリットもあります。

海外FXであるXMトレーディングを選ぶメリットが高いレバレッジで借金リスクなくトレードできること。

マイクロ口座ではそのメリットを存分に活かせません。

それでもFX初心者が初めてチャレンジするならありかもしれませんが、それならデモトレードで練習すればいいだけ。

またスタンダードでも最低ロットの0.01 lotでトレードすれば大きなリスクはありません。

やはりあえてマイクロ版を選ぶ理由はありませんし、スタンダード口座で始めることをおすすめします。

スタンダードとゼロ口座のロット数比較

スタンダードとゼロ口座は最大レバレッジも通貨単位も一緒です。

スタンダードとの違いは

・約定力が高い(注文・精算処理が早い)
・手数料が安い
・ゼロ版は最大レバレッジが500倍まで
・入金ボーナスがない
・ポイント還元制度が適用外

といった部分にあります。

スキャルピングという数分~数十分ほどの短い期間で売買を繰り返すトレードスタイルに特化した仕様になっているため特徴もかなり特殊です。

中上級者向けですね。

スタンダードにないメリットは約定力の早さと手数料の安さ。

約定力に関してはトレーダーの注文に対しXM側で触らずそのまま金融市場に流すシステムになっていることから処理が早くなります。

またスプレッドというXMに支払う手数料を上乗せする作業を省くことでさらに処理スピードが高速化されています。

反対にデメリットは最大レバレッジ半減、ボーナス系のサービスが適用されないこと。

最大レバレッジがスタンダード口座の半分ということは必要証拠金も倍必要になります。

そしてFX初心者にとってキツイのはボーナス系のサービスがなくなること。

少ない軍資金でスタートすることが多い初心者の方はボーナスによるトレード資金増は大きなメリットになります。

これら初心者向けの環境がバッサリなくなっていることから中上級者向けと言えるでしょう。

まとめ

XMトレーディングで一番利用者数が多いスタンダード口座の1ロットの規模や最小・最大ロット数について解説しました。

スタンダード口座の最小ロットは0.01、最大ロットは50ですが、XMの1アカウントに対して200ポジションまで持てるため合計すれば上限はもっと上です。

さらにXMでは8つまで口座開設できるため、さらに一度に持てる最大ロット数は8倍まで増える・・・と思うかもしれませんがこれはNG。

1アカウントで最大200ポジションとなっています。

それでも最大50ロットを200ポジション持ったら1万ロット分ですからね。

スタンダード口座1つだけで最大1万ロット分も保有できてしまいます。

一般市民ではでは想像もできないような恐ろしい金額になります。

このようにXMスタンダード口座は一般トレーダーには縁のないロット数まで対応しています。

これだけ大きな金額でトレード出来るのはXMがいかに経営が安定していて信頼性が高いか?を物語っているといえるでしょう。